肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・それは枕のせいかも?!

枕にはそれぞれ理想の高さがあります。これは個人差があるため高価な枕を買えば解決するわけではありません。
では自分に合ってない枕を使い続けるとどんな弊害が起こるのでしょうか?

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肩こりや頭痛、それに寝つきの悪さなどに悩まされている方は、それはひょっとしたら相性が合わない枕に原因があるのかも?!

     

    枕の高さが合わないと、肩こりや頭痛、それに寝つきの悪さの原因になることがあります・・・と聞くと、「自分にぴったりの高さの枕を買わなければ!」と焦ってしまいそうになりますが、枕の高さは自分で調節する方法がありますのでご安心を

  • 高さや低さより、大事なこと

  • 大事なのは、素材です。人は眠るまでにコップ1杯分の汗をかく、と言われています。深い眠りに入る時は体温を下げる必要があるので、汗をかいて体温を下げていきます。もちろん頭~首にかけても発汗します。
    出典 :肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・・それは枕のせいかも?!枕の選び方 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    枕の高さも大事ですが素材はそれ以上に重要です

  • 汗の処理ができない素材の枕を選んでしまうと、「快適な眠り」に入れなくなってしまいます。よって、「枕でこだわるべきは、素材」ということになるのです。枕の調節は後からでも行えますが、素材は後からは替えられません。吸湿性・発散性に優れた素材の枕を選ぶようにしましょう。
    出典 :肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・・それは枕のせいかも?!枕の選び方 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 吸湿性・発散性に優れているのは、ポリエステルやウレタンなどの化学繊維よりも、やはり天然素材のもの。天然素材には、羽根やそばがら、ひのき素材などがあります。
    出典 :肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・・それは枕のせいかも?!枕の選び方 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 枕の理想的な高さとは?

  • 素材が決まったら、次は枕の高さについて考えてみましょう。

     

    理想的な枕の高さは人それぞれなので、「○cmの高さが最も良い!」と断言することはできません。ですが、「その人に理想的な高さ」を測ることは出来ます。

    眠っている時の理想的な首の状態は、力を抜いて自然に立っている時と同じ状態。ですので、その状態をキープできる高さが最もその人に適した「理想的な高さ」というわけです

  • 高さを測るためには、まず壁に背をつけて立ちます。そして軽くアゴを引いた時の、首と壁の距離が「理想的な枕の高さ」になります。だいたい、男性は4cm前後くらいが平均だそうですよ。
    出典 :肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・・それは枕のせいかも?!枕の選び方 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 顔面の仰角を約5゜に保つのが理想的。その際、後頭部の高さAは1.5~4cm、頸椎の深さはB2.5~6cmの範囲が標準的です。ここでいう高さとは、枕に頭部をのせた実質的な高さのことで、製品の見かけの寸法ではないことに注意してください。
    出典 :頚椎を正しく支える枕の高さ - 眠りナビ
  • 高すぎる枕

     

    首の下に隙間ができ、顎が引けた状態になるので、肩や首の筋肉へ負担がかかり、頭痛・肩こり・いびき等の原因になります。枕が適正でも柔らかすぎるマットレスの場合も同じ状態になります。   B寝姿勢を正しく保つ支持層

  • 低すぎる・偏った枕

     

    頸椎を支えられないので負担がかかり、寝違えや肩こりを誘発する原因にもなります。

  • 顎が上がる枕
    頭部が沈んで首は伸び、顎が上がった状態になるので、血液が頭部に下がり、脳への刺激が増えて眠りも浅く、いびきの原因にもなります。
    出典 :頚椎を正しく支える枕の高さ - 眠りナビ
     

    肩と首の部分が圧迫されるような感じになりますね。肩こりの原因になりそうです

  • 枕の無い状態
    頸椎を支えられないので負担がかかり、顔のむくみや肩こりを誘発し、頭部が落ち着かないので眠りが浅くなります。
    出典 :頚椎を正しく支える枕の高さ - 眠りナビ
  • 枕の高さは、眠りの深さと密接な関係にあるのですね。「ちゃんと眠っているのに、まだ眠い」という方は、枕との相性が悪いためにぐっすり眠れていないのかもしれませんので、まずは枕を見直してみてはいかがでしょうか?
    出典 :肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・・それは枕のせいかも?!枕の選び方 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 肩こりと枕の関係

  • 「肩がこってるなぁー」など普段何気なく感じている方も多いと思いますが、その原因として実は「枕が原因」の可能性も大きいのです。昨日テレビで見たのですが、例えば美容室で髪を洗って首をそらす行為が原因で脳血栓が出来たとか、電話を首に挟みながら長時間いるとよくないと言ってました。
    出典 :こんな症状は枕を疑え(前編)
     

    首は脳へつながる神経や血流の大事な部分でそこへの負担をかけないようにするべきと言うことです

  • 合わない枕が原因で引き起こされる症状の中で、最も代表的なのが、首すじのこりや張り、痛みです。枕の形状や高さがあっていないので、夜の眠りで首を休ませるどころか、逆に首をくたびれさせる結果となります。
    出典 :こんな症状は枕を疑え(前編)
  • 枕が原因で首になんらかの症状が出ている場合は、朝起きた時に最も強い症状が出るのが特徴で、夜寝る前はなんともなかったのに、朝起きたら首すじにこりや痛みが出ているようなときは、明らかに枕が関係しています。
    出典 :こんな症状は枕を疑え(前編)