美肌に脳の活性化!?レシチンの効果★

レシチンの健康効果はとっても良いのです!
認知症だけじゃなく、美肌にもなる☆

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レシチン

  • ホスファチジルコリンやリン脂質という別称もあるレシチンは、脂質に分類される物質。レシチンが含まれている食品は、卵の黄身や大豆が代表的。
    出典 :【レシチン】細胞膜の材料になる重要な脂質の一種 | ダイエットSlism
     

    卵の黄身と大豆は本当に効果が良いものが多いのです!

  • 人の体はおよそ60兆の細胞からできており、レシチンはそれらの生体膜(細胞膜)の主材料になる重要な物質。レシチンはあらゆる組織・臓器の細胞膜に存在しているが、特に生命の維持活動のためになくてはならない臓器の脳、血液、骨髄、心臓、肺、肝臓などに多く存在している。
    出典 :【レシチン】細胞膜の材料になる重要な脂質の一種 | ダイエットSlism
     

    すごいですよね!

  • レシチンの効果

  • ① コレステロール値を下げ、動脈硬化性疾患を予防し、胆石を防ぐ ② 老化を防止する ③ 脳細胞の活性化を促すので、記憶力を増大させる。 ④ 神経細胞を活性化させるため、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを防ぐと共に これらを回復させる
    出典 :�u���V�`���ɂ‚��āv
  • ⑤ 肌を美しくし、皮膚疾患(シミ、ソバカス)を予防する ⑥ 女性のための特別食品として注目されており、ぜい肉をとり、肥満や妊娠中毒症を防止する ⑦ 高血圧、心臓病、肝臓病、糖尿病、血栓症、貧血症、腎臓病、不妊症などの予防や治療に有効である。また、抗ガン効果も確認された ⑧ その他、各細胞への栄養補給に役立つ
    出典 :�u���V�`���ɂ‚��āv
     

    こんなに良い効果があるのですね!

  • 健康維持に

  • アセチルコリンとは、脳の神経間の情報伝達を行っている物質のこと。アセチルコリンの材料になるコリン(レシチン)が十分にあると、記憶力や認識力など脳の学習機能が維持される。またコリンを摂ると、認知症やアルツハイマーなど脳の機能低下を原因とする病気に罹りにくくなるという報告もある。
    出典 :【レシチン】細胞膜の材料になる重要な脂質の一種 | ダイエットSlism
  • 血中コレステロールを低下させる栄養素を含む食品7つ

     

    血中コレステロール値が高いと、動脈硬化のリスクも高くなってしまいます。一価不飽和脂肪酸、大豆レシチン、水溶性食物繊維など、コレステロール低下の力をもつ栄養素が含まれる食品を意識的に摂って、血管の健康を守りましょう。

  • 食品はこれがある

  • レシチンを含む食品は

     

    ・卵黄
    ・大豆
    ・銀杏
    ・ウニ
    ・ウナギ
    代表的なのはこのあたりでしょうか☆

  • ・レシチンが不足するということは、いわば細胞が故障するようなものですから、私たちの体は、体質悪化、疲れやすい、カゼをひきやすい、脳の疲労、頭痛、不眠、老化現象、冠状動脈疾患、動脈硬化、糖尿病、腸の異常、悪玉コレステロールの沈着など多くの病気の引き金になります。
    出典 :�u���V�`���ɂ‚��āv
  • こんな人におすすめ

  • こんな方におすすめ
    ○記憶力や集中力を高めたい方
    ○コレステロールの数値が高い方
    ○動脈硬化を予防したい方
    ○肝機能を改善したい方
    出典 :レシチン | 成分情報 | わかさの秘密
  • ○美肌を目指している方
    ○ダイエットしたい方
    出典 :レシチン | 成分情報 | わかさの秘密
     

    個人的にはここの効果が一番嬉しい☆