顎関節の病気ってどんな病気?治療法は?顎関節の治療法

顎関節の治療について。
顎関節の病気ってどんな病気があるのでしょう?その治療方法は?

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顎関節ってなに?

  • 顎関節ってどこにあるの?

     

    顎関節はどこの部分をいうのでしょう?

  • これは食事や会話をする時に常に動いている下顎の関節です。正常な顎関節は耳の穴の直前にあり(写真1)、開口時に回転したり、前下方へスライドする面白い関節です。ここで下顎が上顎に近づき過ぎない様に支えている物は顎関節と上下の歯ですね。
    出典 :顎関節とは
  • 頭蓋骨のくぼみである側頭骨の下顎窩と下顎骨の関節突起部分である下顎頭を連結している関節であり、頭蓋で唯一の可動結合である。哺乳類に特有の関節で、顎関節は回転運動の他に前方へ滑走運動を行うことが可能なため、下顎骨は複雑な動きを行うことができる。
    出典 :顎関節とは - 連結・関節系の用語 Weblio辞書
  • 顎関節の構造

  • 顎関節の構造

     

    顎関節の構造はどのようになっているのでしょうか?

  • 左右に1つずつあり、頭の骨(側頭骨)のくぼみに下顎の骨の突き出た部分(下顎頭)がはまり込むような構造になっています。口を開いたり閉じたりすると、両耳の前の部分で動くところです。その骨の間に関節円板という組織があります。
    出典 :顎関節とは - 連結・関節系の用語 Weblio辞書
  • 顎関節は左右に一つずつあり、頭の骨のくぼみに下顎の骨の突き出た部分がはまり込むような構造になっています。頭の骨のくぼみは耳のすぐ前あたりにある下顎窩というへこみとその前にある関節隆起という出っ張りから成っています。そのくぼみに下顎の骨のつき出た部分下顎頭がはまり込んでいます。
    出典 :顎関節の構造と動き 知っておこう!顎関節症■アゼガミ治療室■</TITLE>
  • 顎関節の病気とは?

  • 顎関節症

     

    顎関節症とはどんな病気でしょう?
    その症状は?

  • 顎を動かしたときの痛みや関節部の雑音、さらに顎の運動がスムーズでなく、 ひっかかったような異常な運動をする、などの症状がみられる症候群をいいます。現代のストレス病の一つにも数えられるほど患者数は増えています。
    出典 :顎関節の疾患
  • 1.口を開けたり閉じたりするとポキッと音が鳴る。
    2.口を開けたりものを食べたりすると、アゴが痛む。
    3.口が開きにくい、開かない。
    出典 :顎関節とは - 連結・関節系の用語 Weblio辞書
  • 顎関節脱臼

     

    顎関節脱臼とはどのような病気でしょうか?症状はどういう症状でしょう?

  • 顎関節を構成する下顎の関節部分である下顎頭(かがくとう)は、口を開ける時に前下方に滑走運動します。開口運動の末期から、下顎頭が元に戻れない状態に陥ることを顎関節脱臼と言います。一般的には「顎が外れた」と表現されます。顎が外れると、自己整復が不可能になります。
    出典 :家庭の医学:顎関節脱臼とは?
  • 口を閉じることができない状態になり、脱臼関節の痛み、よだれ・流涎(りゅうぜん)がみられます。会話もできません。耳の前がくぼんで頬骨の下に脱臼した下顎頭が膨らんで突出した状態になります。時間の経過とともに閉口可能となりますが、著しい咬合異常を示し咀嚼が困難になります。片側性または両側性に発生する事があります。
    出典 :家庭の医学:顎関節脱臼とは?
  • 顎関節強直症とは?

     

    顎関節強直症とはどのようなものでしょうか?

  • 関節内部の骨の癒着や関節周囲の靭帯の石灰化(体の組織内にカルシウムが沈着すること)によって、あごの関節が動かなくなる病気です。 関節リウマチに併発したり、先天性の場合もありますが、外傷や感染の結果生じることが最も多いようです。幼・小児期に発症すると単に開口障害だけではなく、患側の下顎骨の発育が障害されます。
    出典 :顎関節の疾患
  • 炎症では中耳炎、下顎骨骨髄炎、扁桃炎が多く、これらの炎症が顎関節部へ波及して正常構造を破壊した後に、修復機転の結果、顎関節強直症を引き起こすといわれています。また外傷では、関節突起部の骨折、軟骨損傷などにより線維性の瘢痕や骨性癒合により引き起こされることがあります。
    出典 :顎関節強直症(がくかんせつきょうちょくしょう)の疑い-口腔外科.COM
  • 顎関節の治療

  • 顎関節症の治療

     

    顎関節症の治療法はどのようなものなのでしょう?

  • 原因を解消する治療と痛みなどの症状を緩和する治療を症状に応じて組み合わせて行われます。
    1)知行動療法
    ブラキシズムや癖など顎関節症の原因となる悪習慣やその背景をさぐり本人に自覚させ、それらを取り除くようにさせる。
    出典 :顎関節症の治療 知っておこう!顎関節症■アゼガミ治療室■</TITLE>
  • 2)物理療法
    痛みの軽減のために患部を温めたり冷やしたりする
    3)運動療法
    開口や顎を動かす訓練をして口がよく開くようにする
    出典 :顎関節症の治療 知っておこう!顎関節症■アゼガミ治療室■</TITLE>
  • 4)スプリント療法 5)薬物療法 6)外科療法
    関節内に強い炎症がある場合に針をさして関節内部の物質を洗い流す「関節腔内洗浄療法」関節内で関節円板と骨の癒着がある場合にそれをはがす「関節鏡手術」などがある。
    出典 :顎関節症の治療 知っておこう!顎関節症■アゼガミ治療室■</TITLE>
  • 顎関節脱臼の治療

     

    顎関節脱臼の治療方法はどのようなものでしょう?

  • 専門の知識のある人が整復しなければならず、素人判断で勝手に治療しない事です。整復した後では、痛みも無く普通の状態に戻りますが、再発しやすくなっていますからなるべく顎を安静に保つようにします。慢性化してしまったものでは、手術が必要となる場合もあります。
    出典 :顎関節脱臼の症状・原因・治療・検診・検査・手術|病気を知る辞典
  • 時間経過が短ければ容易に徒手整復が可能です。整復は頭位を安定させ術者の拇指を患者さんの下顎臼歯部上に置き押し下げつつ、下顎を後方へ誘導します。整復完了後は再脱臼防止のために弾性包帯で固定等を行い顎運動の制限を指示し、数日間経過観察します。慢性化した例では習慣性顎関節脱臼の場合にも最終的に手術が必要となる事があります。
    出典 :顎関節脱臼 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 関節強直症

     

    間接強直症の治療はどのようなものでしょう?

  • もし強直症が関節内であれば下顎関節突起切除,または,もし筋突起や頬骨弓も影響を受けているならば下顎枝の部分的骨切除が行われる。開口訓練は外科手術的矯正を維持するため,数カ月間から数年間行われなければならないが,外科手術処置を伴わない顎の強制的開口は,骨癒合のため一般的には効果がない。
    出典 :顎関節強直症(TMJ): 顎関節疾患: メルクマニュアル18版 日本語版