喘息との上手なつきあいかた

喘息は発症したら完治が難しいと言われる病気です。ただし、現在では様々な治療法や対処方法があり、発作を起こさない、起こしてもすぐに鎮めるといった手段がたくさんあります。
長いおつきあいになる病気ですから、情報をたくさん集めて喘息をコントロールしましょう。

view81

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • これまで喘息の治療は、発作が出たときにそれを抑える治療に重点が置かれていました。
    しかし、喘息の原因の一つである気道の炎症は、慢性的に続いています。最新の喘息治療は、症状がないときでも、炎症の治療を継続する「発作を出さない」治療法へと進んでいます。
    気道の炎症は気道の火事と同じです。早くきちんとした治療をすることで大火事にならなくてすむのです。
    出典 :発作を限りなくゼロに|喘息(ぜんそく)お役立ちツール|Zensoku.jp 喘息(ぜんそく)の総合情報サイト
     

    発想の転換ですね!

  • 普段から発作のない状態を維持するためには、症状のあるなしにかかわらず、毎日、コントローラー長期管理薬を吸入することが大切です。
    毎日吸入することで発作や症状が徐々に治まってくるため、服用を中止したりする人も見受けられますが、勝手に中止したために喘息が悪化し、重症になるケースもあります。決して自分の判断で中断せず、主治医に相談しましょう。
    出典 :喘息(ぜんそく)コントロールの秘訣|喘息(ぜんそく)お役立ちツール|Zensoku.jp 喘息(ぜんそく)の総合情報サイト
     

    自分の勝手な判断があとあと自分を苦しめる、、

  • 喘息の発作がおきたら、効果がすぐに出る発作治療薬を使って発作をしずめることが最優先となります。
    喘息の発作治療薬としてよく用いられるのは、気管支を広げる短時間作用性吸入β2刺激薬です。テオフィリン薬を併用することもあります。
    これらで症状が改善しなかったり、苦しくて横になれないほど重度の発作の場合は救急外来を受診しましょう。
    喘息症状や発作治療薬の使用が週1回以上あれば「コントロール不十分」とされています。発作の頻度などを医師に伝え、喘息の長期管理について相談しましょう。
    出典 :喘息(ぜんそく)の発作がおきたときの対処法 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
     

    それでも発作がおきてしまったら落ち着いて。

  • 喘息治療法!気管支喘息の症状を改善するエクササイズ!呼吸が楽になる ...

     

    エクササイズで!

  • 【1日数分】喘息の9割はこれで完治!たった2ヶ月で改善し、再発の心配もなし! - YouTube

     

    1日数分でいいなんて!!

  • 【喘息の発作治療薬】

    ・短時間作用性吸入β2刺激薬
    気管支を広げる作用が強く、速効性があり、喘息の発作時にすぐに呼吸を楽にしてくれる吸入薬です。よく使われている噴霧式の器具の場合、吸入補助器具(スペーサー)を使うと、そのまま吸入するより効果が高くなります。ネブライザーで吸入する場合もあります。
    改善が不十分であれば20分おきに吸入し、3回吸入しても(1時間たっても)呼吸困難があれば病院・診療所を受診しましょう。

    ・テオフィリン薬
    気管支を広げるはたらきと、炎症をおさえるはたらきの両方を持つ薬です。ゆっくり効く徐放薬が長期管理薬として用いられますが、すぐに効くタイプの内服薬もあり、喘息の発作治療薬として使用されます。発作で病院・診療所を受診した際には注射薬が使われることがあります。

    ・経口ステロイド薬
    吸入薬とは異なり、経口薬(内服薬)は喘息の発作時に使用します。β2刺激薬ほど速効性はありませんが、炎症の悪化を防ぎ、喘息の発作をしずめる効果が高い薬です。β2刺激薬などを用いても発作がおさまらない場合や、中程度以上の喘息発作がおこった場合に使用します。発作後数日間続けて服用することもあります。

    ・抗コリン薬
    自律神経(副交感神経)から放出される気管支を収縮させるアセチルコリンという物質のはたらきを抑えて、気道を広げる吸入薬です。短時間作用性β2刺激薬と一緒に使われることがあります。
    出典 :喘息(ぜんそく)の発作がおきたときの対処法 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
     

    医者もセカンドオピニオンなど利用して自分に合ったものを使いましょう

  • 長いお付き合いのこれ。

  • 呼吸機能検査(スパイロメトリー)

    スパイロメトリーは、スパイロメーターという機械を使い呼吸機能を調べる喘息の基本的な検査です。
    まず息を思いきり吸い込み、次に力いっぱい吐きます。この時、息を思いっきり吸ったときの肺活量(努力性肺活量)、吐き始めてから吐き終わるまでの時間、吐くスピードを、機械が測定します。
    最初の1秒間で吐き出した空気の量を1秒量(FEV1)といい、この値が喘息の重症度の基準となります。喘息の方の場合、肺活量や1秒量は正常値より低くなる場合があります。
    出典 :喘息(ぜんそく)の検査・診断 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
     

    喘息の検査はいくつか種類があり、症状や年齢、目的にあわせて、ひとつまたは複数の検査を行います。

  • 気道過敏性試験

    発作をおこしやすくする薬を使って、どのくらいの濃度で発作がおこるかにより、気道の過敏の程度を測定します。重症な人ほど気道過敏性が高く、治療すると低くなります。
    出典 :喘息(ぜんそく)の検査・診断 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
     

    この検査はツライな。

  • 血液検査

    どのアレルゲンに対してアレルギー反応が起こりやすいかを確認するテストです。RAST法とMAST法があり、どちらの検査も採血した血液とアレルゲンを反応させて、アレルゲンに対する抗体(特異的IgE抗体)が検出されるかどうかをみます。RAST法という血液検査では、6段階でアレルギー反応の強さを見ます。MAST法では、一回に26種類ものアレルギーについての検査ができます。
    出典 :喘息(ぜんそく)の検査・診断 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
     

    より原因を特定しやすいですね

  • 皮膚反応テスト

    血液検査と同様に、特定のアレルゲンに対してアレルギー反応が起こりやすいかどうかを確認する検査です。疑いのあるアレルゲンエキスを皮膚につけて反応をみます。かゆみや腫れが出た場合、その物質をアレルゲンと特定できます。
    出典 :喘息(ぜんそく)の検査・診断 | チェンジ喘息!なるほど ぜんそく.com
     

    血を抜かなくてこっちがいいな。

  • 中にはこんなにたくさん飲む人も。。

  • ステロイド系の吸入薬

  • 喘息にいいと言われている水泳

  • 喘息が多くなるこの時期!リンパ体操で早期予防!! - YouTube

     

    それぞれの予防法を工夫して。