なんだか不安!「妊娠4ヶ月の出血」原因はなに!

妊娠4ヶ月の出血は大丈夫?妊娠中心配な出血についての情報まとめ!

view1446

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠4ヶ月は

  • つわりも落ち着いてくる時期なので、だいぶ楽になります。新陳代謝がさかんになり汗をかきやすくなったり、おりものも増えたりするので清潔を心がけましょう。ほとんどの人がつわりがなくなり、食欲が出てくるので太りすぎないよう体重管理に充分注意しましょう。
    出典 :妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週) | べびとら[Baby*trust]
     

    体重管理は忘れないようにしましょうね。

  • お腹の張りや痛みには充分注意を!便秘になりがちですが、市販の薬などは服用しないよう繊維質の多い野菜や海産物をたっぷりと採るように心がけましょう。出血もなくお腹がひっぱられるようにキリキリと痛むなどの症状があった時、卵巣のう腫、虫垂炎などの疑いも。
    出典 :妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週) | べびとら[Baby*trust]
     

    このように病気の疑いも出てきてしまうので、心配はつきないですね。

  • 出血もある?

  • 出血して下腹部が痛むなどの時は、切迫流産の可能性もあります。この場合まったく痛みがなく出血することもあり、量はごく少量で、暗褐色であったり、薄いおりものに混じっている程度のものだったりします。いずれにしても、病院で適切な処置を受けるようにしましょう。
    出典 :妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週) | べびとら[Baby*trust]
  • 切迫流産はまだ妊娠は継続している状態です。できるだけ早く受診して、医師の指示に従うようにしましょう。妊娠中は粘膜が充血しているので、内診やセックスの後に出血することがあります。おりものに混じっていたり茶色い出血の場合もあります。一両日中に止まれば心配することはないです。
    出典 :妊娠4ヶ月(妊娠12週~妊娠15週) | べびとら[Baby*trust]
  • 不安定な

     

    まだまだ4ヶ月と言っても心配ですよね。妊娠中の出血はなんらかの異常を示すサインとなってしまうのです。自己判断は危険なので、出来るだけ病院に行く事をお勧めします。

  • 安静は大切

  • 動くことがよくない場合もあるので安静にしてください。出血時は動くことで状態が悪くなることもあります。少量の出血で、他に異常が認められない場合は、まずは安静にしていましょう。それから、様子を見て、病院に行きましょう妊娠中期・後期の出血は、救急車の選択肢も含め、早急に病院へ行きましょう。
    出典 :妊娠中に注意すること!: 妊娠中の出血の原因!
  • 妊娠中期の出血の理由

  • 前置胎盤、低置胎盤
    子宮が大きくなり胎盤が引き伸ばされて出血がおこります。普通は痛みはなく出血は鮮やかな赤色です。止まったり出血したりを繰り返すことが多いようです。
    出典 :妊娠中の出血
  • 胎盤早期剥離
    常位胎盤早期剥離とは妊娠中または分娩時に、正常位置に付着している胎盤がはがれてしまうことです。胎盤がはがれる面積が広がると大量の出血がおこり危険な状態になります。
    出典 :妊娠中の出血
  • 後期流産
    妊娠12週以降22週未満の流産。心拍数が確認されているのでママ側に原因があることが多いようです。出血が大量になり激しい痛みをともないます。
    出典 :妊娠中の出血
  • 切迫早産
    妊娠22~36週までの出産を早産といいます。強いおなかの張りと痛みが特徴で出血には個人差があります。妊娠週が早いうちに破水した場合は妊娠継続が困難なときがあります
    出典 :妊娠中の出血
  • もし。。。

     

    早産になってしまっても、もともとそういう運命であったと考えるようにしましょう。ママの問題でも体の問題でもなく、自然に起きてしまう事なのです。赤ちゃんを忘れない事が大切なのですよ。