妊娠初期の子宮外妊娠の症状

妊娠初期の子宮外妊娠の症状には一体どんなものがあるのでしょう?
子宮外妊娠をそのまま放っておくと大変なことになってしまいます。子宮外妊娠のことを知って、万が一の場合に備えましょう!

  • piyo 更新日:2014/04/14

view428

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮外妊娠とは?

  • この症状はその名の通りに、受精卵が子宮の外の部分に着床してしまう事とされています。
    出典 :子宮外妊娠の症状・危険性と注意点!!
     

    病名そのままですね。子宮以外の場所というのは、具体的には下記にあるような箇所です。

  • ほとんどは 卵管内に妊娠したものです。まれには卵管の付け根、子宮 頸管など、子宮のなかではあるけれども正常ではない部位や、卵巣、腹膜表面に妊娠します。
    出典 :子宮外妊娠| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 子宮外妊娠の方の98パーセントが卵管妊娠だと言われており、残り2パーセントの中に「卵巣妊娠」「子宮頚管妊娠」ごくまれに「腹腔妊娠」が起こります。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
     

    子宮外妊娠にも、このように着床箇所によって呼び名が変わります。

  • 子宮外妊娠が起こる位置と名称

  • 子宮外妊娠(異所性妊娠)の確率は、全妊娠数の約1~2%ぐらいと言われています。
    出典 :子宮外妊娠(異所性妊娠)の確率
     

    およそ100人に1人か2人は子宮外妊娠の可能性があります。

  • 子宮外妊娠の原因

  • 卵管に何らかの異常がある方に起こりやすく、以前に卵巣の手術や卵管の形成手術を受けていた場合や、クラミジア感染症などになり卵管の閉塞や癒着が見られる場合、卵管に水腫がある場合
    出典 :子宮外妊娠の「原因」と「確率」 | くすりの上田ブログ(富山県高岡市)
     

    卵管に炎症が起きている場合も原因の一つになるようです。

  • 骨盤内感染、虫垂炎、腹膜炎、頻回の人工妊娠中絶(子宮内掻爬)、子宮外妊娠の既往 、腹部手術の既往などがあります。骨盤内臓器の癒着を引き起こす子宮内膜症も一因になります。
    出典 :子宮外妊娠の症状と治療法、手術 [婦人病・女性の病気] All About
     

    もともと子宮関連の病気を持っている人や、お腹周りの病気を持っている人がかかりやすいといえます。とはいえ、これが原因、とは言い切れないというのが一般的な認識のようです。

  • 妊娠初期の子宮外妊娠の症状

     

    では、妊娠初期の子宮外妊娠の症状はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 子宮外妊娠は、妊娠している事には変わりないので妊娠検査薬で検査をすると「陽性反応」が出ます
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠検査薬で検査した時点では正常妊娠か子宮外妊娠かは判断できないので、早急に病院にかかりましょう。

  • 無月経
    不正性器出血を正常な月経と誤認することが多く、初診時には20~30%の妊婦で妊娠を自覚していない
    出典 :日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-子宮外妊娠
     

    卵管に着床してしまったことによる不正出血を生理と勘違いしてしまう人が多いとのこと。そのまま放置しておくと症状が悪化してしまうため、少しでもおかしいと感じたらすぐにお医者さんへ。

  • はじめは自覚症状がありませんが、次第に下腹部痛が起き始め、出血して腹部が膨満していきます。
    出典 :子宮外妊娠 / 病気・ケガの豆知識 - 江戸川区時間
     

    下腹部痛も症状の一つですが、これも生理痛と思ってしまう人が多いとか。痛みの度合いも立っていられないほどの場合もあれば、それこそ生理痛くらいであったり、それほど痛くないと感じる人もいるそうです。

  • つわりの症状が出ることもあり、初期のうちは気づかないこともあります。
    出典 :子宮外妊娠の初期症状
     

    つわりも通常の妊娠でも起こりうる現象だから、自己判断では正常妊娠か子宮外妊娠か判断付きません。

  • こうしてみると、妊娠初期の子宮外妊娠の症状はわかりにくいものが多いようです。しかし、そのまま放置してしまって受精卵が育つと、卵管が耐えきれずに破裂してしまうこともあります。そうならないためにも、検査薬で妊娠がわかったら、また少しでもおかしいと感じたらすぐにお医者さんにかかりましょう。