肺の病気によって起こる胸膜炎は自然治癒するの?

胸膜炎は自然治癒するケースはあまりないようです。
そのため、決して放置してはいけません。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胸膜炎の症状が軽い場合

  • 胸膜(肋膜)に炎症が起こり、胸に水がたまる病気です。胸膜とは肺をおおっている薄い二重の膜のことです。この膜と膜の間の胸膜腔に水がたまります。
    出典 :胸膜炎 症状チェック -メディカルiタウン
     

    胸膜炎になる原因は1つではありません。
    原因によっては症状が軽いものもありますが、症状が重いものもあります。

  • 肺炎の原因となった細菌が胸膜まで達しない場合は肺炎随伴性胸水(胸膜炎)と呼ばれ、肺炎が治ると胸水(胸膜炎)も自然によくなります。
    出典 :胸膜炎(肋膜炎):一口メモ
     

    比較的軽い症状の胸膜炎であれば、原因となった病気が回復することで自然と治っていきます。
    しかし、胸膜炎が自然治癒するわけではないようです。

  • 肺炎や肺結核の場合、抗生物質などの抗菌薬を投与することが多いですが、肺炎や肺結核と胸膜炎の両方に作用することが多いです。
    出典 :胸膜炎の原因は? | 気になる話題
     

    症状が軽い場合は原因となる病気と胸膜炎を同時に薬で治療するため、自然治癒とは言えません。

  • 症状が軽くて、健康状態がよい場合には、医師の判断により、入院しないで自宅で絶対安静にして療養することも可能です。ただし、医師の指示には絶対に従うようにしなければいけません。
    出典 :胸膜炎 症状チェック -メディカルiタウン
     

    このような状態の胸膜炎は自然治癒と考えられがちですが、大事なのは医師の判断です。
    必ずしも自宅療養で自然治癒するとは言い切れないのです。

  •  

    胸膜炎は自然治癒するものだと思って放置してしまうと、症状は更に悪化します。

  • 胸膜炎は放置されやすい

  • 胸膜炎は肺炎と同じく、症状が風邪とよく似ているため、放置されて悪化・重症化するケースが多くみられます。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『胸膜炎』
     

    胸膜炎は放置されやすい病気と言えるでしょう。
    しかし、前述したように胸膜炎は自然治癒することはありません。

  • もし風邪をひいたり、風邪が長引いて先に述べたような胸膜炎の症状が現れたら、とにかく早めに病院で診察を受けることを心がけてください。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『胸膜炎』
     

    ただの風邪だと過信せず、必ず病院へ行きましょう。

  • 病院での診断の結果でも風邪やインフルエンザと間違って誤診されることもあります。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『胸膜炎』
  • もし風邪と診断された場合でも、一向に症状が良くならない、胸の痛みがひどいといった時は、大きな病院で胸部X線検査を受けてください。胸膜炎の特徴は「胸に水がたまること」なので、胸部X線撮影を行えば胸に水が溜まっているかどうか分かります。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『胸膜炎』
     

    たとえ風邪と診察された場合でも、異常を感じたら絶対に放置してはいけません。

  • 胸膜炎を放置すると・・・・

  • 胸膜炎は水がたまる場合とたまらない場合がありますが発熱、胸痛、倦怠感、咳があり、病状が悪化すると呼吸困難に陥ります。
    出典 :風邪に似て咳で胸が痛くなる肩こりは肺結核?胸膜炎? | 肩こり解消法
     

    悪化すると、胸膜炎が原因で命を落としてしまうことも考えられるのです。

  • 細菌の種類にもよりますが、早期に治療を行うほど治りも早く、治療後に障害が残る可能性もなくなります。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『胸膜炎』
     

    早期発見・早期治療がカギとなります。