ストレス社会はコルチゾールが増えている!

ストレス社会におけるコルチゾールの量は増えているのですが
これが健康に悪影響なのです

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コルチゾールというものは

  • コルチゾールとは、副腎皮質から分泌される物質で、糖・脂肪・電解質などの代謝、血圧の調整に関わるステロイドホルモンである。ストレスホルモンの一つであり、ストレス刺激が加わると分泌される。
    出典 :コルチゾール | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    ストレス刺激が加わると増えていってしまうのです

  • ストレスや鬱病などで高値を示す

  • ストレスに関与し、過度なストレスを受けると分泌量が増加しますが、その反応はとても敏感です。ストレスホルモンとも呼ばれています。過度なストレスに気をつけましょう コルチゾールの検査は、副腎皮質や下垂体、視床下部の異常が疑われる場合や、糖尿病・肥満の原因を調べるために行われます。
    出典 :コルチゾールの検査:ストレスに敏感に反応するホルモン
     

    このような物の判断基準になるそうなのです

  • どこの誰でも

     

    ストレスはためているものですね
    そのストレスが体をむしばむ結果になるのは
    コルチゾールの効果かもしれませんね
    うつ病にもつながりかねないようなので
    注意したい所です

  • 慢性的になると・・・

  • 何週間、何ヶ月と慢性的にストレスが続くと、コルチゾールはその間、閉め忘れた蛇口からの水のように、ずっと垂れ流し状態になるというわけです。そして、ダイエットによるストレスは、何ヶ月、 何年と続きますが、その間、24時間、毎日、 絶え間なくコルチゾールがあなたの体内で流れ続けるのですね。
    出典 :コルチゾールとはそもそも何? >> むくみ(浮腫み)の原因&治す方法
     

    こんな事になってしまうのです

  • さて、このコルチゾールの働きなんですけど、 前回お話した、細菌に対する免疫力の低下のほか、ダイエットに直接影響があることとして、 水分代謝とエネルギー代謝があります。
    出典 :コルチゾールとはそもそも何? >> むくみ(浮腫み)の原因&治す方法
  • どんな悪影響を与えるのか

  • 免疫機能の低下や食欲増進、高血圧、脳にある海馬が萎縮したり、自律神経系の乱れて交感神経が優位になるなどの副作用が現われる。さらには、筋肉(タンパク質)を分解してエネルギーとしてしまう。
    出典 :コルチゾール | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    これは嫌ですよね

  • 脂肪をため込んでしまう事も

  • 睡眠の質がコルチゾールに影響しており、質が悪くなることによりコルチゾールの分泌量は増え、脂肪を溜め込むようになる。
    出典 :コルチゾール | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • こんな病気が疑われる

  • 高値…クッシング症候群、ストレス、うつ病、神経性食欲不振症など低値…アジソン病、先天性副腎皮質過形成、ATCH不応症、下垂体性副腎皮質機能低下症、副腎皮質ホルモン薬の服用など
    出典 :コルチゾールの検査:ストレスに敏感に反応するホルモン
     

    気をつけたいですね

  • ストレスを発散して

     

    コルチゾールをため込まないように
    する事もこの社会で生きていく為に
    必要な事かもしれませんね