高熱が出てしまう・・・「腎盂腎炎」

悪寒や高熱が出てしまう「腎盂腎炎」
いったいどんな病気なのでしょうか!?

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腎盂腎炎

  • 腎盂腎炎とは

     

    腎盂腎炎とは、腎盂に細菌が感染して炎症を
    起こす状態のことをいい
    急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎があります
    この腎盂炎には色々な種類と色々な症状が
    つまっているので、きちんと知っておきましょう

  • 腎盂や腎臓そのもの(腎実質)に細菌が感染して急激に起こる病気です。先天性に尿路の形態異常がある乳幼児、既婚の女性、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)などによる尿通過障害のある高齢者などに起こりやすい病気です。
    出典 :急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気> - goo ヘルスケア
  • 原因

  • 腎盂や腎実質に感染を起こす経路として尿路上行性感染、血行性感染、リンパ行性感染などがあります。
    出典 :急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気> - goo ヘルスケア
  • 典型的な腎盂腎炎は、膀胱に感染した細菌が、腎臓へ尿感から上行することによって起きます。ごくまれに、体の他の部位での感染が、血流で細菌を腎臓まで運ばれ腎盂腎炎となることがあります。
    出典 :腎盂腎炎(じんうじんえん)|すこやかコラム|ときわ会グループ
  • 症状

  • 急性腎盂腎炎の症状は突然ガタガタと震える悪寒(悪寒戦慄)を伴って高熱がみられます。また、冷や汗が出て、背中やわき腹に痛みを覚えることがあります。腎盂腎炎と同時に膀胱炎も起きている場合は、排尿時の痛み、頻尿、残尿感などの症状が起きます。
    出典 :腎盂腎炎(症状/検査/治療)
     

    痛みまででるのですね

  • 症状

     

    寒気や震えを伴った38℃以上の高熱や、腰や背中の痛み
    尿のにごりや頻尿、残尿感などの膀胱炎の症状などが
    でる他にも尿に血液が混じることも!?

  • 発熱 時に40度近くになる発熱を認めます。側腹部痛 感染を起こしている腎臓の側の腹部から腰部に痛みが生じます。頻尿 膀胱尿道炎を原因とするので、頻尿となります。膿尿 感染した菌による膿が尿に混じ、膿尿となります。血尿 感染によって尿路から出血し、血尿となります。
    出典 :腎盂腎炎(じんうじんえん)|すこやかコラム|ときわ会グループ
  • 検査

  • 血液検査、尿検査、X線、超音波検査など。腎盂腎炎となると血液検査では白血球が増加し、血沈(赤血球沈降速度)の亢進、クレアチニンの高値となります。尿検査では蛋白尿の有無、細菌の有無を確認します。
    出典 :腎盂腎炎(症状/検査/治療)
     

    検査も沢山ありますね

  • 治療法

  • 急性腎盂腎炎で感染性の場合は、原因菌に対する抗生物質などの抗菌剤による薬物療法で行います。
    出典 :腎盂腎炎(症状/検査/治療)
     

    抗生剤の薬物療法があるのですね!
    薬も色々種類があって便利になりました

  • できるだけ安静を心がけ、水分を多くとるようにします。薬は抗生剤を投与しますが、細菌の種類によって効く抗生剤の種類も違うので、尿の培養検査で細菌の種類と抗生剤の感受性を調べる必要があります。
    出典 :急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気> - goo ヘルスケア
     

    水分をたくさん摂る事が重要ですね