生理不順はホルモンの乱れが原因

生理不順の原因と対処方法についてまとめています。

view56

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 正常な生理は

  •  

    思春期から閉経を迎えるまで、妊娠中以外は、ほぼ月に一回、一定の周期で生理があります。

  • 正常な生理の周期は、生理の開始から、次のが始まるまでの24~45日で、これは生理の初日から次の生理が始まる前日までの日数です。この範囲を外れる場合が生理不順です。
    出典 :生理不順の原因
  • 月経が続く期間は、一般に4~7日です。
    出典 :生理不順、生理痛のために
  • 正常な生理では、レバーのような塊が見られない状態で、1回の生理でトータル40~60グラムの出血量があります。
    出典 :更年期の生理の変化
  • 生理が開始したばかりの思春期の生理不順は、卵巣や子宮の未熟さ、卵巣機能の低下が原因です。
    出典 :生理不順
  • 20~40歳代の成熟した女性の場合は、生活習慣や女性ホルモンバランスの崩れが原因となっていることが多いようです。
    出典 :女性ホルモンを整える
  • ホルモンを乱すと生理不順の原因に

  •  

    ・朝食を抜くような不規則な食事
    ・激しい運動
    ・無理なダイエット
    ・慢性的な疲労
    ・失恋、関係のもつれなど精神的なストレス
    ・転職・引っ越しなどの環境の変化

  • 生理不順は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因のこともありますが、たいていは、心身のストレスや環境の変化が引き金になって、ホルモンの分泌が乱れるのが原因です。
    出典 :生理不順のブログ - livedoor Blog(ブログ)
  • 生理周期が、先月は40日、今月は25日などと月によって変わります。
    これは若い時によくあることですが、最近は、排卵のない生理や一時的に無月経になるケースも増えています。
    出典 :生理不順
  • 生理不順が続くなら基礎体温表をつけましょう。

  •  

    一番怖いのは自分が月経不順であるなど、トラブルが起きていることがわかってないことです。

    わかってないと対処のしようがありません。

    そのために基礎体温表をつけて月経周期を知り、できるだけ早く対処する必要があります。

    妊娠する、しないに関わらず、月経不順は婦人科系の病気のサインである可能性もあるからです。

  • 生理がなくなったり、ひんぱんに月経周期が乱れるときは必ず婦人科を受診しましょう。できれば基礎体温表を付けていれば診察する際に役立ちます。
    出典 :基礎体温表の作成とチェックポイント
  • 生理の周期が乱れたり、経血量や生理が続く日数が変化したり、多くの女性が、生理の周期の乱れから、更年期に入ったことを意識します。
    出典 :更年期の生理の変化