つわりでも、【よだれつわりに効く漢方】って一体あるの?

漢方の種類はいろいろありますが、よだれつわりに効く漢方があるかについてまとめてみました。

  • Forti 更新日:2014/10/31

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • よだれつわりとは?

     

    唾液の分泌量が増えることです。唾液の量も人によって様々なようですが、多い人の場合だと数時間で500mlぐらい出す人もいるようです。その場合、ペットボトルのようなものを持ち歩いて吐き出す方法が一番いいようです。ただ、外にいる時にこのような状態になるとどうしても他人の目が気になりすっきりと吐き出すことも出来ずに後で吐く等の苦しい状態になってしまうこともあるようです。

  • よだれつわり(唾液過多)は、常に唾液が口の中に溜まる状態が続くつわりです。いつも唾液が溜まっているので、気持ちが悪くなって処理にも困ることになります。
    よだれつわりは、通常のつわりより長く続く傾向があって、一番長い人では出産後まで続いたという人もいるぐらいです。このつわりは、食べつわりやはきつわりと一緒に来ることもあって、とても辛い時期が続くことになります。しかし、必ず終わりは来るので頑張って乗り切りましょう。
    出典 :よだれつわり(唾液過多)
     

    よだれつわりが、食べつわりやはきつわりと同時に起きるのは本当に辛いことだと思います。よだれつわりが長く続く人の場合は、出産直前まで続くようです。妊娠することで起きる症状なので、少しでも楽なる方法が見つかればいいとは思いますが、出産したと同時に症状が治まってくるはずです。赤ちゃんに会えるまでの期間に起こる症状の一つだと自分を励ましながら生活していくようにしたらいいと思います。

  • よだれつわりの原因は?

  • 東洋医学におけるよだれつわり(唾液つわり)の原因となる体質はなんらかの理由により、水分の代謝が悪化し、水のめぐりが悪くなると、体内には“ドロドロ水のようなもの”が貯まってきます。
    これを水毒(すいどく)といいます。水毒がたまって、体からあふれかえった状態…これがよだれつわり(唾液つわり)の正体です。
    出典 :唾液つわり・よだれつわり 唾液過多症の症状をプレママ鍼灸で軽減…大阪 プレママサポート治療院
     

    水分の代謝がよくないために起こる水毒(すいどく)をためないような体になれば、よだれつわりの症状が治まると言えます。

  • よだれつわりに効く漢方薬はあるの?

  • 人参湯(にんじんとう)

     

    名前から判断できるように主な成分は人参(にんじん)です。人参(にんじん)エキスは、手足の冷えを抑え胃腸を温めることで体の循環をよくする効果があります。体の冷えが原因で起こる水分代謝の乱れによって起こる水毒を抑制することにもなるため、よだれつわりにも効果があるようです。副作用としては、人参(にんじん)エキスが血圧を上げることもあるようですので、購入する際には医師に相談することも大切です。

  • 結局自分でネットであれこれ調べて「人参湯」という漢方薬を3週間飲んで治まりました。
    病院での処方箋ではなく自分で漢方薬の所へ行ったので薬代は7000円くらいかかり
    ましたけど、涎つわりは後期~産むまで続くことが多いみたいなので、7ヶ月初めに
    治まったので薬の効果かな?と思いました。参考までに主治医に相談されてみてください。
    出典 :妊娠14週…ヨダレつわり(長い文です)(1/2)#2484728 【OKWave】
     

    医師の処方箋無しでも漢方は購入できますが、心配な場合は購入する前に医師の相談してみると安心かもしれません。

  • 、漢方の「益智」や「人参湯」などを処方してもらおうと思い、漢方の先生に相談してみたんです。
    すると、その先生曰く、
    「胃を冷やさないことが第一。冷たい飲物や、果物、生野菜などは胃を冷やしてしまう。唾液過多は、胃を冷やしてしまうことが原因なんですよ。益智や、人参湯や、生姜汁などが唾液過多に効くというのは、胃を温めてくれるものだからです。よくよだれを垂らしている子供がいますが、だいたい皆、胃を冷やしていることが原因なんですよ。」
    出典 :妊娠中の唾液過多症の体験談1
  • このような症状には人参湯(にんじんとう)という漢方がしばしば有効でありますのでお試しされてみられてはいかがでしょうか。産婦人科でも処方は可能だと思います。
    もし、主治医から処方をしていただけない場合は、漢方専門医にご相談いただけますと幸いです。医療機関でもらう漢方は大半が保険がききます。
    出典 :よだれづわり(唾液過多) - 妊娠 - 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ
     

    人参湯(にんじんとう)を購入する際に、医師の処方が出されない場合でも、漢方の専門医に相談するという方法もあります。漢方の専門医からアドバイスを受けながら今の自分の状態にあった成分配合の人参湯(にんじんとう)を見つけることができるかと思います。

  • 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)

     

    小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は、一般的につわりの症状の場合によく出される漢方です。漢方は薬局でもインターネットでも簡単に手に入りますが、自分で判断して購入せずに、医師が勧めたものを購入するようにしたほうがいいです。というのも、成分は同じでも成分の配合量が違うと効果も違うため、実際に症状に効果が出ない場合もあります。また、よだれつわりだけの症状だと思っていたところ、実際はよだれつわりだけではなかったという場合もありますので自己判断で選ぶのは難しいと言えます。また、小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)に使用されている主な成分の一つに生姜(ショウキョウ) があります。(生姜)(ショウキョウ)は、体内の水分代謝が乱れてしまった場合の水毒を上手く処理する効果があると言われています。

  • 漢方も人によって効果が出る場合と出ない場合と様々です。漢方を飲んでみて少し様子を見てみたいという場合でも、一般の薬と違い処方箋無しでも購入できるため自己判断してしまいがちです。ですが、医師にまずは相談することが大切です。漢方の成分によっては、体に副作用が出る場合がありますので、妊婦の場合はお腹の赤ちゃんのためにも特に注意が必要です。よだれつわりでは、大量に出る場合は特に大変かもしれません。漢方で効果が出る場合は楽になるかもしれませんが、漢方で効果が出なくても妊娠中に起こる症状ですので出産すれば治まるものと考えるようにして、少しでも精神的に楽になるように考えて過ごすことも大切だと思います。