羊水が気になったら!?羊水検査を受けよう☆

羊水で色々な事がわかるようになったそうです!
羊水検査受けてみませんか☆

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 羊水検査

  • 妊娠初期以降に、少量の羊水(その時の羊水のだいたい1/10)を採取し、その中に含まれる羊水細胞を培養して、染色体分析、酵素活性の測定、DNA診断を行うか、もしくは羊水中の物質を測定して検査する方法です。もっとも一般的なのは、羊水細胞の染色体分析です。羊水検査の95%以上は、染色体分析です。
    出典 :羊水検査のページ
  • 妊娠13週以降で、ほとんどの場合14-16週に行います。もし、羊水検査を受けたいとお考えの場合は、妊娠12週頃までにその病院に受診しておかれるか、遺伝カウンセリングを受けておいて頂いた方がよいでしょう。あまり早くなると羊水検査の副作用が起こりやすくなります。
    出典 :羊水検査のページ
  • Q&A

  • 羊水を調べるとなぜ、胎児の染色体のことがわかるのでしょう

     

    胎児を包む羊水には、胎児の皮膚や粘膜などの
    細胞が混じっているからだそうです
    ここには、胎児からはがれた皮膚や粘膜などの
    細胞も混じっているらしいのでそこで
    羊水をとって細胞を培養し
    胎児の染色体を調べることが出来るという
    とっても良い方法ですよね

  • おなかの表面から子宮の中まで細い針(穿刺針/せんしばり)を刺し入れて、羊水を15~20mlぐらい採取します。これを羊水穿刺(せんし)といいます。胎児や胎盤、臍帯に針が触れないように、超音波の器械で子宮内を観察しながら行います。
    出典 :妊娠中の検査「羊水検査」の巻|プレママ特集|プレママタウン
  • 気軽に受けるものではない

  • 現在の日本では、出生前診断は受けないが基本となっています。「他の人はどうしていますか?」と、聞かれることもあります。妊娠してから病院や雑誌、ネットなどで出生前診断の情報を知り迷ってしまっている人に多いのですが、この検査は皆が受けるから受ける、逆に皆が受けないから受けないという検査ではありません
    出典 :2/2 出生前検査・羊水検査 [妊娠初期] All About
  • 羊水検査で異常がなくても、遺伝子異常などの可能性は残ります。また、異常イコール中絶でもありません。その異常を知った上で赤ちゃんを受け入れるというカップルもいます。
    出典 :2/2 出生前検査・羊水検査 [妊娠初期] All About
     

    この辺が大事なのですね!

  • 副作用・安全性

  • 羊水検査の副作用でもっとも深刻なのは流産や死産です。一般に羊水検査の後、4週間以内に200人に1人の赤ちゃんがなくなります。もちろん、羊水検査を受けなかったとしても流産や死産がおこります。
    出典 :羊水検査のページ
  •  

    検査をして破水する事もあるそうです
    ごくまれですが一応しっておくと良いかもしれませんね
    しかし、羊水まで検査の対象にするとは
    考え方がちがうのですね・・・
    出来る事なら、知れることはしっておきたいですよね

  • 費用・検査後

  • 保険は使えないので自費になります。だいたい10~15万円前後が多いようです。検査方法はすべての染色体を調べる「Gバンド分染法」で行います。病院によっては、13・18・21番の常染色体とX・Yの性染色体数だけを調べる簡便な検査をするところもあります。費用は検査内容によっても違うので、事前に確かめましょう。
    出典 :妊娠中の検査「羊水検査」の巻|プレママ特集|プレママタウン
  • 検査にかかる時間は10分程度です。検査後はしばらく病院内で休養し、出血や羊水のもれ、子宮収縮などがないことを確認してから帰宅します。検査後1週間は休むなど安静を心がけましょう。また、感染予防のための抗生物質や子宮収縮を抑える薬などを処方されるので、きちんと飲みましょう。。
    出典 :妊娠中の検査「羊水検査」の巻|プレママ特集|プレママタウン
     

    無理はだめですよ