寝不足で頭痛が起きるのはなぜ?頭痛の原因はコレ!

寝不足で頭痛が起きたことはありませんか?
これは決して珍しいことではなく、多くの人が寝不足による頭痛を経験しているかと思います。
このような頭痛には、いくつかの原因があるようです。
あなたの頭痛は、どの原因に当てはまりますか?

view63

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝不足で頭痛が起きるのはなぜ?

  •  

    睡眠時間が短かったり質の良い睡眠ができなかった場合、翌日に頭痛が表れてしまいます。
    なぜ、このように睡眠不足で頭痛になってしまうのでしょうか?
    その大きな理由は、脳にあります。
    脳は、起床している間は常に働いています。
    そのため、睡眠時間は脳が休める唯一の時間なのです。
    しかし、寝不足になってしまうと脳が十分に休めなくなってしまいます。
    このように十分に休むことができなかった脳は、働きをセーブするのです。
    これをマイクロスリープ状態と言い、簡単に言うと脳の血流が足りなくなっていることを指します。
    このように、脳が働きをセーブしている時に無理に脳を働かせると頭痛が起こります。

  • この状態は偏頭痛状態ですので、血液が流れるようなリズムでズキズキこめかみの痛みを感じるでしょう。
    出典 :頭痛の原因は寝不足かもしれない
     

    寝不足による頭痛でこめかみが痛くなる場合は、上記の原因が考えられます。
    このような寝不足による頭痛を解消するためには、朝日を浴びることが効果的です。
    朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、寝不足による頭痛も多少は解消されるかと思います。
    しかし、根本的な原因は寝不足にあるため、やはり睡眠が1番の解決策と言えるでしょう。
    寝不足だと感じている時は、できるだけ質の良い睡眠ができるように工夫をしてみましょう。

  •  

    それ以外の原因として、肩こりや首こりが考えられます。
    日頃から肩こりや首こりで悩んでいませんか?
    肩や首が凝っている場合、血流が滞っているため脳に十分な血液や酸素が届けられません。
    その結果脳が十分に休むことができずに質の悪い睡眠、つまり寝不足になってしまうのです。
    このような寝不足の結果、頭痛が起きてしまいます。
    また、冷え性の人も血流が悪く寝不足になりがちです。

  • ストレッチや適度な運動を行う
    半身浴等で血流をよくする
    出来るだけ姿勢を良く保つ
    出典 :寝不足で起こる頭痛の治し方など
     

    このように血流の滞りが寝不足の原因となっている場合は、血流の改善をすることが大切です。
    運動や半身浴を日課にすることで適度な疲れを感じることができ、夜ぐっすりと眠れるようになるのではないでしょうか。
    また、血流改善には正しい姿勢を心がけることがとても重要です。
    姿勢が悪い場合、体の様々な部位を圧迫してしまいます。
    その結果、血流が滞ってしまうのです。
    また、冷え性の人は寝る前にお風呂に入る、寝る前に温かい飲み物を飲むなど体を温めることで就寝しやすくなるかと思います。
    ぜひ試してみて下さい。

  • 精神的なストレスによって睡眠が十分に取れない場合があります。
    出典 :寝不足で起こる頭痛の治し方など
     

    あまりにも強いストレスや疲れが溜まり過ぎていると、逆に寝付けない場合があります。
    このようなストレスが原因で寝不足になり、更に寝不足のストレスが頭痛に繋がることもあります。
    悩み事や考え事があったり、仕事でミスをしてしまったり、人間関係がうまくいかなかったりなどで夜更かしをしてしまうこともあるかと思います。
    これは、自律神経のバランスが崩れている証拠です。
    そのため、解消するためには自律神経のバランスを整えましょう。
    具体的には、趣味やスポーツなど自分の好きなことをする、アロマや音楽でリラックスすることなどが効果的です。

  • このように、寝不足で頭痛になる原因はいくつかあります。
    頭痛がするからと言って頭痛薬を飲んでも、これらの原因を解決しない限りは頭痛がなくなることはありません。
    そのため、自分の頭痛の原因となることを見つけ、解決するよう心がけましょう。
    このように、毎日を健康的に過ごすためには睡眠がとても重要なポイントになっていることが分かりますね。
    普段から寝不足気味の人は、睡眠の大切さを考え直してみる必要があるでしょう。