妊娠のための性行為では妊娠しにくい?タイミング法は男女ともにプレッシャーとなる可能性

妊娠したくても、なかなか妊娠しないカップルは意外と多いそうです。世の中には妊娠するための方法としてタイミング法がよく知られています。しかし、この方法では夫婦がお互いに重圧や挫折を感じる危険性もあります。とくに男性は義務的に性行為を強いられると重圧を感じてしまうかも知れません。

view269

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 欲しいときに妊娠できない、、苛立ち

  • そろそろ子作り、と思っても、、、

     

    結婚して、そろそろ子作りしたいと思っても、思い通りに妊娠しない、、、。そういう夫婦は意外と多いそうです。

  • 子どもが欲しい、と思って性行為をしているのに、なかなか妊娠できないとき、苛立ちを感じるかもしれません。最近の研究で男女問わず30代以降、妊娠する可能性は急激に減少すると言われています。もちろん、個人差の大きいことなので、一概には言えません。しかしながら、統計的にみると男女ともに、20代で妊娠力はピークを迎え、それ以後下がってしまうものです。
    妊娠だけでなく、その後の子育てを考えると、40代前半は男女ともに妊娠の限界年齢かも知れません。そのため、年齢的な制約を考えて妊娠に対して焦りを感じる人もいるでしょう。とくに、女性にとっては自身が出産する可能性を思うと、大きな悩みとなるかも知れません。閉経までの排卵の回数も限られているため、余計に時間的に焦りを感じることもあるでしょう。

  • 子どもが欲しいのになかなか妊娠できない……そんな悩みを抱えている女性は多いはずです。
    出典 :ストレスは禁物!妊娠しやすくなるためにできること - Ameba News [アメーバニュース]
  • 自身の年齢から「タイムリミットが近い」と焦りを感じたり、何度試みても妊娠できないことにいら立ちを感じる人もいることでしょう。
    出典 :ストレスは禁物!妊娠しやすくなるためにできること - Ameba News [アメーバニュース]
  • 排卵日のタイミングを知るのは逆効果?

  • 効果的に妊娠するために、いつ性行為をすべきかを知るためのタイミング法は、よく知られている妊活でしょう。このタイミング法によって、病院や薬に頼ることなく、もっとも回数が少なく、適切に妊娠できるので多くの人が最初に試す方法かも知れません。
    しかしながら、このように理性的にタイミングを計っての性行為は意外と男女ともに、義務的になりがちで、性行為の本来の喜びを疎かにしてしまうようです。性行為や妊娠は、そもそも本能的な行為です。心身ともに高まることによって、着床も促されるものです。
    女性の体はとても高機能です。そのため、性行為において、どのような気持ちで臨んでいるか、毎日どのような気持ちで過ごしているのか、ということが妊娠力に大きく作用するようです。このような心身ともに性行為に集中する必要があるのは、20代後半以降の女性にはとくに必要かも知れません。相手の男性の魅力を感じながらの性行為が妊娠の確率をあげることは、不倫や妊娠しては困るような相手との情動的な性行為の方が妊娠しやすいという傾向とも一致します。

  • 年齢を重ねても妊娠できる性行為

     

    年齢を重ねた人同士の性行為でも、そこに心身ともに高まるものがあれば妊娠する可能性は飛躍的に高まります。

  • 子どもを望むカップルは、「卵子が排卵される頃を見はからってセックスすること(=タイミング)」が妊娠への近道になります。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠しやすいタイミング
  • 女性の体は、妊娠しやすい時期が来ると、自然と性欲が高まる仕組みになっています。そのときこそが、体が教えてくれる最適なタイミングと考えていいでしょう。...自然な盛り上がりに身を任せた方が、妊娠の可能性は高くなります。
    出典 :ストレスは禁物!妊娠しやすくなるためにできること - Ameba News [アメーバニュース]
  • タイミングをはかることは男性にとってもプレッシャー

  • タイミング法を取り入れることによるデメリットは女性よりも、男性にある場合が多いそうです。女性はとかく忘れがちですが、男性というのは女性よりも繊細で単純な生き物なのです。女性の少しの言動で喜び勇んで戦場に向かうことだできる一方、思慮のない一言で犯罪や自殺をしてしまう生き物なのです。
    タイミング法が絶対にいけない、とはいいませんが、タイミング法の導入によって、男性が自身の存在を低くみたり、妊娠のための道具などという感じを与えないように注意することが必要でしょう。
    結婚して長く経つと、男女のパワーバランスは男性から女性に傾きがちなるようです。こうした中でタイミング法を安易に取り入れることは、家庭内での発言力のない男性に男性としての尊厳も失わせかねません。
    妊娠して子どもをもちたい気持ちが強いときもあると思います。しかし、まだ見ぬ我が子よりも、目の前にいる夫を大事にする気持ちも忘れないようにしたいですね。

  • 性行為を妊娠のための行為と思いすぎないこと

     

    妊娠は愛しあった行為の結果です。妊娠のためだけの性行為は寂し過ぎませんか?