生命を育てる程の力をもった卵殻膜とは!?

美容効果も期待が出来る卵殻膜は一体肌に良い効果があるのでしょうか

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 卵殻膜というのはまず何かを知る

  • 卵殻膜とは、ヒヨコが生まれる前に入っている卵の殻にある0.07mmという薄い膜のこと。この殻が発育器の役割をし、膜にはヒヨコが育つために必要な栄養素をたっぷり含んでいると言います。
    出典 :卵殻膜 [美ログ] スキンケア大学
     

    このようなものに美容効果を見つけるのもすごいですよね

  • 画像は参考にどうぞ

     

    可愛いひよこの画像ですが
    このひよこを育てる程の効果があるなら
    美容効果があってもおかしくないですよね

  • 人気のコラーゲン

  • 美肌成分として人気のコラーゲン。卵殻膜が作るのは、赤ちゃんのような肌になれる、III型のコラーゲンです。
    出典 :卵殻膜 - goo ヘルスケア
     

    こんなコラーゲンがあるのですね

  • III型コラーゲンは線維が細いため、柔らかくプルプルの肌になります。また、保湿力も高くみずみずしいのが特徴です。一方、I型コラーゲンは線維が太く、保湿力が低いため肌が硬くなってしまいます。ですから、加齢に伴いIII型が減ってI型が増えると、潤いや弾力が失われゴワゴワしてくるのです
    出典 :卵殻膜 - goo ヘルスケア
     

    こんなコラーゲンの事を知っていましたか?

  • 今では色々な事に使われている

  • 卵殻膜を細かくする技術、水に溶けるようにする技術により、食品や化粧品、繊維等、様々な商品に使用可能です。
    出典 :卵殻膜 | キユーピー ファインケミカル
     

    技術というのはすごいスピードで進歩していますよね

  • 食べると効果はある?

  • 残念ながら、卵殻膜はそのまま食べても消化されることはなく、むしろ消化不良を起こしてしまいます。卵殻膜は、ゆで卵からむいた薄皮そのままの状態では、水や油に溶けない(=吸収、分解をしない)という特性を持つためです。
    出典 :卵殻膜Q&A|卵殻膜のアルマード公式オンラインショップ
     

    食べても意味がなさそうですね

  • この卵殻膜はありとあらゆる卵に含まれる

  • 卵殻膜は卵の殻と白身の間にある薄皮の事ですから、鶏だけでなく、あらゆる卵に卵殻膜は存在します。つまり、ダチョウやうずらの卵でさえも、殻のある卵であれば一様に卵殻膜は存在します。
    出典 :卵殻膜Q&A|卵殻膜のアルマード公式オンラインショップ
     

    違いはあるのでしょうか

  • アミノ酸を含んでいる!

  • 卵殻膜の美容効果はそれだけではなく、肌の構成に必要なアミノ酸をバランス良く含んでいるのも期待のポイントです。なかでもメラニンを抑制し、シミやそばかすを予防するシスチンが人の肌の5倍も含まれているため、美白を目指す人にも強い味方となるでしょう。
    出典 :卵殻膜 [美ログ] スキンケア大学
     

    すごい効果ですね

  • この卵殻膜は本当に

     

    様々な分野で人気なのですね
    コラーゲン配合なのが良い所でしょうか
    もし気になった人がいれば
    配合されているものに表記されているか
    見てみても良いかもしれませんね