気づいてからでは遅すぎ!妊娠線のケア、いつから?

妊娠線のケア、いつからすれば良いか知っていますか? あ、妊娠線ができてる! なんて気づいてからでは遅すぎなんです!

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線とは

  • 妊娠線(にんしんせん)は、腹部や太ももなどに縦に何本もできる細い線です。妊娠線と言っても、妊娠中だからそう呼ぶだけで、いわゆる肉割れの状態です。別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。妊娠線予防の商品の中には「ストレッチマーク」と記載しているクリームもあります。

    妊娠線は最初は赤紫のような細い筋です。血管よりも細く皮膚の表面に鉛筆で描いたようなラインが出ます。定着してくると赤紫を帯びていた妊娠線は、白っぽくなります。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
     

    この妊娠線、できてしまうとものすごーく目立ちます。

  • 妊娠線ができる確率は、妊婦の50%とも80%ともいわれています。個人差がありますが、だいたい、お腹が大きくなり始める5~7カ月頃からできる人が多く、1本の線の幅は数ミリ、長さは数センチほどになります。
    1本しかできない人もいれば、十数本もできてしまう人もいます。
    出典 :できてしまった妊娠線が消えない理由
     

    妊婦さんなら、誰にでも関係のあるものなのです。

  • 妊娠線のケアは難しい?

  • 皮膚の表面の傷はすぐに治りますが、真皮にできた傷やダメージは治りにくいもの。そのため、次第に目立たなくはなるものの、できてしまった妊娠線は自然に消えることはありません。
    出典 :できてしまった妊娠線が消えない理由
     

    そう、これが問題なんです。妊娠線ができてしまうと、それからケアしてもなかなか消えてくれません。

  • 妊娠線のケアはお早めに!

  • 妊娠線が出やすい時期は、妊娠初期以降、またはつわりが終わり、食欲が急激に増加するのに比例して体重が増加する頃に出始める頃にあたります。
    出典 :妊娠線のできるしくみと予防時期、予防方法 - はっぴーママ.com
     

    つまり、妊娠してすぐの時から妊娠線ケアについて考えておかないといけないのです。

  • 妊娠線を予防するためには、体重をコントロールして急激なサイズアップを防ぐこと。
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
     

    一気に体重が増えると、その分だけ妊娠線ができやすくなります。食べるものに気をつけて、体重をしっかりコントロールしましょう。

  • 妊娠中の体重をできるだけコントロールしておけば、出産後にスタイルを戻す時も楽ちんです。

  • 肌にはうるおいを与え、ハリのある柔らかい状態にしておくことが大切
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
     

    水分が足りていないと、肌がさけてしまいやすくなってしまいます。

  • 妊娠線専用クリームなどで肌を柔軟に保ちましょう
    出典 :妊娠線のできるしくみと予防時期、予防方法 - はっぴーママ.com
     

    妊娠線ケアのための専用クリームもあったりします。もちろん、保湿のためのボディクリームなども効果的。優しくマッサージしてあげましょう。

  • 気づいてからではケアは遅いんです。きちんと予防し、妊娠線とは無縁の生活を目指しましょう!