妊婦さん必見!妊娠中ヨーグルトを食べる際に気をつけることをまとめました

栄養満点なヨーグルト、毎日の食生活に取り入れている方も多いのでは?
妊婦さんがヨーグルトを摂取するときに 気をつけなければならないことがあるのです。
一体何に注意して食べたら良いのでしょうか。




view403

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • まずは、ヨーグルトの様々な健康成分を見てきましょう。

  • ヨーグルトは便秘解消に効果的

  • ヨーグルトが便秘に効く理由は
    乳酸菌や善玉菌であるビフィズス菌を豊富に含んでいるためです。
    これらはいずれも便秘になり難い腸内環境にするために必要な成分です。
    出典 :便秘に効くヨーグルトはこれ!食べ方や組み合わせで便秘を即効改善 - NAVER まとめ
     

    ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が腸内環境を整えてくれるのですね。
    便秘になりがちな妊婦さんにとって心強い味方です。

  • 花粉症にも効果的

  • ヨーグルトに含まれている乳酸菌が、
    腸内で働くことによって、腸内環境が改善され、免疫力が高まり、
    アレルギーの花粉症状も緩和されることに繋がる、ということです。
    出典 :花粉症にはヨーグルトが効果あり?【2014年花粉症対策】
     

    薬に気をつけている妊婦さん、ヨーグルトで花粉症対策が出来たら嬉しいですね。
    ただ、すぐに効果が出るわけではないので注意です。
    ヨーグルトを定期的に食べると免疫力を高まって、
    アレルギーが出にくい状態になるのですね。

  • ヨーグルトはカルシウムとリンのバランスが◎

  • 乳製品にはどれもカルシウムが豊富に含まれていますが、中でもヨーグルトはカルシウムの補給に最適な食品といえます。ヨーグルトには100g当たりのカルシウムが牛乳よりも多く含まれています。
    出典 :ヨーグルトに含まれるカルシウム吸収率|ヨーグルト効果
  • ヨーグルトを摂取した場合、カルシウムの吸収効率は牛乳の吸収率よりも更にアップします。
    出典 :ヨーグルトに含まれるカルシウム吸収率|ヨーグルト効果
     

    カルシウム摂取といえば牛乳が有名ですが、ヨーグルトも負けていません。
    ヨーグルトのカルシウムは乳酸と結びついて、乳酸カルシウムというより体内に消化吸収しやすい物質に変化します。妊娠中は、今まで以上にカルシウム摂取を心がけましょう。
    赤ちゃんのためにも、良質なカルシウムを摂ることが必要です。

  • カルシウムの体内での利用率はその食品に含まれるカルシウムとリンの比率によって変わるといわれています。ヨーグルトにはカルシウムとリンがほぼ1:1に近い比率で含まれています。
    出典 :ヨーグルトに含まれるカルシウム吸収率|ヨーグルト効果
     

    これは体内に効率よく吸収されやすい比率といわれています。リンはカルシウムと同様に骨を形成するために欠かせない重要な栄養素です。ヨーグルトを食べると、カルシウムとリンが効率よく摂取できるのですね。

  • ヨーグルトの美肌成分とは?

  • ホルモンバランスの影響で、肌荒れに悩む妊婦さんもいるのでは?
    美肌にもヨーグルトが効果ありです。

  • ヨーグルトの美肌成分は乳酸菌とビタミンB群です。ビタミンB群は新陳代謝を活発に行わせることで肌のターンオーバーを促進します。主にこの2つの成分がヨーグルトが体によいといわれる所以なのです。
    出典 :ヨーグルトが美肌に良いって本当? | 美肌スキンケアのおすすめ化粧品ランキング!
     

    ヨーグルトのビタミンB群が美肌に効果的なのですね。
    更にビタミンBには脂肪燃焼促進する働きもあります。

  • ヨーグルトパックも肌に良いとされていますが、妊娠中は肌が敏感になります。
    試す前に主治医に相談しましょう。

  • ヨーグルトはうつ病予防にもなる

  •  

    マタニティーブルーや産後うつなど、産前産後は気持ちが不安定になりがちです。
    脳内のセロトニンという物質の伝達がいまくいかないために、うつになると言われています。

