ピロリ菌とは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、胃癌の原因とも言える菌!!

ピロリ菌とは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、胃癌の原因となる悪さをする菌です。酸の強い胃の中でも生きることが出来るのが特徴です。慢性胃炎により胃痛、胃もたれ、不快感などの症状が続く人や潰瘍を治療した人であればピロリ菌の除去がオススメです。

view126

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加