妊婦の背中痛!原因はコレだ!

妊娠中期を過ぎると背中の痛みを訴える妊婦さんが多いのだそう。妊婦の背中の痛みを探ります。

view689

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ痛む?妊婦の背中

  • 妊娠中は、どうしても腹筋を使うことが少なく、背中をそらせた姿勢などで腰や背中に負担がかかって痛むのです。 子宮による神経の圧迫、あるいは骨盤の関節のゆるみなども原因になります。 それにくわえ、上の子を抱っこするなどの負担でなおさら痛みます。どちらもお産がすめば少しずつ解消されます 。
    出典 :妊娠中のマイナートラブルー妊娠中の腰痛や背中の痛み〜みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
  • 背中の靭帯が緩む

  • 靱帯は出産に向けて、骨盤の中を赤ちゃんがよりスムーズに通れるようにゆるみ始めます。靱帯は背中の筋肉につながっており、そこが引っ張られるために背中に痛みを生じるのです。
    出典 :妊娠7カ月のからだ - gooベビー
  • 大きくなったおなかのサポート

  • 妊娠中は子宮の中で赤ちゃんが育つにつれて、妊婦さんのお腹は大きく、重たくなってきます。妊婦さんの大きく重たくなったお腹は、腰や背中の筋肉が支えることになり、腰や背中の筋肉がより緊張するのです。
    出典 :妊婦の背中の痛みの原因とは
  • ホルモンの分泌

  • 妊娠中はホルモン分泌(リラキシン)が活発になり、体中の靭帯が柔らかくなり、体重も増え、運動不足も重なって、骨盤が歪むことが多いんです。
    出典 :妊婦の背中の痛みの原因とは
  • マッサージで解決

  • 僧帽筋をほぐす

  • 背中痛・僧帽筋をほぐす

     

    一人では出来ませんが、効果的な方法です。

  •  

    腕をとり、前から後ろへと大きく回してあげる。このとき、腕がまっすぐ伸びているようにすると、より効果アップ。

  •  

    腕がまっすぐ上に上がったとき、押さえた親指が肩甲骨の内側に入るくらいがちょうどよい。5回程度行ったら、反対の腕も同じようにほぐす。

  • 腰をマッサージ

  • 肌スピコントロール パパにも出来る!妊娠中の腰痛改善マッサージ - YouTube

     

    ぜひパパさんにお願いしてください。

  • 正しく座る

  • 椅子に座るときは、できればおしりがしずまない椅子を選びましょう。
    できるだけ、深く座ってください。お尻のしたや背中にクッションを利用しましょう。
    地べたに座るときは、あぐらが一番おすすめです。
    あしは上下に組まずなるべく平行におきましょう。
    出典 :妊娠中のマイナートラブルー妊娠中の腰痛や背中の痛み〜みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
  •  

    胡坐が一番いいかもしれません。

  • 体重のコントロールと普段の動作

  • 体重が必要以上に増えると腰や股関節、ひざなどに負担がかかるのは当たり前。
    太りすぎないよう食事や運動を心がけましょう。

    家事も、料理をするときは前かがみにならない。
    下に置いた洗濯物を取るときはスクワットをする要領でとると、筋力アップと腰痛軽減の一石二鳥です。

    他に、腰痛軽減グッズや妊婦帯で軽減させることも出来ます。

  • むやみに市販の湿布薬を使わない

  • 湿布薬の中には赤ちゃんに影響する成分が入っていることがあります。
    アンメルツなどは大丈夫ですが、インドメタシンや鎮痛剤成分が入っているものはNGです。
    詳しいリンクを最後に張っておきますので、参照してください。

  • 痛みが治まらなく生活に支障をきたす時や、だんだんと痛みがひどくなる時は医師に相談しましょう。椎間板ヘルニアや子宮筋腫などの病気から腰痛が起きていることもあるので、気になるときや心配な時は受診しましょう。市販の薬や湿布薬を使う時は医師に相談してからにしましょう。
    出典 :妊娠中の腰痛対策と恥骨痛対策-妊娠・出産・育児のママベビ