流産の危険性って本当?妊娠超初期症状の下痢について

妊娠超初期に下痢になると流産の可能性があると聞いたことはありますか?そんな妊娠超初期症状の下痢の症状について、まとめてみました。

view380

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠超初期に下痢がおきる?

  • 妊娠超初期・初期によく起こる下痢-その原因は、一体何なのでしょうか?
    ここでは、その原因についてご紹介します!
    出典 :妊娠超初期症状、下痢が起こるの原因とは? | mamari [ママリ]
  • 妊娠超初期症状の1つに下痢があります。便秘を感じる人もいるのですが、下痢も妊娠超初期症状として感じている人はとても多いのです。
    出典 :妊娠超初期症状ナビ
  •  

    妊娠超初期症状には色々な症状がありますが、下痢になる人も多いようです。

  • これまで下痢を普段からしやすい人なら妊娠の症状なのかと気がつかない人は多いかもしれませんが、まったくこれまで下痢をしたことがないのに、下痢の症状が出たりすると、それはもしかすると妊娠超初期症状の下痢の症状が現れることもあります。
    出典 :妊娠超初期症状ナビ
  • 絶対に現れるというほど頻繁に現れることではありません。
    そしてその下痢に対しては薬を飲むほどの下痢でもないのです。病院にいくほどの下痢でもなくて、大半の人が自然に治まっていくのです。
    出典 :妊娠超初期症状ナビ
  • 主な妊娠超初期症状

  •  

    妊娠の超初期は、妊娠0~3週目までの事を指しています。
    妊娠超初期の主な症状は以下のとおりとなります。

  • ・ムカムカして吐き気が続く
    ・頭痛がする
    ・胃痛がする、消化できない感じ
    ・胸に張りを感じる
    ・お腹がぐるぐる鳴って下痢になる
    ・腰に違和感がある、腰痛になる
    ・下腹部に痛みがある
    ・子宮辺りにチクチクした痛みがある
    ・お腹に張りを感じる
    ・股関節が痛い
    ・足の付け根が痛い
    ・全身に倦怠感がある
    ・一日中眠い
    ・乳首が敏感になる

  • 妊娠超初期の症状は、生理前の症状と違いを見つけることが難く、全く妊娠したと気が付かない人も多いそうです。

  • 妊娠超初期症状の下痢とは?

  • 妊娠超初期・妊娠初期の下痢は、妊娠によって分泌されるホルモン「プロゲテスロン」が原因の1つです。このホルモンは、腸の運動を抑制し、腸内の水分を奪ってしまう作用があり、このことによって下痢が引き起こされます。
    出典 :妊娠超初期症状、下痢が起こるの原因とは? | mamari [ママリ]
  •  

    妊娠超初期に下痢なった場合、流産を想像する人もいるかと思いますが、下痢は流産の直接の原因にはならないようです。

  • 妊娠初期に下痢をすると流産するといった迷信がありますが、これは全くのウソです。
    出典 :妊娠初期の下痢 赤すぐ|妊娠初期の下痢についての説明や妊婦さんの体験談
  • そもそも、自然流産の発生率は、一般的に15%と高め。これってつまり、6~7人に1人は流産の可能性があるということ。たまたま下痢をしていた妊婦さんが流産したということから、このような迷信が広まったのだと思われます。
    出典 :妊娠初期の下痢 赤すぐ|妊娠初期の下痢についての説明や妊婦さんの体験談
  • しかし、妊娠初期には下痢が原因で子宮も収縮してしまうことがあるので、下痢にならないよう、冷たい食べ物・飲み物は避ける、消化のよいものを食べる、規則正しい生活を心がけるなどに気をつけて過ごすようにしましょう。
    出典 :妊娠超初期症状、下痢が起こるの原因とは?(2ページ目) | mamari [ママリ]
  • あまりに長引く下痢は要注意。というのも、それによって引き起こす脱水症状と栄養不足が胎児の発育に影響を及ぼすからです。あまりにひどい時は、病院で点滴などを使用し、身体に水分と栄養を補給するのがいいでしょう。
    出典 :妊娠初期の下痢 赤すぐ|妊娠初期の下痢についての説明や妊婦さんの体験談
  • 最後に

  • 超妊娠初期症状は生理前症状と違いは少なく区別するのは難しいようです。頭痛や胃痛、下痢などの症状もありどれも後から「超妊娠初期症状だった?」と感じる人がほとんどです。
    妊娠したかどうかは妊娠検査薬を使って検査したほうが確実です。
    出典 :超妊娠初期症状まとめ