寒いと太るは嘘!冬のダイエット方法について

寒いと太ると言われていますが、実は嘘。冬のダイエット方法について解説していきます。

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寒いと太るという説

  • “寒いと体が体温を奪われまいとして、余計な脂肪を付けて太る”なんて定説がありますが、それを覆す新しいダイエット方法が今、世界中で研究されています。
    出典 :「寒いと太る」は嘘!実は暖かい時よりダイエット効果高い
  • 最近の研究で発見

  • なんと人間は暖かい時より寒い時のほうが、3時間当たり250カロリーも消費していることが最近の研究で判明したのです。
    出典 :「寒いと太る」は嘘!実は暖かい時よりダイエット効果高い
  • 冬太り防止~食事編

  • 食べたいのにガマンして全く口にしないのは精神的にもいかがなものかと。反動からくるドカ食いも怖いしね。…というわけで、ダイエッターの心得はこれだ!
    出典 :冬太り防止10の法則・冬のダイエット大研究 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • 法則1:鍋は好きな食材から食べるべし!

  •  

    鍋はみんなでシェアするので一人当たりの量が決っていなくて、つい食べ過ぎてしまう。さらに好きな食材を入れる前に満腹感が満たされていても、メインは必ず食べたいのは当たり前。私の経験では、しゃぶしゃぶで豚肉とちょっと高めの牛肉を用意した時、メインの牛肉の頃にはかなりの満腹状態に。それでも食べてしまうんですよね。だから、その後は鍋の時は好きな食材から食べるようにしています。

  • 法則2:大人なスイーツを選ぶべし!

  •  

    一般的にケーキは大量のお砂糖とバターを使っているため、とても高カロリー。 その中でも定番中の定番、ショートケーキは一番カロリーが高く、約300kal!! ショートケーキに使われている生クリームは、脂肪分も多くカロリーが高いだけでなく、 コレステロールを増やす飽和脂肪酸が含まれています。 カロリーが気になる人だけでなく、コレステロール値の高い人も、避けた方がいいみたい。
     スポンジよりも生クリームはカロリーが高い。時にはクリームを少し残すくらいのオトナな決断を!

  • 法則3:宴会の席、居酒屋メニューは油したたる系を禁止すべし

  • 法則4:コタツ=せんべい・ミカンのバイキング化を避けるべし!

  • 《生活の中でできる、体型維持や痩せるための工夫》

  • ◆体を温めて血行促進
    血行を促進し代謝をアップするため、毎日の入浴で体を温めます。発汗作用のある入浴剤を使用するとより効果的です。
    出典 :エステティシャンの『美の裏技』(16) 冬太り解消〜日常的にできること〜 | 美的.com
  • ◆寒さに負けず、体を動かす
    寒さで家に籠っていると、代謝は上がりません!日常的に歩くことを心がけたり、積極的に外出をしたりして、体を動かすことが重要です。
    出典 :エステティシャンの『美の裏技』(16) 冬太り解消〜日常的にできること〜 | 美的.com