意外と知らない?! ムダ毛の正しい処理方法 カミソリ編

エステなどに通って除毛する人もいれば、セルフケアしている人もいると思います。
正しい処理方法についてまとめました。

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毛の仕組みを理解しよう!

  •  

    私達の体には、いたるところに毛が生えていて、その本数は約100万~150万本ともいわれています。その毛が肌から露出している部分を「毛幹」、皮膚の内部に埋まっている毛を「毛根」と呼び、毛を抜いたときに丸くなっている部分を「毛球」と呼びます。この「毛球」の先端部分は、体の中で「毛母細胞」と密接しており、栄養を吸収することで毛が育つ仕組みになっています。
    *永久脱毛では、この「毛母細胞」を破壊することで発毛を根絶します。

    引用)
    http://allabout.co.jp/gm/gc/44895/

  • 次に、「毛」が生える周期について解説します。「毛」の生える周期というのは決まっていて、一定のサイクルで抜け替わっており、「成長期」「退行期」「休止期」の3期に分けられます
    出典 :ムダ毛の正しい処理方法と注意点 [脱毛・ムダ毛処理] All About
  • ■成長期
    毛が伸びている状態。成長期が長ければ毛は長く伸び、毛が伸びる速度も各部位によって異なる。
    数ヶ月~数年

    ■退行期
    成長を終えた毛が抜けるまでの期間。
    1ヶ月半~2ヶ月

    ■休止期
    毛が抜けて次の成長期になるまで、活動を停止している期間のこと。休止期に入ると、毛が表面には出ていないため、永久脱毛を何ヶ月にもわけて施術するのはこのため。
    1ヶ月半~2ヶ月

    再び「成長期」へ
    出典 :ムダ毛の正しい処理方法と注意点 [脱毛・ムダ毛処理] All About
  • 色々な、ムダ毛の処理方法

  • ムダ毛を処理する方法にはいろいろありますが、大きく分けると2つです。

    カミソリで剃ったり、ピンセットなどで毛を抜いたりする「自己処理」と、
    脱毛サロンや家庭用脱毛器で、毛を生えてきにくくする「脱毛」です。
    出典 :ムダ毛処理の色々な方法|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • 自己処理

  • 毛を抜く、剃る、焼くといった方法が一般的ですが、他にも薬剤を使用して毛を抜けさせる、毛の生える速度を遅くする方法もあります。また、脱色して毛の色を薄くする方法もあります。

    間違った方法で処理をしたり、また正しい方法で行ったとしても処理を繰り返すことで色素沈着や肌荒れ、埋没毛などのトラブルを起こす場合があります。

    一回一回の処理にかかる費用はさほどでもありませんが、長年の間ムダ毛処理を続けていると、意外と費用がかさんでしまいます。替え刃やシェービングクリーム、アフターローションなどに、たとえ毎月500円しか掛からなかったとしても、1年で6千円、10年で6万円です。ムダ毛処理に費やす時間にも同じことがいえます。
    出典 :ムダ毛処理の色々な方法|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • ムダ毛を剃って処理

  • ムダ毛の自己処理でも手軽なのが剃る方法です。そのためムダ毛を剃って脱毛処理されている方も多いでしょう。ただし、手軽さというメリットがある反面、さまざまなデメリットとも隣り合わせなのが、剃るというムダ毛の処理方法です。
    出典 :毛を剃って処理する|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • カミソリの特徴

     

    カミソリによるムダ毛処理は入浴時などに手軽に取り入れることができる上に、コスト面でもリーズナブルなムダ毛処理方法だと言えるでしょう。

    ただし、カミソリで処理するデメリットとして、肌へのダメージが大きいことが挙げられます。肌に負担を掛けずに処理することのできる、女性専用のカミソリも存在しますが、剃毛する以上、皮膚に負担がかかることは否めません。

    カミソリによるムダ毛処理の注意点として、毛の流れに沿って剃ること、前後のスキンケアを怠らないことが大切です。

    引用)
    http://www.mudagesyori-datumou.net/syori-houhou/soru/kamisori/

  • メリット

    カミソリやシェーバーを使用するメリットは、時間がかからないこと、痛みがないこと、コストがかからないことです。
    出典 :カミソリで剃る|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
     

    確かに楽ですよね~

  • デメリット

    カミソリで脱毛処理反対に多く挙げられるのがデメリットです。

    カミソリでのムダ毛処理を続けていると、肌がどんどん汚くなっていくだけでなく、毛がどんどん目立つようになってきます。

    剃った直後の肌も、目に見えない細かい傷がたくさんついているため、透明感がありません。

    また、剃ってもスグに毛が伸びてくるので、せっかく処理したのにまた処理しなければいけません。

    さらに、剃った毛の断面が角張っているので、触るとチクチクすることもあります。
    出典 :カミソリで剃る|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
     

    汚くなってしまうんですね・・・。

  • よく起こるトラブル

  • 色素沈着

    色素沈着は肌が黒ずんでしまうトラブルです。これは肌が刺激を受けることでメラニン色素が生成されてしまうことで起こります。特にカミソリでのムダ毛処理は肌への刺激が強く、長年続けていると肌が黒く汚くなってしまいます。
    出典 :カミソリで剃る|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • 埋没毛

    埋没毛は、毛が皮膚の外に出ず、皮膚の内側で毛が伸びてしまうトラブルです。カミソリできった断面は鋭利なため毛穴の中で引っかかり、あらぬ方向に伸びてしまったり、カミソリでできた細かな傷が癒着したり、かさぶたを作り、毛の出口をふさいでしまうことで起こります。
    出典 :カミソリで剃る|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介
  • 肌荒れ

    カミソリは毛と同時に肌の角質を削り取っています。肌の水分保持を担う角質を削ってしまうと、当然肌が乾燥してしまいます。

    また角質および肌の水分は、ウィルスや細菌などから肌を守る役割をしていますが、カミソリによって角質をそぎ取られ、無数の細かな傷がついた肌からは、いとも簡単に細菌などが侵入し、炎症を起こします。

    こうして肌が荒れてしまったり、乾燥してしまったりします。
    出典 :カミソリで剃る|ムダ毛処理の正しい知識 ~ 脱毛方法の紹介