社会性不安障害についてのまとめ

社会性不安障害の特徴や症状に関して情報をあつめてみたので
参考にしてみてくださいね

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 社会性不安障害(SAD)とは

  • 社会不安障害はSADともよばれる症状の事を言います。強い不安を抱き易く、人前で会話をしたり人の前で行動をするのが苦手な症状の事を言います。対人恐怖症の一部だと言われていますが、社会不安障害特有の症状があるのです。
    出典 :社会性不安障害(SAD)について
     

    対人恐怖症の一部と言われているのですね
    しりませんでした

  • 不安障害につきもの

     

    これが劣等感だと思います
    わたしの経験上ですが
    自分に自信が持てないという事が
    かなりのネックになってくると
    おもうのです

  • 社会不安障害の特徴として多いのが、劣等感が強く自分に自信が持てないと言う事です。人前での行動が不安になり上手く行動が出来なくなってしまったり、変な人と思われるのではないかと不安に感じてしまうでしょう。他人の評価に敏感になってしまう人も多いのです。
    出典 :社会性不安障害(SAD)について
     

    他人の評価に敏感になってしまう人も多いのですね

  • こんな状況が不安?

  • •会議などで発表したり、意見を言ったりする
    •人前で電話をかける
    •権威ある人(学校の先生や職場の上司)
    や良く知らない人と話をする
    •多くの人の前で話したり、歌を歌ったりする
    出典 :社会性不安障害(SAD) | e治験.com
     

    人前で電話をかけるのは良いですが、多くの人の前は緊張しますね

  • •趣味のサークル、PTA、ゼミ等のグループ活動に参加する
    •レストラン、喫茶店、居酒屋等で飲食をする
    •職場や学校など、人前で仕事をしたり字を書く
    •会議やゼミ等他の人たちがいる部屋に入る
    •人と目を合わせる
    出典 :社会性不安障害(SAD) | e治験.com
     

    これら以外にも来客を迎える時や自分を紹介されても
    緊張や不安を抱える事になるそうです

  • どんな症状がある?

  • 緊張感が高まり、「発汗する」「手足が震える」などの症状が現れ、「周囲に不信感を持たれるのではないか」という不安や恐怖を感じます。そうなると、このような症状がまた現れるのではないかという「予期不安」にさいなまれ、次第に症状が現れた状況や行為を避けるようになります。
    出典 :人前で過度に緊張する・・・社会不安障害
     

    このようなものを回避行動というそうです

  • ● 赤面恐怖症・・・ 人前に出ると緊張感が高まり、顔が赤くなる。 ● 発汗恐怖症・・・ 緊張により発汗し、ハンカチなどを持たないと落ち着かない。 ● 対人恐怖症・・・ 周囲の視線が気になり、恐怖や震え、めまいなどを感じる。自分に対する他人の評価に強い不安を感じる。
    出典 :人前で過度に緊張する・・・社会不安障害
     

    こちらは症状の例です

  • ● 書痙・・・・・・・・・ 人前で文字を書こうとすると、緊張と不安により手が震える。 ● 場面恐怖症・・・ 緊張して声が震えるなど、人前でうまく発言できない。 など
    出典 :人前で過度に緊張する・・・社会不安障害
     

    このようなものも症状の例になります

  • 治療法は二種類

  • 治療法は

     

    薬物療法と
    心理療法
    この二つに分かれているそうです

  • ここ数年で急激に患者数の増えた精神科・神経科ですから、医師もスタッフも時間がありません。個人のクリニックや患者が殺到する病院ならば尚更だと思います。ですから実際は前者の『薬物療法』を執るケースが多いかと思います
    出典 :社会不安障害(SAD)
     

    対応できない状態が増えてきているようですね

  • 社会不安障害の治療には、主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を使用します。SSRIは第3世代の抗うつ薬で、脳内のセロトニンのバランスを整えます。服用後、効果が現れるまでには個人差があり、約2週間から8週間で徐々に症状が緩和されます。
    出典 :人前で過度に緊張する・・・社会不安障害
     

    薬物療法の概要はこちらですね