一般的な分娩の普通分娩とは

一般的に出産する時に行うふつう分娩とはどのようなもの?
そんな疑問のまとめ☆

view369

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 普通分娩

  • 赤ちゃんがお母さんの膣(産道)を通って出てくる出産方法で、経膣分娩といわれているものです。病院や産院で、医療器材に囲まれ、状況に応じて陣痛促進剤や会陰切開などを行います。現在、病院・産院での主流になっている分娩方法といえます。
    出典 :一般的な分娩方法「普通分娩」とは
  • 陣痛が起こり赤ちゃんが産道を通って産まれる

     

    出産の流れとしては、陣痛の間隔が一定で、その間隔がだんだん短くなり、破水した後、赤ちゃんが出てくるというパターンが多いかと思いますが、破水が先に起こる場合もあります。どちらにしても、赤ちゃんはお母さんの産道を通って生まれてくることになります。

  • 一般的な流れ

  • 注意として

  • 前回の分娩が帝王切開だった場合、次の分娩で注意をしなければならないことは、子宮破裂がありうるということです。即ち、帝王切開では子宮に切開をいれて、そこから胎児を娩出するので、その切開部位を丁寧に縫合したとしても弱くなっており、次回の分娩時の陣痛によって、そこが裂ける心配があります。
    出典 :帝王切開後の普通分娩
  • ご本人に「普通分娩でいきたい」という強い希望のある方は、綿密な産前チェックや分娩管理の下で90~95%の方がきわめて安全に普通分娩が出来ております。残りの5~10%の方も分娩途中での帝王切開への切り替えにより、すべて元気な赤ちゃんが産まれております。
    出典 :帝王切開後の普通分娩
  • 無痛分娩もある

  • ・普通分娩の場合はいきむタイミングがわかるのですが、無痛分娩ではいきむタイミングが分からない為、助産婦さんにいきむタイミングを教えてもらいながらいきみます。又、いきむ力が弱くなったりして分娩に時間がかかってしまう事もあります。
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • ■もちろんメリットもあります! ・痛くない
    ・お産の疲労が少なく、回復が早い
    ・何らかの理由(病気など)で通常のお産に耐えられない場合に有効
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • ■無痛分娩に向かない人 ・血が止まらない病気を持っている方
    ・背骨の変形などがある方
    ・背骨の神経に異常のある方
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • 普通分娩も

     

    無痛分娩も痛みが違うだけで
    同じようなものなのです
    その辺はしっかりしっておきましょうね