子宮内膜症は腸や膀胱にできることもある。

生殖可能な女性の約10%に見られる子宮内膜症。腹膜や卵巣に出来ることが多いのですが、腸や膀胱に出来ることもあります。発見が難しいので、原因不明の血尿や血便で片付けられることもあります。診断にはMRIゼリー法が有効です。

view230

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加