妊娠中の喫煙はNGなのでしょうか? タバコの恐怖を徹底解説!

妊娠中の喫煙は控えろと口を酸っぱくして言われますが、果たして本当にNGなのでしょうか?
19世紀まではタバコは良薬として多くの人が吸っていましたが、現在は害悪しかありません。
妊娠中の喫煙はどうして危険なのか、情報を集めてきました。
ヘビースモーカーの方は必見ですよ!

view55

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の喫煙は、超危険!

  • タバコを吸うとニコチンが血管が収縮させ、血液の流れが悪くなります。すると、子宮の収縮が起こりやすくなり、胎盤の機能が低下して、流産や早産などのトラブルが起きやすくなります。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    タバコは、流産や早産の可能性を高めるわけですね。
    流産や早産は母体にとっても悪影響のことですから、起きないにこしたことはありません。
    しかし、タバコを吸うだけでこれほどの悪影響があるのですから、妊婦さんにタバコを吸うなと口を酸っぱくして言う方がの気持ちがよくわかりますね。
    本当にタバコは害悪しかあたえませんね。
    なんで、未だに吸っている人がいるのか不明です。
    全くタバコを吸わないものとしては疑問しか浮かばないのですが、どうしてやめられないのでしょうかね?

  • 赤ちゃんに必要な酸素や栄養が行き届かなくなるため、低出生体重児(出生体重が2,500g未満の赤ちゃん)になったり、知能の発達や成長の遅れ、不正出血や早期破水を起こす可能性も。妊娠が判明したら、キッパリと禁煙しましょう。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    母体にも悪影響をあたえる以外にも、胎児にもこんな悪影響を及ぼすようですね。
    成長が遅れたり、知能の発達が遅れたりと本当に悪影響ばかりです。
    タバコを弁護しようにも、弁護のしようがない程、悪影響しかあたえませんね。
    酸素が胎児にいきとどきにくくなりますから、常に胎児が息苦しい状態にあるというわけですね。
    密室に閉じ込められて、息苦しくなると頭痛の原因となりますから、ただでさえ弱い胎児が10ヶ月近く息苦しい状態が続けば……。
    自分に置き換えて考えれば、地獄以外のなにものでもありませんね。

  • 妊娠中の喫煙が生後の児に神経発達障害を引き起こす可能性が示唆されている。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    いや、まったく本当にタバコって怖いですね!

  • タバコの煙にはニコチン、一酸化炭素、シアン化合物、鉛などが含まれており、胎児毒性とともに血管収縮作用を有する。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    タバコの煙に含まれている有毒な成分ですね。
    一酸化炭素は自殺のときに使用するものです。
    鉛も有毒で有名ですね。
    本当にタバコを弁護することができません……。

  • 妊娠早期に禁煙した場合の出生時体重はほぼ正常であり、また早産率も減少することより、禁煙の効果が期待できるので、妊娠中に喫煙が判明した場合はすぐに禁煙を慣行させる。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    妊娠早期に喫煙をすると出産時の赤ちゃんの体重は正常ということなので、妊娠が発覚したらすぐさま喫煙をすれば問題がないということですね。
    赤ちゃんがお腹の中にいる間は、喫煙を頑張りましょう。
    子供の前では禁煙をした方がいいですが、タバコが好きで好きでやめられない方は、乳離れするまでは頑張って禁煙をしましょう。
    一生吸えなくなるわけではないのですから、その期間だけは頑張りましょう!

  • パパも禁煙をしましょうね!

     

    副流煙の方が有毒な成分がたっぷり含まれていますので、パパも禁煙をしましょう。
    ママにだけ禁煙させておいて、自分が横で美味しそうにタバコを吸っていたら、夫婦仲に亀裂が生じかねないことです。
    パパも頑張って禁煙をして、子育てに参加をしましょう。

  • タバコの危険性は統計によって明らかです。
    わざわざ危険な赤ちゃんの発育を阻害するものを吸う意味がよくわかりません。
    タバコは嗜好品ですから、好きな人は好きなものですが、現在は禁煙を社会的に勧められているものです。
    そんなものを吸い続けて、胎児を危険な目に遭わせてどうするのですか?

  • 乳幼児突然死症候群のリスク

  • 乳幼児突然死症候群(シッズ)とは、元気にしていた赤ちゃんが、
    眠っている間に苦しんだ様子もなく、突然死してしまうという病気のことです。
    出典 :乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生リスク:妊娠中の喫煙 体験者が思うこと
     

    これは、嫌ですね。
    老人が老衰で亡くなるのはある程度覚悟ができていることですが、将来有望の赤ちゃんが、突然ぽっくり逝ってしまうのは、やりきれませんね……。

  • 妊婦自身の喫煙はもちろんのこと、妊婦や赤ちゃんの周囲で、たばこを吸わない。
    たばこは、乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の大きな危険因子です。
    出典 :乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生リスク:妊娠中の喫煙 体験者が思うこと
     

    厚生労働省のホームページに記載されている文言のようです。
    赤ちゃんを間接的に殺すわけですから、タバコは控えて損はないです。

  • 赤ちゃんを守れるのは親だけです

     

    赤ちゃんのような脆弱な存在を守れるのは親だけなのです。
    その親が、タバコを吸っていれば、間接的に赤ちゃんを殺しているようなものです。
    吸わないですむなら、タバコは赤ちゃんの前では吸わないのがいいでしょう。

  • 妊婦さんはタバコを吸ってはいけません。
    自分だけの命ではないのですよ。
    お腹の中には新しい命が宿っているのです。
    そのことを忘れてはいけません。
    そして、パパさんもパートナーの前で堂々とタバコを吸うのはやめましょう。
    妊婦さん自身も喫煙者の場合は、その光景を見ているだけでストレスがたまりますし、副流煙という見えない凶器でお腹の中の赤ちゃんに危害を加えているのと同義です。