どうしたら治る?「あせもの治療方法」のまとめ!

あせもの治療方法は何があるのか!気になるあせもの治療方法についてのまとめ!

view377

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あせもは3種類ある?

  • ふつう、あせもというと小さな赤いブツブツができてかゆみを伴うものをイメージしますね。これは専門用語で紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるあせもです。
    出典 :「あせも」はなぜなるの?どう対処する? [湿疹・皮膚炎] All About
     

    これが一般的なあせもですね

  • 日常よく見られるあせもにはもう1種類、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれるものがあり、こちらは赤みやかゆみを伴いません。皮膚の表面に、1~3mmほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができるだけです。
    出典 :「あせも」はなぜなるの?どう対処する? [湿疹・皮膚炎] All About
     

    このような種類もあるのですね!

  • 深在性(しんざいせい)汗疹という皮膚の深い部分で起こる白っぽく扁平な丘疹もありますが、亜熱帯などに多く日本ではあまり見られません。後述しますが、炎症のある紅色汗疹と、炎症のない水晶様汗疹では、治療の方法が異なります。
    出典 :「あせも」はなぜなるの?どう対処する? [湿疹・皮膚炎] All About
  • あせもの治療方法

  • あせも(汗疹)が出来たら、ステロイドのクリーム、もしくはローションやワセリンを用いて、かゆみや炎症を抑制する。 制汗剤やボディパウダーやシッカロールを用いるのはかまいないが、使いすぎると良くないのだ。
    出典 :あせも(汗疹)の症状とあせも(汗疹)の治療方法
     

    このようなものを用いて治す事もあるのですね。

  • 他にも

     

    ボディパウダーやシッカロールを用いるのも良いとされていますが、使いすぎると良くないそうです。これら使いすぎるとかえって汗腺を詰まらせる結果になり、悪化をさせてしまうのです。

  • あせも治療に使われる薬

  • あせもの治療にはステロイド薬、非ステロイド薬、桃の葉等の民間療法があります。あせも治療に使われる薬は、最も改善したい症状によって異なります。市販の薬も多く見られますが、赤ちゃんは皮膚が薄く、肌も敏感なので薬の処方には医師の診断が必要です。
    出典 :あせも治療とステロイド
  • あせも治療では、ステロイドの入った軟膏を処方されることがあります。痒みが強くて不快症状があり、早急に痒みを改善したい時はステロイド薬の即効性が適していると判断されることがあります。赤ちゃんの治療にステロイドを使用することに抵抗や不安を感じるママは、少なくありません。
    出典 :あせも治療とステロイド
  • 多くのママは、ステロイドの効果を理解しつつも副作用が心配になってしまいます。ステロイドは症状の緩和と治療を短期間で行いたい場合にも使用します。早く治すことができれば、その分、あせもが悪化することもなくなります。つまり、あせもが悪化する恐れのある時や悪化し始めている時はステロイドで進行をくい止めるのです。
    出典 :あせも治療とステロイド
  • 副作用としては

  • 長期投与で高血圧や筋肉痛、大量投与で肥満の恐れがあると考えられています。赤ちゃんのあせも治療では大量のステロイドを使用し続けることは、ほぼ無いので副作用の確率は低く考えられているようです。しかし絶対に副作用がないとは言いきれないので、ステロイドの使用に関しては納得いくまで医師に相談することが大切です。
    出典 :あせも治療とステロイド
  • リンデロン

  • リンデロンVGは、皮膚の炎症をしずめて痒みをおさえます。ステロイドの中では、有名な外用薬なのでママもつかったことがあるかもしれません。皮膚科でもよく耳にします。あせも等の炎症に効果を出すのはベタメタゾンという成分です。炎症や痒みによる不快感や、かき壊して更に症状が悪化するのをくい止める目的があります。
    出典 :あせも治療とステロイド
  • 使用時は

     

    皮膚の免疫が弱くなるという難点があります。一緒にゲンタマイシンという抗生物質を使う事があります。そのあたりもしっかりしって治療しておきたいですね。