多い不妊原因について

女性側の原因・男性側の原因を、可能な限り記載しています。ご参照ください。

  • S 更新日:2014/03/09

view206

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊症の原因で見逃されているのが、セックスの仕方です。

    不妊には、医学的な不妊症と、
    子づくりセックスがしっかりと為されていない「不妊」があります。

    不妊というと、医学的な事に飛びついてしまいますが、
    子づくりの原点はやはり、セックス。
    もう少しこのことについて、追求されてみてはいかがでしょうか?
    出典 :不妊症・・・ここ最近良く聞きますが原因ってありますか? - 不妊 - 教えて!goo
  • 痩せすぎや太りすぎ

  • 不妊症の本を読まれる方はご存知かと思います。
    痩せすぎたり太りすぎたり、両極端の場合、不妊症になりやすいそうです。

  • 統計的に見ると、肥満の人は適正体重の人に比べると以下のリスクが有ります。 糖尿病にかかる確率は 5.0倍 痛風 2.5倍 胆石・不妊症 3.0倍 心疾患 2.0倍 高血圧 2.5倍 関節障害 1.5倍 健康のために日々気をつけましょうね♪
     

    太りすぎると不妊症だけでなく多くのリスクがあるようです。。。

  • 偏った食生活

  • 偏った食生活は、どんな病気にも良くないことです。
    規則正しい食生活をしていれば痩せすぎることもなく、太りすぎることもなくなります。

  •  

    環境・ストレスなどなど。
    挙げるとキリがありません。

  • 妊娠しやすくするためには、偏食をなくし、栄養バランスの良い食事を摂ることです。

  • 『不妊体験者から学べること』~食生活を徹底的に見直し、三食バランスよく食べるようにした。(40代女性)… 携帯=>http://t.co/SUJA818mI3
  • 規則正しい生活をしていて飲酒・喫煙をしていない人でも、不妊症にはなります。
    不妊症は誰にでも起こる可能性を秘めています。

  • 冷え症

  • 冷え症の人も、不妊症になり易いそうです。
    血行を良くなれば、妊娠しやすくなります。
    血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させる作用があるEPAを多く含む「魚」を食べるのがオススメです。

  • 身体の、不妊に関するホルモンは冷え症になります。

    冷えが先か、ホルモンの崩れが先かと、いたちごっこのような関係なのです。
  • 男女原因の比率

  • 女性側の原因だと、以下の通りです。
    ・卵管障害
    ・排卵障害
    ・子宮の異常
    ・子宮頸管の通過障害
    ・膣や外陰部のトラブル

  • 「不妊症」とは、産婦人科的には「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」をいいます。
     健康な男女が結婚して通常の性生活を営んでいる場合、1年以内に約80%、2年以内では約90%が妊娠しているとの結果が出ています。つまり、赤ちゃんが欲しいのに恵まれないという人も多く、夫婦の10組に1組が不妊症に悩んでいるということになります。
     また、不妊症の疑いがない男女が、排卵日にセックスをしても、妊娠する確率は20%程度といわれています。このように考えると、赤ちゃんの誕生は、意外に簡単ではないことがわかります。
    出典 :【不妊症とは】 花王 ロリエ
  • 中には男性に原因がある場合もあります。
    勿論男性向けの治療もしてもらえるので、女性に問題無いのが判明しているのであれば、早めの受診をしてもらいましょう。
    男性側の主な原因は、以下の通りです。
    ・性交障害
    ・精管通過障害
    ・精子の異常
    ・全身的な疾患や疲労

  • 妊娠に至らない原因は、卵子を作り出す排卵機能に問題があったり、卵管に問題があって受精ができなかったり、子宮に問題があって受精卵が子宮内膜に貼りつかなかったりなど、さまざまです。不妊治療においては、この原因の特定が非常に難しいと言われています。不妊治療に時間がかかるのは、この原因の特定が難しいからです。尚、女性の側に原因があって妊娠ができない確率は全体の42%で、男性の側に原因があって妊娠できない確率は全体に24%です。この数字から言えることは、不妊は決して女性の側だけに原因があるわけではないということです。夫婦の双方が検査を受け、治療を受けることが重要です。
    出典 :不妊治療まるわかり - 不妊の原因〜治療の種類までわかりやすく解説!