どの子もギフテッドチャイルド★子どもの才能の見分け方 

view352

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 特別な才能を持つ子をギフテッドチャイルドと言いますが、子どもはみんな天才と呼ばれるくらい、何かに秀でた才能を持っています。親が気づいてあげられたら、きっと子どもの人生は大きく変わるでしょう。
    子どもの才能の見分け方まとめました。

  • 大人になったら、何になりたい?

     
  • 可愛いわが子は、天才かもしれない

    こんなことを思ったパパやママは少なくないでしょう。

    でも、これって、本当なんです。子どもはみんな天才なんです。みんな、何かしら才能を持って生まれてきています。これを見つけてあげられるかどうか、本人が気づくかどうかが重要なのであって、
    誰でも人に負けない秀でた才能を持っています。
    それが、一つだけの子もいれば、二つも三つも持っている子もいます。中にはマルチタレントなんて言葉があるように、あらゆる方面に才能を発揮する子も。極稀ですが・・・

    そんな天才児を育児中のパパさん、ママさん、
    お子さんの才能の見分け方、気になりますよね。

    こちらにまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

  •  
     

    親からの遺伝は50%にも達すると言われていますので、親が天才だと、子どももそうなる可能性は高いですね。
    医者の子がまた医者になったり、芸能界を見ても、2世タレントがたくさん活躍していますよね。

    遺伝の影響は大きいですが、親に似ていなくても天才と呼ばれる人はたくさんいます。自分が何のとりえもない普通の人間だからと思って、子どももダメだと決めつけない方が良いでしょう。

  • 子どもの本質を見分ける方法

  •  
     

    読書家は確かに頭がいいですよね。絵本好きはその片鱗と思えば良いでしょう。
    運動の得意な子は、攻撃性が強いというと、なんだか誤解を招きそうですが、
    人一倍、行動力がありそうです。

  •  
     

    将来は学者かな?

  • 上記の2つに当てはまらなかったお子さんは、下の二つならどうでしょう?

  •  
     

    ものづくりは、頑固じゃないと世間に認められるような作品なんて出来ませんよね。

    音楽家の中でも、自意識過剰な人って、カリスマ性やスター性を感じませんか?
    ファンからすれば、そういったところも魅力です。

  •  
     

    手相で、才能が分かるなんてすごいですね。
    親子だからって、同じ手相とは限りませんので、見てもらうと良いでしょう。

  • 知能線で見る才能

     
     

    人差し指と親指の真ん中から伸びている、画像では赤くなっている線が知能線です。
    才能は、知能線の形と大きく関係しています。

    知能線の始まりと生命線が離れているAタイプは、コミュニケーション能力の高い人なので、サービス業や接客業が向いています。タレントも向いているそう。

    知能線が横にまっすぐ伸びているBタイプは、分析力があり理論的な思考を持っている人なので、理系だったら設計や技術者や実験系、文系であれば弁護士や会計士などが向いています。

    知能線と感情線が同じところから出ているCタイプは、経営などが向いています。なんと徳川家康や豊臣秀吉の手相もこんな感じだったそうですよ。

    知能線が月丘に向かってのびている手相のDタイプは、バランス感覚の良い人なので、どんなこともソツなくこなすと言われていて、ユニークな発想も持ち合わせているので、クリエイティブなことが向いています。

    知能線が手首に向かって伸びているEタイプは、創造力豊かな人なので、芸術の才能があります。

    Fのように知能線の短い人は直感力に優れています。
    Gは、運動能力の高い人、Hは、器用な人だそうです。

  • 親が子どもの才能を見出す方法

  •  
     

    いつも一緒にいる親だからこそ、見抜けたことですよね。
    子どもとの時間を大切にすると、才能を見つけられるかもしれません。

  • それ以外には、子どもが何に夢中になっているかを知ることもポイントです。
    絵本なのか、ブロックなのか、砂遊びなのか、運動なのか・・・

    子どもは素直ですから、一番やりたいことに関しては無我夢中で取り組むこともあります。
    そこに、才能が隠れているかもしれません。

  •  
     

    協調性は大事ですし、人の喜びや悲しみを共有したり理解できる人間にならなければいけません。
    でもそれはそれ。その子独特の感性も大事にしてあげましょう。
    それがやがて花開くこともあります。