最新のX線装置ご紹介

医療機器の進歩はすさまじいですね。
最新のX線装置を調べてみました。

view67

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最新のX線装置

  • 耳鼻科用

     

    従来のアナログ撮影・イメージンプレート撮影とダイレクトデジタル撮影の決定的な違いは、撮影から診断に至るまでのプロセスです。現像作業やスキャニング工程を完了しなければ出来なかった撮影画像の確認をダイレクトデジタル撮影は撮影後その場で出来るのです。また、撮影の有無に関係なく消耗品の管理や現像設備のメンテナンスなど日常的な業務やその他の煩雑な消耗品が一切必要なくなります。

  • 内科用

     

    T-BODY20R は、あらゆる撮影方法に対応する高性能X 線管と短時間撮影も余裕を持ってカバーする高出力な高圧発生装置を搭載。最大出力125kV250mA のハイパワーを余すことなくコントロールするAPR 搭載操作パネルとの組み合わせで常に最適な撮影を可能にしています。被写体のサイズに左右されず、呼吸・脈拍などに起因する画像のブレを最小限に留めるハイスピード撮影を可能にし、高精細なX 線画像をご提供致します。

  • ペット用

     

    従来型のアナログ撮影やCR方式では不可能だった即時画像確認をダイレクトデジタルX線撮影は可能にします。
    曝射後CCDセンサーユニットがX線の透過情報をデジタルデータとして読み取り→表示までの時間はわずか7秒※。撮影から診断までをスムーズ&スピーディーに行うことが可能となる先進のシステムなのです。
    ※ご使用環境や撮影条件等により表示時間が異なります。

  • ペット用までのX線装置を一部ご紹介しました。

  • 最新X線装置を扱う企業を調べてみました

  • 最新X線装置で一人でも多くの患者さんが病気の早期発見ができるといいですね。