花粉に負けない肌になろう!メイクとスキンケアのポイント

花粉症の症状はくしゃみや鼻水、目のかゆみだけではありません。最近肌の調子がおかしいと感じているあなた。それはもしかすると花粉や大気中の汚染物質が原因かもしれません。

view131

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉が原因の肌トラブル

  • 季節の変わり目はお肌が敏感になっています。花粉によるダメージも受けやすい肌ともいえます。皆さん花粉の時期にはどんな肌トラブルに悩んでいるのでしょう?

  • 2014年花粉の飛散量予測

     

    昨年ほどではなさそうですが、今年も花粉は飛んでいます。

  • 「花粉症の時期、美容面で困ることは何ですか?」という質問に対して、一番多かった回答が「鼻の周りが赤くなったりピリピリしたりする」(77%)、次いで「顔全体の肌あれ」(55%)、「目のかゆみや涙によるアイメイクの崩れ」(50%)となりました。花粉症が肌あれにも繋がっている方が多くいらっしゃることが分かります。
    出典 :花粉症でみんなが困ること・実践することを徹底調査! - 美肌総合研究所
     

    鼻や目にでる症状による肌の悩みに加えて、花粉が直接肌に影響する肌荒れに悩んでいる方が半数以上を占めています。

  • 花粉が肌に直接触れることで炎症を起こしたり、鼻や目のこすり過ぎで周辺の皮膚が荒れるといったトラブルに悩まされる人も増えています。
    出典 :ユーウツな季節を快適に乗り切る!花粉症対策コスメ [スキンケア] All About
     

    肌のかゆみやひりひり感は花粉が原因かもしれません。

  • もともと花粉シーズンは冬から春にかけての季節の変わり目と重なるため、肌の調子が揺らぎがち。皮膚のバリア機能も低下しやすく、よりトラブルを感じやすいタイミングでもあるといえるでしょう。
    出典 :ユーウツな季節を快適に乗り切る!花粉症対策コスメ [スキンケア] All About
     

    鼻をかんだり目をこすったり、皮膚への刺激が増えることも一つの要因と考えられます。

  • 次に、花粉症時期のお肌の症状をうかがったところ、回答の多かった順に「かゆみが出る」(58%)、「乾燥する(粉っぽくなる)」(43%)、「化粧のりが悪くなる」(40%)という結果に。
    出典 :花粉症でみんなが困ること・実践することを徹底調査! - 美肌総合研究所
  • お肌を花粉から守るには?

  • 対策としては、花粉が皮膚に触れないようメガネやマスクをつけて予防したり、帰宅したらすぐに洗顔をするなどして、皮膚についた花粉を落とすことが大切です。
    出典 :ユーウツな季節を快適に乗り切る!花粉症対策コスメ [スキンケア] All About
     

    花粉に触れないことが重要です。それでも100%防ぐことはできません。ついてしまった花粉はできるだけ早く落とすようにしましょう。

  • 花粉が肌に付着しないようにすることも重要です。肌の露出は避け、メーク時には表面をパウダーファンデーションやフェイスパウダーで覆うようにし、さらっとしておくと花粉が付着しにくくなります。
    出典 :花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学
  • ただしマスクを装着している間に口のまわりに湿気がたまり、それが刺激になって口周辺が荒れる場合があります。また、マスクの素材が合わなかったり、マスクがこすれるなどして肌が荒れることもあるので、自分に合ったマスクを選ぶようにしましょう。
    出典 :花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学
     

    マスク選びも重要なのですね。

  • 会社で外回りをされている方などは、洗顔ができないと思いますので、そういう場合は、フェイスブラシで顔についた花粉を払うのもよいかと思います。
    出典 :花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学
     

    花粉を肌に付けないことが大切です。洋服を払うのと同じように肌についた花粉も落としましょう。

  • メークによって肌の上から1枚膜を作ることで、花粉の刺激を直接受けずに済みます。ファンデーションを薄く塗るようにします。ファンデーションに油分が多く含まれていると花粉が付着しやすくなりますので、仕上げに、パウダーをつけて表面をさらさらに保つようにしましょう。
    出典 :花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学
     

    メイクが肌を花粉から守るバリアの役割をしてくれます。ただし、表面はさらっと仕上げるのが重要。べたついているとかえって花粉が付着しやすくなります。

  • 花粉の時期のスキンケア

  • スキンケアのポイントは、なんといっても優しくケアすることです。
    次に肌表面をさらさらの状態にしておくと花粉の付着を減らすことができるので安心です。

  •  

    たっぷりの泡で洗いましょう。

  • 外出から戻った後は、肌に負担の少ないクレンジングでメークを落とし、洗顔をして肌に付いた花粉を十分に洗い流しましょう。
    出典 :花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学
  • ■洗顔は低い温度のぬるま湯(30℃~32℃)で、泡を良く立てて泡でそっと顔を包んでからすぐに洗い流します。
    →掻いてしまっている箇所は泡はつけるだけで触らないようにします
    出典 :花粉症とスキンケア
     

    熱いお湯は皮脂を奪ってしまうのでかえって乾燥してしまいます。ぬるま湯で優しく洗顔してください。

  • 肌荒れを起こしているときは特に「お肌のうるおいを守りながら洗う」スキンケアを心がけましょう。
    出典 :春編-2 春の肌トラブルの三大要因 | 季節のスキンケアゼミ | 健康美塾
     

    洗いすぎは肌トラブルの元になります。普段以上に優しく洗うことを意識してみてください。

  • この時期はスキンケアアイテムを敏感肌用のラインに切り替えてみるのも一つの方法でしょう。
    出典 :ユーウツな季節を快適に乗り切る!花粉症対策コスメ [スキンケア] All About
  • しかもアレルギーにより思考力低下や倦怠感が現れ、ますます肌はケアどころではなくなります。ということは、花粉の時期は本来の肌ではないと考えなくてはなりません。今までと同じスキンケアで、逆にトラブルを発生させることもあります。“本来の肌とは違う”ということをしっかり認識して、敏感肌のケアを考えてみてください。
    出典 :|冬|季節のトラブル―花粉とスキンケア―|「淳子先生のお肌の学校」シェルクルールのメルマガバックナンバー
     

    普段はノーマルな肌質の方でも、花粉症の時期は敏感肌用の対策が必要です。

  • クリームは、油分の多いものがバリアの役目を果たしてくれますが、ベタベタしていると花粉が付着するので、上からパウダーをはたいて肌をさらっと保つようにしてください。
    出典 :花粉症の時期のスキンケア | スキンケア大学
     

    クリームのべたつきは盲点でした。