知っている!?「駆血トレーニング」とはどんなものか!

駆血トレーニングをしっていますか?血流を止める事を駆血というそうなのですが・・・

view358

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 駆血トレーニングとは

  • VRC駆血カフを用い、約10秒間以内で動脈血流を止め1~2分間保持。その後カフを取りのぞき一気に除圧することで血流を回復、30秒~1分間休息することを5~6回繰り返します。従来の加圧ではコンプレッサーの圧がゆるいため素早い加圧ができず「駆血は不可能」でしたが、VRCの場合、除圧も安全かつ速やかなため血流の流れを実感できます。
    出典 :次世代の加圧 VRC駆血トレーニングとは?
  • 駆血により筋肉内の毛細血管を拡張させようと四肢の血流が増加するため体温が上昇、戻りも素早いため特に『冷え症』や『むくみ』症状がある女性の方には効果抜群です。またエステ等の施術前に行なうと血流が改善、体温上昇で施術効果も顕著に上がります。
    出典 :次世代の加圧 VRC駆血トレーニングとは?
     

    体温上昇するのですね!

  • こんなものを見たことはありませんか?

     

    病院で採血をする際に血を止めるために腕にゴム状のものを巻きますよね。これが駆血帯。このように血流を止めることを駆血といいます。意外と見慣れたものですね!

  • VRCとは!?

  • 加圧が卵を若返らせる力があることは専門医の間でもいまや有名だそうです。しかし採卵や移植という本当に治療の段階になると運動を控えた方がいい場合も多く、その時でも安全に加圧の血流改善効果を提供したいと思っておりました。
    出典 :次世代の加圧トレーニング誕生!! | サーナ治療院
  • そしてであったのが次世代の加圧ともいえるVRCです。これはトレーニング機器ですが駆血治療機能を有し体験した方々から、未だ経験したことがないくらい足が熱くなったとか、頭まで熱くなったなどの感想をいただいています。また自動脈波装置がついてより安全に圧をかけられるようになりました。
    出典 :次世代の加圧トレーニング誕生!! | サーナ治療院
     

    このように便利な装置があるのです。

  • このような

     

    機械をつかう事になるのです。駆血帯を巻いて行うものもあるのです。

  • こちらの画像が

     

    治療に使う場合のVRCなのです。

  • 駆血帯をまいて1分から2分止血し除圧しまた加圧することを5分行う。従来のものとくらべるとジンジンという嫌な感覚はなく、またその後の圧迫したところは熱をおびるように感じる体感が強い
    出典 :次世代の加圧トレーニング誕生!! | サーナ治療院
  • 自衛隊でも用いられているものもある

  • 「プレメータ止血帯」 WTQ-2 ワンタッチで止血行為が可能です。頭部圧迫ブリッジの使用で、頭部の止血が効果に行えます。止血した時間の記憶が可能です。主な実績:自衛隊
    出典 :止血・駆血|株式会社ワコー商事/救急医療資機材,救急統計システム販売
  • こちらですね

     

    このようなものを自衛隊は使えるようにしているみたいです。大分話はそれましたがこのような便利な道具が出来ているのは個人的にも嬉しく感じます

  • 加圧トレーニングより安全

  • この駆血トレーニングを筋力アップの為に応用したのがVRCトレーニング。こちらがこれまでの加圧トレーニングにあたるものです。VRCというのは、最新の加圧機器の名前です。(VRC=vein return constriction)
    出典 :次世代の加圧 VRC駆血トレーニングとは?
  • 静脈還流制限状態の適正圧を定量的に設定、静脈還流制限下で四肢筋肉内血液のPooling(貯血)を定量的に最大した状態でトレーニングを行ないます。 運動中、四肢装着部のカフの移動や圧の低下もなく、従来の加圧トレーニングよりも設定圧が低いため、より安全な筋力トレーニングが可能です。痛み等の発生もないように工夫されています。
    出典 :次世代の加圧 VRC駆血トレーニングとは?