悪玉コレステロール薬って?副作用とかは?

悪玉コレステロール薬ってどんなものなのでしょうか?また薬を飲むときに気になるのが副作用ではないでしょうか。これらについてまとめました。

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールが高くなってしまう原因

  • コレステロールが高くなる主な原因は食生活や生活習慣の乱れです。悪玉コレステロール薬で治療することはできますが、薬だけでは根本的な解消とはならないため食事や運動療法も兼用します。

  • 悪玉コレステロール薬が必要なケース

  • 生活習慣の改善が見られないとき

     

    コレステロールが高くても直ぐに薬物療法が開始されるとは限りません。まずは食生活や生活習慣の改善からはじめることが多いようです。

  • コレステロールが高すぎる場合

     

    あまりにもコレステロールが高ければ動脈硬化を起こすリスクが高まるため、すぐに薬物療法が開始されます。

  • 悪玉コレステロール薬の種類

  • スタチン系薬剤

     

    肝臓で悪玉コレステロールの合成を予防する薬です。

  • 陰イオン交換樹脂

     

    コレステロールが腸で吸収するのを予防する薬です。

  • コレステロール吸収機構阻害剤

     

    小腸からのコレステロールの吸収を阻害します。

  • 中性脂肪を減らす薬

     

    ほかにも中性脂肪を減らす薬が処方されます。

  • 悪玉コレステロール薬の副作用とは?

  • 薬を飲む限り副作用が考えられます。コレステロールの薬は比較的副作用が出にくいとはいわれていますが、それでも薬を服用するのですから副作用くらいは知っておきましょう。

  • 横紋筋融解症

     

    筋肉障害の1つです。筋肉痛が起こりやすくなったり、筋肉の低下がみられます。

  • まとめ

  • 悪玉コレステロール薬は必ずしも必要とは限りません。食生活や生活習慣が改善できればその後コレステロールが下がり、様子を見ることもあります。まずは根本的な改善から試してみましょう。