【妊娠初期に多い症状】絨毛膜下血腫の出血!絨毛膜下血腫の原因とは?

妊娠初期に見られる絨毛膜下血腫の出血。妊娠中に出血があるととても不安です。絨毛膜下血腫とは何か、どうして出血するのかなど絨毛膜下血腫についてまとめてみました。

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 絨毛膜下血腫って一体なに?

  • 絨毛膜下血腫とは、絨毛膜(卵膜と言われる3層の膜の一つ)の下に血液が貯まっていくことをいいます。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 絨毛膜下血腫とは、子宮壁から胎盤がはがれることによって起こる出血です。
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • 出血を伴う場合も

     

    絨毛膜下血腫には出血を伴う場合もあり、多くのママさんが不安に感じています。

  • 絨毛膜下血腫の原因は?

  • 胎盤が作られる過程で出た血液が貯まっていって血腫となると考えられています。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 胎児の成長に伴い子宮が大きくなるにつれて、胎盤が引き伸ばされたり、少し剥がれたりすることがあります
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • かなり大量に出血することも・・

     

    胎児が成長するに伴い子宮は大きくなります。そのため胎盤が引き伸ばされたり、少し剥がれたりすることがあるのです。これが絨毛膜下血腫の原因です。

  • 絨毛膜下血腫で流産するの?

  • 絨毛膜下血腫は、鮮血が大量に出血する場合も多く不安になりますが、妊娠が継続している限り流産とはならず赤ちゃんは育っていくとされます。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 大半の妊婦が経験する出血ですから特に心配をする必要のない出血であると言えます。
    出典 :appjapan-子宮の内出血の対処法・処置法
  • 絨毛膜下血腫=流産ではない

     

    妊娠中に出血があると流産を想像してしまい不安に感じます。しかし絨毛膜下血腫の場合は多くの妊婦さんが経験するもので、心配はないとされているようです。

  • 絨毛膜下血腫はいつまで続く?

  • 胎盤が完成される妊娠4~5ヶ月には治まっていきます。
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • 胎盤はおよそ妊娠4~5ヶ月程度で安定してくるので、安定期に入ると、この絨毛膜下血腫は徐々に治まっていきます。
    出典 :appjapan-子宮の内出血の対処法・処置法
  • 妊娠4、5ヶ月までに自然と治る

     

    絨毛膜下血腫は妊娠4〜5ヶ月頃までに自然に収まるとされています。安定期頃には収まると考えていればよいでしょう。

  • こんな時は要注意!

  • 出血が何週間も止まらない場合や、他の出血との区別が難しいことも多く慎重に経過を見ていくことになるでしょう。
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • 絨毛膜下血腫の多くは安定期ごろには治まります。しかしこれ以降にも出血があるようだと前置胎盤、あるいは常位胎盤早期剥離の可能性も出てきます。
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • 不安なときは一度病院へ

     

    妊娠4、5ヶ月頃になっても出血が止まらなかったり、何週間にも渡って出血がある場合は要注意です。不安な場合は、一度病院を受診しておくと安心ですね。