春は心も体も不安定・・・「春うつ」にならない方法とは?

春は心も体も不安定・・・「春うつ」にならない方法とは?

春は色々と不安定な季節。
ウキウキするはずの春なのに・・・
ちょっとブルーな気持ちにもなったり・・・

それってもしかしたら「春うつ」かもしれません!
せっかく暖かくなってきたのですから、
その不安定さを解消する方法、まとめてもました!

view354

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 春は・・・「うつ」になりやすいのです・・・。

  • 春うつとは?

  • 3~5月の春に一番多い季節的うつ病の一種で、多くの人達がこの時期にストレスを抱えてうつっぽい症状が出やすくなるといわれています。春は新しい仕事や環境など、様々な事柄が変わる時期なので、心身共にデリケートになっているのです。
    出典 :【MY SELF】春を楽しめない? この時期に起こる『春うつ』の発症と対策を教えます。 | GENXY
     

    ストレスが原因・・・。

  • その他にも、こんなことも原因に?

  • 春のうつ症状

  • ○引っ越し

     

    うつ病は環境の変化で一番なりやすいと言われており、一番多い環境の変化は引っ越しです。引っ越しはかなりの時間と労力を有し、また環境が変わって慣れるまでに時間がかかる為、大きなストレスを受けやすくなります。

    引用)http://genxy-net.com/world_top01/my-self-haruutsutoha/

  • 女性ホルモンに原因が…

  •  

    更年期障害も頭痛、腰痛、イライラ、鬱々といった自律神経失調症と同じような不定愁訴がみられます。ただ、その発生メカニズムは、若い世代のそれとは少々異なり、こちらはホルモンが関係しています。女性の体は、40歳あたりを境にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が右肩下がりで減少しはじめます。

    引用)http://www.nstimes.info/04-2013/balance.html

  • 出会いと別れの季節、新天地への不安・緊張・・・。5月に起こりやすい「五月病」を待たずして、3月と4月も過度の心理変化による体調不良には十分気を付けたいところです。予防としては、「栄養」と「睡眠」を十分にとり、適度な「運動」を心がけることが必要です。「はい、はい、わかっています」という声が聞こえてきそうですが、実は皆さんが思っている以上に大切なことです。環境の変化に対応させるためには自分の免疫力をベストの状態にしておくことが必要ですし、「栄養」と「休息」がそれに当たります。また、うつ病に代表されるさまざまな精神疾患には、脳内血流が関係しています。つまり、「運動」により血流の悪化を防ぐのです。
    出典 :春のうつ症状1 - 漢方で1日1善【by 漢方の健伸堂薬局】
     

    うつ病は「脳内血流」に関係している?

  • ■気分を憂鬱にするのは「脳」だった

  • 幸せだと感じる心は、なんと周囲の環境やきっかけはあまり関係なく、「脳」が判断をするそう。すなわち、脳が「どのように処理するか」によって感情の動きが左右されるということ。ですから、マイナス思考を続ければ続けるほど、客観的にはハッピーに見える事象も脳には「現実は苦痛なもの」だとインプットされてしまうので、さらにネガティブな状態に拍車をかけ、負のスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。「どうも前向きに考えられない……。」と感じる方は、脳習慣を変える必要があるのかもしれません。
    出典 :脳を鍛えればキレイになる!「春ウツ」に陥らない脳トレーニング5つ | 「マイナビウーマン」
     

    環境ではなく、あなたの“脳”がどう考えるか・・・ちょっと意外な感じです。

  • 「春うつ」の解決方法とは?

  • 朝型生活に切り替える

    とても基本的な事ですが、とても大切な事。脳は太陽が昇ると同時に活発に動き、沈むとリラックスするようにつくられています。疲れた身体や、肌を修復する成長ホルモンをしっかり分泌させて、身体に正しいリズムを刻みこむにも朝型生活に切り替えるのは必須ですよ!
    出典 :脳を鍛えればキレイになる!「春ウツ」に陥らない脳トレーニング5つ | 「マイナビウーマン」
     

    起きた時に朝日を浴びるのは、体にとっても良いのです!これはカンタンに実践できますね♪

  • ビタミン補強で自律神経のバランス調整

    ビタミンA、B群、C、Eには、自律神経のバランスを整える働きがあり、これらが不足すると、イライラ、不安感、無力感、免疫力低下、食欲不振、頭痛、肌荒れなどといった症状があらわれます。なんと、自律神経失調症と思いこんでいたら、じつはビタミン不足だったというケースもあるほど。では、不足するとどうなるのでしょうか?糖質の代謝に欠かせないビタミンB1が不足すると中性脂肪がたまりやすくなり、一方でエネルギーが足りないので疲れやすくなります。抗酸化作用のあるビタミンCは、不足するとシミ、ソバカスの色が濃くなったり、肌の張りが失われたりします。水分代謝や脂質の代謝、ストレス対応などにも支障がでてきます。
    出典 :肌のぶつぶつ、心のうつ 春のトラブルは自律神経のバランス崩れかも?│ナターシャ・タイムズ 最新のホリスティック/酵素栄養学をベースにした健康管理&ダイエット情報-
     

    ビタミン不足がこんなことに・・・気をつけましょう!