美肌をつくる!上質な睡眠の取り方のポイントは?

上質な睡眠で美肌がつくられる、って聞いたことありますよね。でももちろん、ただ眠ればいいというものではありません。睡眠の質を上げるも下げるも自分次第ですよ!ポイントは心と体に優しい夜の過ごし方にあるようです。

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠中に分泌される成長ホルモン

  • 睡眠中に分泌される成長ホルモンとは…

  • 成人にとっては体の機能を正常に働かせて維持していくものであり、生きていくうえで欠かせないホルモンなのです。
    出典 :美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」 | スキンケア大学
     

    それはそれは大事なものです!

  • 睡眠不足でこの成長ホルモンの分泌が滞ると、代謝が悪くなったり、病気になりやすくなったり、細胞の結合が弱くなったりとすべての不調を招くことになります。体が上手く機能しなくなると、一番影響を受け、目に見えて変化するのはやっぱりお肌!
    出典 :美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」 | スキンケア大学
     

    もはや睡眠不足は、すべての不調を招くと言ってもいいくらいの大問題です!

  • 健康な肌のターンオーバーは4週間周期で行われていますが、これが乱れると、様々な肌トラブル引き起こします。
    出典 :2/5 美肌の早道は「睡眠エステ」基礎編 [スキンケア] All About
     

    肌のターンオーバーとは、肌が生まれ変わることです。

  • 成長ホルモンって、いつ分泌されるもの?

  •  

    美肌がつくられるという成長ホルモンの分泌する時間というのは、睡眠中のいつ頃のことなのでしょうか。

  • “深睡眠”は体や脳の休息(修復)や体の成長など、体の機能を維持するための重要な役割を担っており、眠り始めの3時間に多く出現するといわれています。
    出典 :ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About
  • もちろん22時に寝ることが理想的ではありますが、今のライフスタイルとは合わないという意見も多いのです。その代わりに「眠り始めの最初の3時間の質を高める」という方法があります。それは最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されることが分かってきているためです。
    出典 :美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」 | スキンケア大学
     

    22時から深夜2時までが「お肌のゴールデンタイム」とはよく聞いたことがありましたが…
    たしかに実際は難しいですよね。
    眠りはじめの3時間でもいいなら、ぜひそこに賭けたいです!

  • 睡眠中のスキンケア

  •  

    今日も一日がんばった自分の体と向き合い、眠った後の時間を思ってゆったり準備する。
    これこそ自分だけの、贅沢なスキンケアですね。

  • 上質な睡眠に欠かせないのが、脳がしっかり休んでいる状態の「ノンレム睡眠」と、筋肉の疲労回復に役立つ「レム睡眠」を交互に繰り返すメリハリです。
    出典 :健康ダイエット 良質な睡眠がカギだった!ニキビ跡を治すケア - Yahoo!ヘルスケア
     

    上質な睡眠にするもしないも、自分次第です!
    睡眠の質の上げる良い方法には
    どんなものがあるのでしょう?

  • 睡眠中は血流量が増加します。これはリラックスすることで副交感神経が優位になるため。血流に乗って栄養(主に成長ホルモン)が全身の隅々に送られるため、肌はもちろんのこと、様々な部分の調子を整えてくれるのです。
    出典 :美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」 | スキンケア大学
     

    なので目尻や口周りといったデリケートな部分にもたっぷりと美容成分を塗って眠ると良いそうですよ!
    そういった眠る前の下準備が、睡眠中のスキンケアを滞りなく進めてくれるようです。

  • 睡眠の質を上げるためにできること

  •  

    夜にあれやりたい、これやりたいは一旦お休みして、夕食をとる頃からスロウダウン。本日の眠りを意識する時間として過ごすスキンケアにトライしてみては?

  • つまり、スムーズに眠りにつき、質の良い、深い睡眠を得ることは、美肌作りにも有効なのです。
    出典 :ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About
     

    成長ホルモンが分泌される時間にしっかりと眠ることが美肌に繋がっているんでしたね!

  • 人間がスムーズに深い眠りに就くためには、脳などの温度である深部体温が下がっている必要があります。
    出典 :健康ダイエット 良質な睡眠がカギだった!ニキビ跡を治すケア - Yahoo!ヘルスケア
     

    すとんと体温が下がることが、上質な深い眠りにつくための条件になるわけですね。
    上手に体温を下げるには、どんなことが出来ますか?

  • また、質のよい睡眠をとるために工夫をすることも大切です。食事は寝る3時間前までに、お風呂はぬるめで1時間前までに、寝る直前のTV・ネット閲覧は避けて、本や写真集などを見るのがおすすめです。さらに、寝る1時間ほど前から部屋の照明を落として、体をリラックスモードにしておくとベターです。
    出典 :美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」 | スキンケア大学
     

    どうやらキーワードは「リラックス」のようです。

  • 「首もと」と「目もと」は、短時間で心地よい温かさを感じることができる部位。就寝の30分くらい前に、首もとや目もとをやさしく温め、心と体をリラックスモードに切り替えましょう。
    出典 :2/2 ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About
     

    締めくくりは、「首もと」と「目もと」の温めというところですね。
    快適睡眠で、こころもお肌も元気になりますように!