スキンケアの方法は年代によって変わります!大切なのはお金よりも手間をかける気持ち

毎日の忙しさの中で、同じスキンケアを繰り返して満足していませんか?時には肌の状態をしっかりを観察しましょう。そして乾燥肌の兆候や症状があれば早めに対処しましょう。年齢によって注意するスキンケアは変わってきます。肌の状態は体調を表すものです。スキンケアで治らない肌トラブルは体の不調のサインかも?

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自分の肌の状態を知ろう

  • 忙しい毎日の中で「スキンケアは同じことの繰り返しになっている」という人も多いと思います。よかれと思ってやっているスキンケアの習慣は本当にあなたに合っているのでしょうか。
    肌の状態をじっくり確認して、現在のあなたの肌がどのような状態なのかをしっかり見極めましょう。とくに、この時期は乾燥しがちな季節です。夏とあまり変わらないスキンケアをしているという人はとくに注意が必要です。

  • 肌の状態を知るためには洗顔のあと、素早く化粧水やクリームをつけてはいけません。いつも通りに洗顔したら、タオルで優しく水分を拭き取って素手で肌をマッサージしながら肌の調子を確認しましょう。
    肌にできものができていないか、ガサガサする場所はないか、硬くなっている場所はないか、くすんでいる箇所はないか、毛穴が開いた状態になっていないか、そして、10分程度たってもつっぱっていないか。
    これらの確認をじっくりと時間をかけて、顔のマッサージをしながら行います。
    皮膚のごわつきや表情筋の硬さを感じるところは特に念入りにマッサージします。このように、表情筋が硬くっている場所や皮膚がごわついていると感じる場所はシミの元である可能性が高いからです。

  • 乾燥は一日で改善しません

  • 顔の状態を確認する中で、皮膚に硬い部分があったり、毛穴の開きや肌のつっぱりが気になったら、あなたの肌は乾燥状態にあります。とくに、皮膚に硬い部分やごわつきを感じた場合、その乾燥の原因は体内の水分不足が原因です。定期的な水分補給を心掛け、コーヒーやお茶、お酒など利尿作用の高い飲料を控えるようにしましょう。また、これらの嗜好飲料が止められないという人は、それらを飲んだ量と同じ量の水を飲むようにしましょう。そのとき、コップ1杯につきひとつまみの天然塩を加えるとなお効果的です。
    そして、毛穴の開きや肌のつっぱりが気になった人に足りないのは水分ではなくて脂質です。炭水化物に偏った食事や植物性の油が少ないことが原因かも知れません。このような人は植物性のオイルを使ったマッサージをすると良いでしょう。
    このように肌の乾燥は症状によって、水分不足のものと脂質不足のものに分けられます。また、一旦乾燥してしまった肌の乾燥の改善は一日でできるものではありません。長い時間と正しいスキンケア習慣を続けていくことで徐々に改善するものと心得ましょう。

  • 乾燥肌の原因は刺激

  • 肌が乾燥してしまうのは水分不足と脂質不足に原因があります。さらに、肌から水分と脂質を奪ってしまうスキンケアを、そうとは知らずに行っている場合があります。それが刺激の強いクレンジングオイルの使用です。
    使っているクレンジングオイルの成分をみて界面活性剤が使われていないことを確認しましょう。もし使われていたら別の自然派のものを使用するようにしましょう。
    肌の乾燥を促す刺激は数多くありますが、その中でもクレンジングオイルの刺激はかなり強いものです。もちろん、クレンジングオイルだけでなく、毎日使用する化粧品の成分も一緒に確認してみましょう。落ちにくいメイクは有り難いものですが、そのために肌に大きな負担をかけたり乾燥肌の原因になっては、どれほどスキンケアにお金と時間を使っても効果は期待できません。

  • ...クレンジングオイル...選ぶ際には成分表示に注意...食器用洗剤に使われる“界面活性剤”が入っているものは洗浄力が強すぎるので避けたほうがいいですね。
    出典 :女性誌じゃ書けない「プロが毎日やってる本当のスキンケア」 - Peachy - ライブドアニュース
  • 美肌のための保湿はお金よりも手間をかけて

  • 乾燥肌の原因になる化粧品やクレンジングオイルなどを出来るだけ使わないようにしたら、次は肌に効果的な水分補給を行いましょう。理想的なのは一日3回以上、肌に水分を補給することです。朝と夜はもちろん、昼間もスプレー式の化粧水で肌を乾燥から守りましょう。
    朝晩の肌の水分補給はその方法も大事です。自分の素手を使って化粧水を人肌に温めて、手のひら全体を使って顔をマッサージするように塗り込みましょう。朝も夜も同じくらいの時間をかけてじっくりと肌を保湿することが大切です。高価な化粧水を使うよりも、かける時間と使う化粧水の量を増やす方が美肌には効果的であることがわかっています。お金よりも手間をかけて肌を労りましょう。

  • ...どんなに安い化粧水でもいいからふんだんに保湿...肌によく染み込むように、手で温めてから。手のひらで顔を包み込むように...
    出典 :女性誌じゃ書けない「プロが毎日やってる本当のスキンケア」 - Peachy - ライブドアニュース
  • ケアの方法は年齢で変えましょう

  • スキンケアの方法で絶対と言われるものはありません。また、その方法は年齢とともに変わってるとも言われています。例えば、10代でのスキンケアで大切なことは毛穴を塞がないことです。新陳代謝の活発なうちはスキンケアで毛穴を良い状態に保つことが一番大切です。そして、20代30代のスキンケアは水分補給が大切です。40代50代になると脂質のバランスに注意しましょう。このように年代によって注意するスキンケアが変わって行きます。
    この変化はなぜ起こるのか。それはやはり女性ホルモンとの関係が強いと言われています。つまり肌の状態は体内で起こっていることが表れているということです。そのため、適正にスキンケアをしていても肌の状態がよくならなかったり、悪くなるのであれば、それは肌ではなく体内に問題があるということです。単純に内臓機能の低下である可能性も高いですが、何らかの病気が隠れている場合もあります。肌以外の不調とともに病院で相談してみましょう。

  • 肌年齢が進めばベストなケアも変わります...
    出典 :知ったつもりはNO!スキンケアの新常識をマスターせよ! - 旬ネタニュース - 旬ネタ - 楽天WOMAN