    セロトニンを増やすことで、脳内伝達が良好になり
    うつ病が改善されると言われています。

  • セロトニンの材料となるのは
    トリプトファンという必須アミノ酸。

    したがって、トリプトファンを多く含む
    食べ物を食べると体内のセロトニンの量が増え、
    うつ病の治療に効果があるというわけです。
    出典 :うつ病に効く食べ物 | うつ病の克服方法を紹介するブログ
  • ヨーグルトには必須アミノ酸であるトリプトファンが豊富に含まれています。

  • ヨーグルトが、最近の研究で、感情や痛みを司る脳内分野の活動を抑え、うつ症状や不安な気持ちを抑えてくれる効果があることが判明した。
    出典 :ヨーグルトはお腹に優しいだけでなく脳機能にも影響を与えうつ病にも効果あり?との研究結果:米大学 - IRORIO(イロリオ)
  •  

    マタニティーブルーや産後うつを感じたら、
    ヨーグルトを取り入れてみませんか?
    また、適度な運動もうつ病改善に効果があると言われています。

  • ヨーグルトの食べ方には注意が必要?

  • 便秘解消、カルシウム補給、美肌効果、うつ予防と
    ヨーグルトの健康効果はたくさんの可能性がありますね。

    でも、食べ方に注意しなくてはいけません。

  • 乳脂肪なので摂り過ぎに注意

  • ヨーグルトには牛乳と同等の脂肪分が含まれています。
    これにより、食べ過ぎると太ると言われています。
    出典 :妊娠中の食べ過ぎ:ヨーグルト食べ過ぎ
     

    乳脂肪は肉と同じ飽和脂肪酸です。
    食べ過ぎると悪玉コレステロールが増えてしまうんですね。

  • 体重制限のある妊婦さん、ヨーグルトの食べすぎに注意しましょう。

  • 体を冷やしてしまうことも

  •  

    ヨーグルトは冷たいので、体を冷やす食品です。
    冷え性の妊婦さんは食べ過ぎないようにしましょう。

  • 食べ過ぎると、体を冷やし腸に負担をかけてしまいます。常温に戻してから食べたり、ホットにして食べたりすることができます。
    出典 :食べ過ぎと下痢:ヨーグルト食べ過ぎ
     

    食べ過ぎると体を冷やすだけでなく、下痢をしてします恐れもあるようです。
    ホットにする方は温めすぎると風味が悪くなるので、注意しましょう。

  • 低脂肪ヨーグルトは胎児に悪影響

  •  

    ヘルシー志向の方に人気の低脂肪ヨーグルト、お店にたくさん並んでいますね。
    でも、妊娠中は低脂肪食品に注意です!!

  • イギリスのニュースサイトMail Onlineによると、60,000人以上の妊婦を対象に行われた最新の研究では、“低脂肪ヨーグルトは、アレルギーから私たちを守る脂肪を取り除いてしまっている”というのです。
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険 | ニコニコニュース
     

    ヨーグルトの乳脂肪には、私たちをアレルギーから守る成分があるようです。
    低脂肪ヨーグルトは、その成分が足りないのです。

  • 胎児の免疫システムをつくるのに酪農製品の脂肪が助けている可能性があり、低脂肪のヨーグルトを食べていた妊婦は、子供が喘息や花粉症にかかるリスクが非常に高いことが明らかになってきました。
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険 | ニコニコニュース
     

    ママの食べ物で、子どものアレルギー発症リスクが高まってしまうのですね。

  • 低脂肪酪農製品は、不妊症の危険性が増し、無排卵性不妊性との関連も証明されています。自然界に備わった恵みを人工的な力によって無理やり変えることは、私たち人間にとってリスクも伴ってくるものなのかもしれませんね。
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険 | ニコニコニュース
     

    低脂肪ヨーグルトには人口甘味料が加えられており、それらも胎児には悪影響と言われています。

  • まとめ!!妊婦さんはプレーンヨーグルトを適度に食べましょう。

  •  

    ヨーグルトには様々な健康効果があることが分かりましたね。
    しかし食べ過ぎたり、低脂肪ヨーグルトの摂取は
    妊娠中は注意が必要です。

  • 妊娠中はプレーンヨーグルトを選ぶようにしましょう。
    プレーンヨーグルトにフルーツ・はちみつ・きな粉や黒蜜などのトッピングをして
    適量を食べることで、健康効果がアップします。
    その日の気分で、お好きなトッピングを楽しんで食べてみてくださいね。