妊婦の方は絶対に知っておいて!【アロマ】妊娠中は危険な物もある!?

アロマテラピーは危険な物もおおくあります
ほとんどダメと言われている所もあるそう
そんなアロマの良しあしのまとめ!

view703

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 質問している人は多いそう

  • 「妊娠中はアロマテラピーできないの?」「妊娠中に使えない精油は?」 というのがあります。で、ダメと言われる精油も、実は専門家によって意見が一定でない面がありまして。。(ごく普通のアロマテラピーで流産なんてあり得ない、という説もあります)
    出典 :妊娠中のアロマテラピー
  • 妊娠中は禁忌とされる精油はいくつもありますが 基本的には、あまり聞かないような名前の精油は、妊娠中は避けた方が無難、とお考えくださいね。(セージ、オレガノ、クローブなど名前は一般的ですが禁忌とされる精油もかなりありますから、ご注意を!)
    出典 :妊娠中のアロマテラピー
     

    禁忌のものもやはりあるようです

  • 妊娠中に使用してはいけないアロマリスト

  • 妊娠中に使用してはいけないアロマ

     

    •カモミール
    •タイム
    •バジル
    •ヒノキ
    •セージ

  • •オレガノ    •ジャスミン   •ペパーミント•フェンネル   •スペアミント  •ゼラニウム•アニスシード  •サイプレス   •シナモン    •シダーウッド  •レモンバーム  •ラベンダー   •ローズ     •ローズマリー  •スイート    •マージョラム  •クローブ    •ヤロウ
    出典 :妊婦さん必読です!妊娠中に使っていいアロマ、使うと危険なアロマ | 美容ブログ [女性の美学]
  • 他にもあるよう

  • ●妊娠初期から安定期に入るまでは使用してはいけない精油 ゼラニウム、ラベンダー、カモマイル、メリッサ、イランイラン
    出典 :アロマテラピー。妊娠中のアロマテラピーについて
     

    この辺は初期から安定期と言われていますが
    基本的に避けた方が無難でしょう

  • 妊娠中使用してはいけない精油

     

    クラリセージ、ペパーミント、マージョラム、サイプレス、ジュニパー、バジル、
    スウィートフェンネル、パセリ、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、シダーウッド、
    ミルラ(没薬)、レモングラス、セージ、ヒソップ

  • 何故駄目なのか

  • アロマには通経作用のように月経を促し、正常にさせる働きのあるものや、ホルモン用作用といったホルモンに影響を与えるものなどがあります。妊娠中の女性の体はデリケートですから、それらの作用によって血流やホルモンの働きに影響があると、流産しやすくなったり、お腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼすことが考えられるのです。
    出典 :妊婦さん必読です!妊娠中に使っていいアロマ、使うと危険なアロマ | 美容ブログ [女性の美学]
  • マッサージなど直接肌に塗るという使い方は避けた方がいいとされています。芳香程度なら大丈夫、という意見もありますが1日中アロマを炊いている、などの使い方は控えましょうね。特に安定していない時期のアロマの使用は避けた方がいいでしょう。
    出典 :妊婦さん必読です!妊娠中に使っていいアロマ、使うと危険なアロマ | 美容ブログ [女性の美学]
  • こんなのは良いそう

  • 何百倍も濃い精油とは違い、ハーブティーは妊娠中の健康管理のために大変有効です。 子宮や子宮筋を強壮し、ビタミン、ミネラルを含むラズベリーリーフがおすすめです。これは妊娠、出産、授乳すべての期間に飲むとよく、子供の下痢の時に飲ませるとよいです。
    出典 :アロマテラピー。妊娠中のアロマテラピーについて
  • つわりがひどい時期は妊娠初期にあたりますから、あまり精油を用いない方が無難です。なるべくハーブティーなどで乗り切って下さい。また栄養事情のよい現代ですから、入院するほど重症でないならば、無理矢理食べる必要はありません。食べたい物だけを食べ、憂鬱な気分をまぎらわすようにしましょう。
    出典 :アロマテラピー。妊娠中のアロマテラピーについて