しっかり準備をしておこう「水中出産を産院」でするには

水中出産を産院でするにはしっかりと準備をしておくことがとても重要になるのです。

view56

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水中出産を知ろう

  • 水中分娩とは、人肌程度の温水の出産用プールに入り、その中で出産する方法です。温水は体と心をリラックスさせ、陣痛を和らげる効果があると言われています。水中分娩は、この作用を利用し、麻酔を使わずに陣痛の痛みを和らげることができるといわれています。
    出典 :水中出産が出来る全国の産婦人科【☆ハッピー妊娠&育児ライフ☆】
     

    陣痛の痛みに耐える事が出来ないと考える人も多く選ばれるとされているようですよ。

  • 水中出産はより自然なお産がしたい人や産まされるのではなく自分の力で産みたいという人に選ばれているアクティブ・バースの一つの方法と考えられています。また、お腹の中の赤ちゃんにとっても水中に生まれ出てくる事は抵抗が少なく、出産時の衝撃も少ないことから、赤ちゃんにとっても水中出産は楽な方法と考えられています。
    出典 :水中出産が出来る全国の産婦人科【☆ハッピー妊娠&育児ライフ☆】
  • 水中出産は

     

    どこの産院でも行っているわけじゃないという事をしっかりと頭に入れておきましょう。取り扱っている所ではないとうまく出来ない事もあるのです。

  • 準備が必要なのです

  • アクティブバース概念の普及もあり、水中出産を希望し、実際にこの方法で無事に出産をしたママも多くいるようです。体験談などを聞いて「是非私もやってみたい」と思う方もいるのではないでしょうか?しかし当然のことながら、水中出産にはリスクも伴います。出産に対する考え方はさまざまで、賛否両論もあるようです。
    出典 :水中分娩.com
  • また、事前の準備として、勉強会への参加、出産に必要な体力をつけるトレーニング、なにより正確な知識を備える必要があります。出産に対して「自分が産むんだ」という強い気持ちと心構えを持つことが必要とされます。そのため、まずは自分がどんなお産をしたいのか、ということをよく考えることが大切です
    出典 :水中分娩.com
  • 豊島産婦人科がある

  • 豊島産婦人科が水中出産を取り入れるようになったのは90年代の初頭。日本のクリニックの中ではかなり早い時期からの取り組みでした。今では、出産全体の5分の1が水中出産というほど、ここでは日常のお産の風景の中に溶け込んでいます。
    出典 :豊島産婦人科医院/産院情報:babycom(ベビーコム)
  • バースプールはイギリス製。楕円形で、ゆったりとしたひとり用のお風呂くらいの大きさです。この中で陣痛期を過ごすこともできますし、赤ちゃんを産むこともできます。
    出典 :豊島産婦人科医院/産院情報:babycom(ベビーコム)
  • バースプールのまわりにはカーテンがひかれ、部屋の中でもうひとつの空間を演出しています。照明を落とし、音楽をかけリラックスできるような配慮も。水中出産の特徴は、お湯をつかったリラックス。和痛の効果もあります。
    出典 :豊島産婦人科医院/産院情報:babycom(ベビーコム)
  • 通常の分娩費用に特別料金がプラスされることがほとんどです。ただ、いわゆる「自然分娩」以外の方法を選択した場合、費用については基準がないのが現状です。
    出典 :水中分娩.com
  • 自然分娩の費用にプラスされることがほとんどですが、+1~2万円の病院でOKの病院もあれば、数十万円単位で加算される病院もあります。 ホームページを持っている病院・産院であれば、そこにだいたいの費用が掲載されていることもあります。ぜひ参考にしてみましょう。
    出典 :水中分娩.com
  • 参考になるリンク集

  • 水中出産は

     

    事前の準備として、勉強会への参加、出産に必要な体力をつけるトレーニング。なにより正確な知識を備える必要があります。だからこそしっかりと知識を付けておきましょう。