お昼寝は脳を活性化させる☆

お昼寝は脳を活性化させてくれるそうです!
そんな脳科学で打ち出された昼寝の必要性!

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして昼寝が必要なの?

  • 忙しい現代社会、わずかな昼寝の時間さえ確保するのは至難のワザです。それどころか、朝から晩まで頭も体も最大限のパフォーマンスを発揮するよう求められています。しかし、進化上の必然や生活習慣上の理由により、私たちの体は昼寝を必要としているのです。
    出典 :「理想的な昼寝」を科学する : ライフハッカー[日本版]
     

    お昼寝は気持ち良いですよね

  • 睡眠不足

     

    昼寝が必要な一番の理由は? 夜に十分な睡眠がとれていないことです。人によって必要な睡眠時間は異なりますが、「米国立睡眠財団」によると、成人に必要な睡眠時間は7~9時間だそうです

  • 睡眠は質がとても大事☆

  • 睡眠は「質」が大事

     良く知られているように、睡眠は記憶の形成と定着に重要な役割をもちます。睡眠が奪われると記憶力が損なわれることがわかっています。しかし最近は、記憶との関係において睡眠の長さよりも「睡眠の質」に関心が集まっています。
    出典 :“昼寝”が創造性を高める!?「睡眠」と「記憶力」の“深~い”関係 ――果報は“寝て”待て?|知って得する! カラダとココロの「健康ナビ」|ダイヤモンド・オンライン
  • 特に注目されているのは「徐波睡眠(じょはすいみん)」と呼ばれる、非常に“深い睡眠”です。脳の睡眠として知られるノンレム睡眠の中でも深い睡眠段階です。これは、夢を見る睡眠段階として知られている「レム睡眠」の前に現れて、睡眠の前半で多く出現する傾向があります。
    出典 :“昼寝”が創造性を高める!?「睡眠」と「記憶力」の“深~い”関係 ――果報は“寝て”待て?|知って得する! カラダとココロの「健康ナビ」|ダイヤモンド・オンライン
  • 実験によって出た結果☆

  • 明善高校では、昼休み中に15分程度の「昼寝」を生徒たちに推奨したのです。
    しかも、スムーズな昼寝への移行を促すために、昼寝タイムには校内放送でモーツァルトの静かな曲を流して実験を行いました。

    その結果、生徒たちは食後の満たされた気持ちで机に顔を伏せて、昼寝をとることができました。
    出典 :昼寝で記憶力が大幅に強化|「超」快眠講座
  • 昼寝制度導入から1ヶ月以上経ってからのアンケート調査では、多数の生徒たちが
    「授業に集中できている」
    「成績が向上した」
    「勉強のやる気がある」
    「体の調子が良くなった」とポジティブな回答をしたそうです
    出典 :昼寝で記憶力が大幅に強化|「超」快眠講座
  • なんと人の体は昼寝をするように出来ている☆

  • 人々は一般的に、夜間にしか眠りません。しかし、人体はそのように設計されていません(英文)。一日の覚醒リズムは体内時計によって管理されます。夜になるまで眠気を感じない人もいますが、午後になると急に眠くなる人もいるはずです。これは正常なことで、体内時計にプログラミングされていることでもあります。つまり、昼寝がしたくなるのは体内リズムの自然な表れなのです。
    出典 :「理想的な昼寝」を科学する : ライフハッカー[日本版]
  • 子供にも大人にも昼寝は必要!

  • ある研究によると、昼寝は年齢に関係なく有益だそうです。むしろ成長期の子どもにとっては必要不可欠とのこと。コロラド大学の研究(英文)では、「2歳半から3歳までの幼児は昼寝を怠ると、不安が増し、喜びや好奇心が減り、問題解決能力も低下する」そうです。子どもが強烈な眠気をもよおすのは、脳の構造やその活動性のためかもしれませんが、不安の増加、好奇心の減退など同様の問題が、昼寝をしない成人にも見られます
    出典 :「理想的な昼寝」を科学する : ライフハッカー[日本版]
  • GoogleやAppleなどいくつかの企業では、仕事中に昼寝をすることを認めています。科学もその有効性を裏付けています(英文)。10~15分の短い昼寝(パワーナップ)は、能率や生産性を高めるという研究結果もあります。企業にとって、昼寝はわずかな投資で士気や生産性を高めることができる優れたツールなのです。
    出典 :「理想的な昼寝」を科学する : ライフハッカー[日本版]
  • 気をつけましょう

     

    30分以上寝てしまうと、少し難しい話になるのですが、眠りにはいくつかのステージに分かれていて、「徐波」という深い眠りにあるときに観測される脳波が出てきてしまうのです。
    徐波が出現するステージまで、眠ってしまうと、今度は起きたときに集中力を回復できるどころか、よけいにぼーっとしてしまうのです。