黄体ホルモンの副作用についての雑学をまとめてみました

不妊治療の際に用いる黄体ホルモンによる副作用についての情報を集めてみました。一時は副作用なしという報告もありましたたが長期間投与した時には副作用の現れるということなのです。今抱えている状況を医師に話して必要な量をきちんと服用することが基本です。

  • rinko 更新日:2014/11/07

view247

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 黄体ホルモン剤とは?

  • 女性の体は思いのほか変動するものです。黄体ホルモンというものがきちんと出ているかどうかを見分けるためにも基礎体温をつけることはは大事な習慣だと思います。最近では基礎体温もスマホの中で管理できるようになっています。

    自分の体の変化というものに敏感であればあるだけ健康状態も良いと思われます。基礎体温なんてつけたことないという方も、この機会に生理の周期と共にどのような線を描くのかを認識できるのです。

  •  

    基礎体温で体温を測るということはつまり自分の体に目を向けるということです。女性特有のバランスの崩れを取り戻すという役割を果たします。あくまでも使い方次第だと思います。

  • ホルモンというのは、それだけ、私達が生きていくうえで大切なものなんだ!ってことですよ。それを薬で調整しているのですから、体質が合わない体質だと副作用が強いってことですね。
    出典 :ホルモン剤と副作用について - 女性の病気 - 教えて!goo
     

    どんな薬でも副作用の大小問わず副作用があるものです。それだけ慎重に扱うのべきなのが黄体ホルモンなのです。他の薬でも副作用が出やすい場合には事前に意思に伝えてください。しかしながら目標とする症状の緩和のためという使い方もあるのです。何を優先させるかというよりも副作用が数日で収まるような状態であれな続けて服用をすれば良いのです。黄体ホルモン剤の副作用で生理の周期が延びてしまうということを苦痛に思う人も多いのです。

  •  

    黄体ホルモンを服用することで改善される症状もある反面、副作用に泣かされる人もいるわけです。黄体ホルモンというのは心と体に作用しています。動けなく程の虚脱感などがある場合には医師との相談の上服用について指示を仰いでください。

  • 副作用についてはかなり個人差があります。最初から副作用が出てホルモン剤の投与をやめる場合もありますがやはり3週間ほどは是非お試し頂きたいと思います。多少太りやすいという傾向のあるので基本的に暴飲暴食は避けてください。この際、食生活も見直して健康志向に気持ちを切り替えることで概ね副作用を超えて行けると思われます。

  • 黄体ホルモンは,月経周期の後半・妊娠中の黄体および胎盤から分泌されるホルモンで,卵胞ホルモンと協力して,女性ホルモンとしての機能を発揮します。妊娠を維持させるためのホルモンといえます。
    出典 :デュファストンの処方目的・副作用 くすり検索 - goo ヘルスケア
     

    実際には無月経の場合や月経の周期異常などにも使用されます。そして妊婦さんの場合にも習慣性早産の場合にも使用されるホルモン薬です。あくまでも血液検査などで黄体ホルモンの補充の必要の有無については慎重に検討すべきなのです。

  • 黄体ホルモン剤は、エストロゲン剤単独の治療の場合のリスクである子宮体ガンの発症を抑えるために併用されてきました
    出典 :くすりの部屋 黄体ホルモン剤|ホメオスタ
     

    本来は婦人科の治療の中で生理が来るように用いたり着床を促すために使われれています。黄体ホルモン自体は女性にとっては欠かせないホルモンではあるのです。しかしながら嘔吐があったり乳房が痛んだりという副作用が報告されているのです。

  • 副作用が出た時にはどうすれば良いの?

  • ホルモン補充の治療の際には同時に決められた時間に薬を飲むということも必要になってきます。ここが肝心なのです。生活のリズムも整えつつ治療に向き合うという心の余裕も大事です。

  • 黄体ホルモン補充のお薬での副作用が起きた場合はどのように対処すればよいのでしょうか。重要なのは、早めに医師と相談する事が重要です。不正出血がある場合には、貧血になることがあります。出血量が多いときは、服用を止めるという対処も必要です。自己判断はせず必ず医師に相談しましょう。薬の処方の際に、薬剤師さんに聞いておくのも良いでしょう。
    出典 :副作用はあるの?黄体ホルモン補充について -【ママリ】
     

    更年期障害の強い症状に対処するためにホルモン補充療法というものが選択されます。閉経が近づくとおそもそも卵巣の働きも低下してしまいます。このためにいわゆる(バランスを崩す」という状態になってしまうのです。

  • 黄体ホルモンは何故副作用を起こすの?

  • 少量の黄体ホルモン薬についてはもっとも安全な“A”のカテゴリーに分類されています。けれど一方で、アメリカでは黄体ホルモン薬による切迫流産の治療は必ずしもすすめられていません。長期間の大量服用は避けるべきでしょう。
    出典 :ジドロゲステロン:デュファストン
     

    まだまだ危険性を100%保障できないという部分は否めません。とにかく使用量を医師と相談の上厳重に守るということが大事なのです。

  • 初級女体化講座#7 女性ホルモンの種類について - YouTube

     

    この機会に女性の体にとってもホルモンの性質をよく理解して服用する必要性があるのです。

  • そもそも黄体ホルモンは女性には不可欠なものです。今後妊娠を強く希望する場合もそうですが生理不順や不定愁訴など更年期障害で悩む女性の体調面についても整える役割を持っているのです。自分の体の異変を把握して早めに治療に踏み切るあるいは副作用が重く出た場合には医師と相談の上中断することも一つの選択です。