大腸がん検診で陽性が出ても必ずしもがんではありません!

大腸がん検診で陽性の結果が出たからといって必ずしも皆ががんであるとは限りません。便に血が混じる理由はいろいろあります。しかし、絶対にがんでないとも限りません。便潜血検査で陽性反応が出た場合は、内視鏡検査などの精密検査を受けましょう。

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな検査をするの?

  • 大腸がん検診では主に問診と便潜血検査(べんせんけつけんさ)を行います。
    出典 :大腸がん検診 - 大腸がん情報サイト
  • 大腸ガンの多くは大腸(下部消化管)の出血を伴うので、便に血液が混入しています。この検査では便中に混入した血液(ヘモグロビン)を検出し、大腸での出血の有無を確認しています。
    出典 :便潜血反応検査−人間ドック、生活習慣病健診施設 社会医療法人財団 石心会 アルファメディック・クリニック
  • どこで受けられるの?

  • 大腸がん検診は、市区町村や職場が実施する集団の検診に参加するか、病院や人間ドックに個人で申し込むことで受けられます。
    出典 :大腸がん検診 - 大腸がん情報サイト
  • 便潜血検査の費用は?

     

    費用は1,000~2,000円程とそれほど高くはありません。また、自治体などから補助が出る場合もあり、無料で受けられる場合も多いです。

  • 大腸がん検診で陽性が出たら?

  • 大腸がん検診で陽性(便潜血あり)になったときは、必ず内視鏡(カメラ)検査を受けましょう。内視鏡検査は、通常、入院の必要はありません。ただ、大腸に便が残っていると検査の精度が低くなるので、下剤を飲み、事前に便を出し切っておく必要があります。
    出典 :医療生協さいたま:(5)大腸がん 便潜血が陽性になったら?
     

    検査の時間は通常15分程度のようで、長くても1時間ぐらいで済むそうです。

  • 陽性でも大腸がんとは限らない

  • 1万人の人が大腸がん検診を受けると約500~1,000人の人が要精検となり、その人達が精密検査を受けた結果、10~15人の人に大腸がんが見つかるということになります。従って便潜血陽性だからといって必ずがんがあるわけではない事がおわかりいただけるのではないかと思います。
    出典 :大腸がん
  • 大腸がんが発見されたら?

  • 内視鏡検査を受け、大腸がんと診断された場合、早い段階であれば、内視鏡でがんを取ることができます。がんが進行していて、内視鏡では取れない場合は、手術となります。
    出典 :医療生協さいたま:(5)大腸がん 便潜血が陽性になったら?
  • 大腸がんを予防しよう

  • 大腸がん予防のポイント

     

    1.脂肪を摂り過ぎないようにしましょう。
    2.食物繊維を十分に摂って便通を整えましょう。
    3.酒やタバコは控えめにしましょう。

  • 年に1度は検診を

     

    40歳以上の方は、年に1度は大腸がん検診(便潜血検査)を受けるようにしましょう。