知っておこう!「脊髄炎の症状」について!簡単なものじゃない!

脊髄炎の症状について知っておこう!脊髄を病気になると色々な症状に悩まされる事になるのです。

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脊髄炎とは

  • 脊髄は頸髄(けいずい)、胸髄(きょうずい)、腰髄(ようずい)、仙髄(せんずい)からなりますが、このどこかに炎症が生じた時に脊髄炎といいます。急性に症状が現れた時には脊髄炎、慢性に経過する時には脊髄症と呼ぶことが多いようです。脊髄には狭い場所に神経が集中しているため、小さな障害でも重い後遺症を残すことが懸念されます。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 脊髄炎と一口にいっても

     

    急性散在性脳脊髄炎、慢性疲労症候群、横断性脊髄炎、視神経脊髄炎など色々な脊髄炎が存在しています。これら全てをまとめて脊髄炎とする所もあるようです。簡単ではないですよね。

  • ふつう、単に脊髄炎といったときには、急性横断性脊髄炎(きゅうせいおうだんせいせきずいえん)のことです。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
     

    基本的にはこちらの事を示すようですね

  • 脊髄炎の症状について

  • 脊髄は、脊柱管のなかにあって、長い束状のものです。脊髄には脳から身体全体に行く、運動神経、知覚神経、内臓神経などが通っているもので脊髄炎でおかされてしまうとさまざまな症状がでてきます。
    出典 :脊髄炎の症状と治療
  • 脊髄のどこに炎症ができたかによって症状は異なりますが、典型的なのは横断性脊髄炎で、背中から胸や腹にまで帯状にしびれがおき、下肢の感覚が鈍くなって両足が麻痺します。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
     

    下肢に負担がかかるようです。

  • 運動障害や間隔障害がおこり、排泄障害をおこす場合もあります。頸髄に炎症ができると、手足の麻痺や呼吸障害をおこします。初期では急速に進行しますが、極期に達すると徐々によくなります。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
     

    少しずつ解消していくと良いのですが・・・

  • 障害が横断性でなく部分的である場合もあります。たとえば、運動神経の通っている脊髄の前方部分だけが損なわれると、運動障害だけが現れます。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    このような場合もあるのです。

  • 予防接種やウイルス感染の後に、急に両下肢(両脚(りょうあし))がまひし、おもに胸から下にビリビリするしびれ感がおこります。背中や腰に痛みを感じることもしばしばで、排尿(はいにょう)・排便(はいべん)の感覚がなくなり、たまりすぎたり、もらしたりします(膀胱直腸障害。症状は急速に進行し、数日でピークに達します。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
  • 原因と治療について

  • ウイルス、細菌、寄生虫などの感染やワクチン接種への異常反応、アレルギー疾患、自己免疫疾患などがありますが、まったく原因が特定できない場合もあります。
    出典 :脊髄炎の症状、原因、検査、診断、治療/病気一覧  -これであなたも医の達人-
  • 急性期(症状の強い時期)には安静を守り、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを使用しますが、十分な効果がみられないこともあります。 寝たきりとなって、とこずれや膀胱炎(ぼうこうえん)などの合併症がおこりやすいので、これを予防するためにエアーマットを使用し体位の変換を頻回に行ないます。
    出典 :脊髄炎 とは - コトバンク
  • 急性脊髄炎はウイルスの直接感染による場合と、ウイルス感染に伴う遅発性アレルギー反応によるものが大部分を占めています。したがってアシクロビル(ゾビラックス)などの抗ウイルス薬や、アレルギー反応を抑えるために副腎皮質ステロイド薬を投与したりします。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 頸髄障害による呼吸不全がみられた時は呼吸管理も必要になります。排尿障害に対しては、膀胱カテーテルの留置が必要になる時も多く、慢性期になっても自己導尿を行う場合もあります。薬物療法は1カ月程度で終了し、早期から積極的にリハビリテーションを行います。
    出典 :脊髄炎とその類似疾患の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • この病気は

     

    出来るだけ早く治療を開始する必要があるので、早めに気づいて早めに治療を開始する事をおすすめします。リハビリも必要です。病院は神経内科や整形外科でOKだそうですよ。