声が出ない原因を探る。あなたの原因は、これかもしれない!?

ある日突然声が出なくなった・・・! 声が出ない原因は一体何でしょうか。喉を使い過ぎたか、若しくは風邪かもしれない。始めはそんな風に考えますが、実は声が出ない原因って、様々なんです。
ここでは、その原因を探り対処法などをご紹介します。

  • namie 更新日:2014/11/10

view53

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 声が出ない原因

  • 声が出ないと生活の様々な場面に支障を来しますよね。
    一番大きいのは、人と会話が出来ないことです。一日中誰とも話をしないという人は少ないでしょう。仕事をしていたり友達と会ったり等、声を出すということは生活に不可欠なものなのです。

    声が出ない原因って、意外に多いようです。それは正に喉の病気から精神的なものまで多岐に渡ります。
    自分がどうして声が出ないのか、その原因をよく探っていくことが病気の発見や早期治療に繋がります。
    そしてそこには大きな病気が隠れているサインの場合もあります。

  • 原因は様々・・・

     

    原因として挙げられる代表的なもので、ストレスから来る失声症はよく耳にします。
    ショッキングな事が起きたり、度重なるストレスが原因で朝起きたら急に声が出なくなっていた!といった局面に立たされます。
    ある日突然声が出なくなったら、誰だって大きな不安にかられますよね。この場合は心のケアが必要となりますので、心療内科をお勧めします。

  • 声が出ない原因は風邪、声の出しすぎ、ストレス、心因性失声症、生理、声帯炎、咽頭炎、喉頭炎、喘息などの9の原因があります。
    出典 :声が出ない9の原因とその病気
     

    声が出ない原因の中に「精神面」のウェイトも意外に占めていますよ。
    あらゆる角度から探る必要がありますね~

  • 喉の痛みと声が出ない原因として考えられるのは、咽頭炎や喉頭炎です。
    出典 :声が出ない9の原因とその病気
  • 痛みを伴う咽頭炎や喉頭炎

     

    咽頭炎や喉頭炎は、痛みも伴うので原因が掴みやすいとも言えます。
    咳も伴うようでしたら、喘息などの可能性も考えられます。大抵は風邪が引き金になっている場合が多いので、耳鼻咽喉科へ行くことをお勧めします。

  • 声が出ない原因として、声帯に炎症がおきる声帯炎が考えられます
    出典 :声が出ない9の原因とその病気
  • 声帯の使い過ぎ

     

    前の晩、カラオケで歌い過ぎて翌朝声がかれている経験のある方もいらっしゃると思います。
    「声が出ない」というのは声帯を駆使したり、声をよく出す仕事をしている人に多くみられるようです。
    声がかれるだけならいいのですが、声が出ないといった場合は喉に炎症を来している可能性があります。
    大抵の場合は喉をケアすることで治りますが、度重なると慢性化してしまうので、喉の使い過ぎには注意しましょうね。

  • ボツリヌス菌から発生する、毒素による食中毒です
    出典 :声が出ない?と感じたら★考えられる病気
     

    少々聞き慣れないですが、ボツリヌス菌による食中毒・・・!?
    食中毒で声が出なくなることもあるんですね~

    もしもの時に、覚えておくといいかもしれません。

  • その他、脳出血や脳梗塞、パーキンソン病など、一見声とは無関係な病気に思えますが、「声が出ない」症状が挙げられるようです。意外に喉や声帯に影響する病気があるようですね。

  • 声が出なくなった際にやってはいけないこと!

  • タバコやアルコール

     

    タバコやアルコールは絶対に避けましょう。喉の炎症を悪化させるだけでなく、体内の気管の働きが鈍くなってしまうので、より声が出ないことに拍車をかけるだけなのです。

  • 声が出なくなった時の対処法

  • 症状にもよりますが、まずは喉を潤しましょう。ただ単に喉に炎症を起こしているときは、やはり喉に水分を行きわたらせることで、喉から入ってくる細菌や埃を出来るだけガードした方がいいですよね。

    明らかに体がだるいとか熱がある場合は風邪の可能性が高いので、薬を飲んで様子を見てみましょう。
    頭痛は発熱、悪寒の場合は病院へ!

    でも、そういった諸症状がなく、ただ声が出ないだけといった場合は精神面が関わっているかもしれませんので、2日3日声が出ない状態が続くようであれば、迷わず心療内科を受診しましょう。

  • 龍角散

     

    「龍角散」といえば、知っている方は多いとおもいます。即効性があると評判です。
    なんと、江戸時代に作られてからか現在まで、古くから愛されている薬なんですね。
    ここまで長い間、世の中浸透している薬ということは、それだけ確固たる効き目があるということでしょう。
    市販で手に入るので、まずは試してみるといいですね。