指の関節を鳴らすと指が太くなるって本当?

指の関節を鳴らすポキポキ音、子供の頃練習しましたよね~~~。それでお母さんに「指が太くなるからやめなさい!」と怒られた経験ありませんか?でもこれって本当?指を鳴らすとどうなっているのでしょう?関節に悪いことが起こっているのでしょうか、意外に深く考えたことがなかった指の関節鳴らしについてしらべました。

view99

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 関節鳴らし=クラッキング

  • アイディアがひらめいた時にパチンとしたり、喧嘩の前に指をポキポキ鳴らしたり、音楽でリズムをとる時に鳴らしたり、考えてみると指の関節を鳴らす機会って結構ありますね。
    良い音が鳴るとすっきりした気分になるのも確かです。
    世界中共通で見られるこの動作、指に限らず関節を鳴らすこと全体を指してクラッキングというようです。また指パッチンはフィンガースナップとも言います。

  •  

    綺麗な音でパチンと鳴らせると気持ちがイイ~~~

  • クラッキング(英: Cracking)とは、関節を鋭い音で鳴らすことである。
    出典 :クラッキング (関節) - Wikipedia
     

    ポキポキ、ボキ、コキコキなど色んな表現がされますよね・・・・

  • そもそも個人のクラッキングは爽快感を得るために行われるケースが多い。整体士などによるクラッキングや自分で一回クラッキングした程度では問題ないとされるが、習慣化すると様々な悪影響が出てくる。空洞が発生し消滅する際に強い衝撃波が生じ、これによって関節内部を冒し、損傷している可能性があるという
    出典 :クラッキング (関節) - Wikipedia
     

    関節内部が損傷するなんて、怖いですね・・・・
    外見ではわからないだけに、すっきりするという爽快感を優先してしまいそう。

  • 整体のボキボキ音は治療のためですから問題ありません。
    クラッキングで爽快感を感じるというのは思わず納得!
    緩衝材(プチプチ)をつぶすと気持ちがいいのと同じ爽快感かもしれないですね。

  • 私は、かなりの骨鳴らしマニアです!!
    指の骨にとどまらず、首の骨、背骨、腰、ひざ、ひじ、足首etc・・・
    体中の関節と言う関節をポキポキ、バキバキ鳴らすのが大好きです。
    なぜ骨を鳴らすのか?それは、ずばり気持ちいいからです。
    出典 :骨を鳴らすのは体に悪い?
     

    骨ならしマニアってすごいネーミング!
    でも結構同じような方いるのではないでしょうか?
    関節慣らしには中毒性があるかのようです・・・・

  • 指の鳴らし方あれこれ

  • 指の関節を鳴らす方法を解説してあるサイトまでありました。
    皆さん熱心に指の関節の鳴らし方について語っておられます・・・・
    それぞれ流儀と言いますか・・・・力の入れ方とか指の曲げ方とか、あるようです。
    もはや趣味!?

  • 【指の鳴らし方の解説】

  • 1番:中指の第1間接を曲げる
    2番:中指の第2間接を伸ばす
    3番:親指を中指の第1間接のやや上のあたりに付ける
    4番:薬指を親指の付け根に付ける
    5番:小指を握りこまない(空洞を作る)
    出典 :指ぱっちんのやり方(参考)|トロガイのトランプでフラリッシュ
     

    なんかもう・・・すごいです。ここまで真剣に指パッチンを追及しているとは!
    でも、指を鳴らしてみたいという方、結構多いみたいです・・・・

  • 【様々な指の関節の鳴らし方】

  • 私は1本の指につき5つの関節を鳴らしています。
    基本的に関節を鳴らす時はテコの原理のようにして鳴らします。
    鳴らしたい関節を押し込むだけでなく、逆方向からも押し込むことで容易に音が鳴ります。
    出典 :指の関節を鳴らす5つのポイント ~ iPhone持って珍スポットいてくる
     

    一本の指につき5つって・・・・極めすぎでしょ!

  • 関節が鳴るのは関節内の気泡破裂音?

  • まだまだ未解明な部分が多いようですが、関節内の滑液に気泡ができ破裂することで音が鳴るのではないかと言われています。
    ほんのわずかな動作なのに、体の中では色々なことが起こっているのですね。ビックリ!

  • 関節は伸縮性のあるじん帯に覆われた関節包という袋で包まれ、その中で2つの骨同士が、わずかな隙間を保って接しております。 その隙間は関節腔と呼ばれ、滑液という潤滑油の役割を果たす液体で満たされております。 そして、南医師によれば関節内部でキャビテーションという現象が起きているために気体が発生することが考えられるということです。
    出典 :●関節を鳴らすことはとても危ないですよ
  • そして急激に下がった圧力を戻そうと反対側から滑液が一気に流れ込んで気泡は消滅、そのとき音が発生いたします。
    出典 :●関節を鳴らすことはとても危ないですよ
  • 気泡の音っていうイメージとは違いますが、人工的に同じような状況を作ってやった実験ではかなり近い音が出たとか・・・・

  • 関節鳴らしで指が太くなるのは本当

  • いくら関節鳴らしが気持ちが良いと言っても、ごつごつ関節の目立つ指にはなりたくありません!
    関節鳴らしをすると指が太くなるという言い伝え、本当の所はどうなんでしょう?

  • 不必要に鳴らし続けると、衝撃によって関節内部の軟骨などに炎症が起こり、修復しようとして肥大化してくるというわけです。
    出典 :「指ポキ」で指が太くなる理由 首や腰の関節鳴らしは命の危険も! | セルフドクターニュース
  • 良くわからないまま痛めつけられているかもしれない関節。
    そう考えると怖いですよね。

  • 私はクセで指の関節を暇が有ればポキポキッっと鳴らしていたので、いつの間にか鳴らしている関節の箇所が太くなってしまいました。・・・・・私の場合は、いつも鳴らす方向に太くなり、細い小指が一番太さが目立って、細い部分の約1.2~1.3倍位は太くなっています (ノ_・、)グスン
    出典 :『ポキッ』っと指関節を鳴らして太くなった指は元に戻ってますか? - 病気 - 教えて!goo
     

    実際に太くなった関節が戻らない悩みを持っている方も多いようです。
    それにしても1.2~1.3倍とは結構見た目でわかる太さの違いですね・・・・

  • 結論~指の関節を鳴らすのはやめましょう!

  • 色々調べてみましたが、はっきりとした研究結果は出ていないようです。
    相当個人差もあるようです。
    ただ指の関節を鳴らすことが習慣になると、指が太くなったり炎症を起こすリスクが増えるのは確か。
    中には長年鳴らし続けて関節が太くなり指輪ができないという人も・・・・
    関節が太いと手元の女性らしさが損なわれますので、クセになる前にやめましょう。

  • とにかく、意識して骨鳴らしを辞めるよう心がけ、関節がダルクなり骨を鳴らしたくなれば、ゆっくりとストレッチをすることでダルサを解消するようにしましょう。
    出典 :骨を鳴らすのは体に悪い?
     

    ハンドマッサージの心地よさで気を紛らわせるのも良いかもしれませんね。

  • 【ポール牧】

     

    指パッチンといえばこのお方。
    小気味よいパチパチ音は名人芸の域でしたよね・・・・
    ご冥福をお祈りいたします。