不妊治療の中では【タイミング法の費用】が一番安いのです

不妊治療で医師が指導しながら行う【タイミング法の費用】は健康保険が適用されます。
だからタイミング法で妊娠できれば、他の不妊治療(人工授精)等に比べるとかかる費用は少なくてすみます。

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「タイミング法」とは?

  • タイミング法

     

    基礎体温から排卵日を予測し、その時期に性交を行い自然妊娠を目指す方法。
    自分でする場合と医師に指導を受けながら行う場合があります。

  • 【タイミング法の費用】はどうなるの?

  • 医師が指導するタイミング法は保険適用されますが、一部は保険適用外のものです。
    たとえば、排卵日を推測するために何度か行う超音波検査は、保険が適用されるのは通常、月に1回までです。それ以上は自己負担となります。
    出典 :タイミング法の費用|妊娠したいを応援
  • 健康保険が適用されるのは、タイミング法と排卵促進剤。
    人工授精以降の高度な不妊治療は自費となってしまいます。
    いちばん最初にかかってくるのが基本的な不妊検査の費用で、これが2~3万円と言われています。
    出典 :気になる不妊治療の費用、保険適用はタイミング法まで?
     

    少子高齢化といわれているのだから、不妊治療にはもう少し寛大であるべきですよね。
    健康保険の適用をもっと広げればいいのに・・・

  • 医師に指導してもらう【タイミング法の費用】はいくらぐらいかかるの?

  • タイミング法 1周期の治療費は、5000円~2万円ほどが必要となりますが、
    薬の使い方や検査により、治療費は異なってきます。
    出典 :タイミング法にかかる費用は?
     

    病院によって若干の差はあります。

  • タイミング法の指導は保険適用で負担額が1000円程度。
    飲み薬の排卵誘発剤 「 クロミッド 」 を使用すると、1周期に5錠の服用で1ヶ月約200円。
    排卵誘発剤の注射を受けた場合は、1日に2000円程度です。この先の治療からが自費診療となります。
    出典 :気になる不妊治療の費用、保険適用はタイミング法まで?
  • タイミング法や人工授精での排卵のタイミングを決める
     ○保険適用外 1500~2000円程度
    タイミング法や人工授精で排卵障害と診断されて、排卵誘発剤を保険で使用
     ○月3回まで保険適用 1590円程度
    出典 :不妊治療にかかるお金
  • 「排卵誘発剤」は2種類ある・・・費用は?

  •  

    どちらも保険適用あり!!です。

  • 排卵誘発剤には内服と注射の2種類がありますがどちらも保険適用となっています。
    出典 :排卵誘発剤の費用はどの程度必要なのでしょう?
  • いわゆる周期コントロール法で使われる排卵誘発剤は、なかなか妊娠できない人がチャレンジする第一段階の不妊治療です。比較的軽い場合に使われる内服と、重症の場合に主に使われる注射があり、その状況に応じて医師の診断に基づいて使われます。
    出典 :排卵誘発剤の費用はどの程度必要なのでしょう?
  • 内服によく使われるクロミッドの場合の費用は、1ヶ月で約500円程度と大変安価です。
    注射に比べると副作用も比較的軽いですので、軽い排卵障害の場合はこのクロミッドの投与で様子を見る事が多いようです。
    でも、無排卵やその他の原因で妊娠に至らない重症の排卵障害の場合に使われる注射は、1回につき1000円~1500円とされていて内服にかかる費用に比べるとかなり高めに設定されています。
    出典 :排卵誘発剤の費用はどの程度必要なのでしょう?
  • 検査は毎回同じことをするのにかかる費用が違うのはなぜ?

  • タイミング法の治療や検査には、保険が適用されるのですが、
    保険適用される回数や、回数ごとで保険の点数が変わる場合もあります。
    そのため、通院のたびに治療費が異なってきます。
    出典 :タイミング法にかかる費用は?