高血圧の食事レシピがまず「減塩」なワケ

高血圧の食事レシピを考えるとき、まず「減塩」することが重要視されますよね
血圧と塩分の関係と、日本人の塩好きにその原因がありそうです

view197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 血圧と塩分

  • 塩分を多く摂取すると、血管内の血液の塩分濃度が濃くなります。血管の壁には水分が行き来できるくらいの小さな穴が開いています。この穴を通して塩分濃度が高くなった血液に向かって、血管の外側にある水分が移動します。その結果、血管の中を流れる血液(水分)の量が増えてしまい、血圧を上げてしまいます。
    出典 :吉祥寺のお教::塩分と高血圧
  • 塩分をとると、血液中の水分量がUP

     

    このような状態になると、「腎臓」が体内の水分量を適切にコントロールしようとして尿を作り、体外へ出そうとします

  • 人間が尿を生成する為には、ある程度高い血圧が腎臓に必要になります。尿を作る血圧を確保する為に腎臓は「血液を強く押し出すように」と、 心臓のポンプ機能を操作する神経にホルモンによるサインを送ります。するとサインを受け取った心臓のポンプ機能は、血液を強く押し出すようになります。
    出典 :吉祥寺のお教::塩分と高血圧
  • 腎臓が尿を作るとき

     

    ①血管を収縮せよ!
    尿を作るため、血圧を上げたい「腎臓」が「レニン」を出し、アンジオテンシンの原料に働きかける。それが変換の末「アンジオテンシンⅡ」となり、血管を収縮させて血圧が上がる。

    ②Naを再吸収せよ!
    さらに、「アンジオテンシンⅡ」は「副腎」に「アルドステロン」を出すよう働きかける。「アルドステロン」はNa(塩分)を再吸収するよう働きかけ、その際、血流量が増えて血圧が上がる。

  • 心臓が血液を強く押し出し続ける為には、心臓のポンプ機能を操作する神経が活発に働かないといけません。この神経は心臓のポンプ機能と同時に、血管の太さを調節しています。この神経が働くと、心臓から押し出された血液の圧力を下げないようにほとんどの血管は収縮して細くなり、 血圧を高いまま維持させようとします。
    出典 :吉祥寺のお教::塩分と高血圧
  • ”塩分”を摂り過ぎると、上記のような「血流量増加→血圧up」「血管収縮→血圧up」といった状態が続くことになり、結果「高血圧」となる

  • 日本人と塩分

  • 日本人の塩分摂取量

     

    「平成24年国民健康・栄養調査結果の概要」
    (2013/12/6 厚生労働省)

  • 日本は世界のなかで国民の塩分摂取量の多い国である。厚生労働省が2013年12月に発表した「平成24年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、1日あたりの塩分平均摂取量は男性で11.3グラム、女性で9.6グラムだった。欧米での近年の1日あたり摂取量は男性10.4グラム、女性7.3グラムというから、やはり日本人は塩好きのようだ。
    出典 :“パンパン”になりやすい塩好き日本人の血管|食の安全|JBpress
  • 日本人の塩分摂取量の推移

  • 健康志向と共に食塩の摂取量はわずかずつ減少の傾向を見せている(一方で調味料の多様化と西洋化の傾向も確認されている)。
    出典 :一日の平均食塩摂取量は男性11.3グラム・女性9.6グラム(2014年)(最新) - ガベージニュース
     

    日本人の塩分摂取量は”減少傾向”(ここ数年は横ばい)
    ●健康志向
    ●調味料の多様化
    ●西洋化

  • 18歳以上男性:2010年版 9.0g/日未満 → 2015年版 8.0g/日未満
    18歳以上女性:2010年版 7.5g/日未満 → 2015年版 7.0g/日未満
    出典 :「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書を取りまとめました |報道発表資料|厚生労働省
     

    これでも前回の基準より厳しくなったのですが……

  • 2013年版のWHOのガイドラインが成人に対して強く推奨しているのは食塩として5g/日未満だが、日本人でこの目標量を満たす食生活を実施している人はほとんどおらず目標としては厳しすぎるため、平成22年、23年の国民健康栄養調査における日本人の塩分摂取量とWHOの推奨地値との中間値をとって目標量としたということが書かれています。
    出典 :日本人の食事摂取基準における塩分摂取目標がさらに厳しくなりました - 公務員な日々
     

    WHO基準と日本基準の格差はかなり大きいです

  • 高血圧の食事レシピを”日本人”が考えるとき

     

    WHO基準の2倍近くの摂取量である日本
    日本人は普段から塩分をとり過ぎている傾向があります

    日本人が高血圧を改善するためには、その食事レシピをかなり”意識的”に「減塩」の方向で考えなければならないようです