目が充血している・・上強膜炎の原因と治療について

上強膜炎とは、結膜が充血しているのではなく、その下の強膜が炎症を起こしている病気です。放っておくと視力低下を惹き起こす、実は怖い病気・・。目が充血しているけど、よくならないときは気を付けて!

view431

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 上強膜炎とは??

  • 強膜というのは眼球の形をつくっている丈夫な膜で、白い色をしています。この膜に炎症が起きている状態を強膜炎といい、特に膜の表面に炎症がみられるものを上強膜炎と呼ぶこともあります。
    出典 :強膜炎
  • 白目の部分の眼球壁は、強膜という組織です。つまり、眼球の外壁のいちばん前の5分の1だけが透明で、この部分が角膜ですが、後ろ5分の4は白い不透明な強膜という組織となっているわけです。ちなみに角膜の周囲の強膜の上には半透明の結膜が張っています。この強膜あるいはその表面に炎症を起こした状態が強膜炎、上強膜炎です。
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 充血の色が青色~紫色で,その部分をまぶたの上から押さえると痛みがあるのが特徴です。自覚的には,痛み,異物感,流涙,まぶしさがあります。結核やリウマチ,その他全身痛が原因で起こすことが多く,副腎皮質ホルモンの点眼や注射で比較的短期間に治り予後も良好ですが,再発しやすい病気です。
    出典 :上強膜炎とは - 目の事典 Weblio辞書
  •  

    上強膜炎は結膜の充血でなく,その下の強膜の炎症で,炎症を起こしたところが部分的に腫れて充血します。

  • 症状は結膜の充血、浮腫、ときには結節状に隆起することもあります。自覚症状としては羞明、流涙、眼痛などです。治療は副腎皮質ステロイド薬の点眼が行われ、予後は一般に良好です。
    出典 :上強膜炎(じょうきょうまくえん) |ボシュロム・ジャパン
  •  

    普通は目が充血するのは結膜ですが、上強膜炎は結膜の下の強膜が炎症を起こしているのです。強膜の表層は血管に富むまばらな結合組織線維で覆われていますが、この層に炎症を起こした状態が上強膜炎です。原因ははっきりしませんが、しばしば関節リウマチに合併するといわれています。

  • 上強膜炎の原因は?

  • 生体を防御する免疫反応が自己組織を攻撃する自己免疫疾患や、さまざまな全身性の炎症性疾患( 梅毒ばいどく、 結核けっかく、サルコイドーシス、 痛風つうふうなど)、局所の感染(これは極めてまれ)などが原因としてあげられていますが、多くは原因不明
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • この病気は全身の疾患が原因となって発病することがあります。例えば、リウマチ、結核によるアレルギー、梅毒といった病気から二次的に引き起こされます。また、今のところ原因がわかっていないものも比較的多くみられます。
    出典 :強膜炎
  •  

    上強膜炎は、眼の病気のなかで最もその実態がわかっていない病気のひとつです。片眼の場合も両眼の場合もあります。

  • 上強膜炎の症状は?

  • 充血が強いですが、上強膜炎ではそれ以外の症状は軽度です。強膜炎ではさらに強い充血を示し、痛みも強く、また範囲が広く眼の後ろの強膜も侵されている(後部強膜炎)と視力もかなり低下します。
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 強膜が溶ける例( 壊死性えしせい強膜炎)では、その部分の強膜が薄くなって、なかのぶどう膜という濃い茶色の部分が透けて見えるようになるため、白目に黒いところが出てきたように見えます。
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 炎症の患部に圧痛を生じて充血します。外から目を観察すると、白目の部分に充血が起こっていることがわかります。強膜炎の充血は比較的深いところで発生していますので、やや紫がかった赤色に見えるのがふつうです。充血している部分は、押すと痛みを感じます。
    出典 :強膜炎
  • 強膜炎では強膜(しろめ)の表面に比較的限局した充血を認め、症状としては熱感、異物感程度で疼痛はありません。 強膜炎の場合は、知覚神経が豊富な強膜に炎症がおこるため疼痛を伴うことが多くみられます。
    出典 :上強膜炎・強膜炎|疾患から診療科を探す|来院される皆様|関西医科大学附属枚方病院
     

    痛みを伴うのが特徴です。

  • 検査と診断

  • 検査しにくいのがこの病気の特徴ですが、原因を検索するために血液検査や胸部X線検査を行います。また、局所の感染が疑われる場合は炎症を起こしている部分や涙のなかに細菌や真菌、ヘルペスウイルスなどがいないかどうか検査する場合もあります。
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 眼の後ろのほうまで炎症が広がっていることが疑われる場合は、眼の超音波断層撮影を行って奥の強膜がはれていないか、また眼底検査を行って 網膜剥離もうまくはくりを伴っていないかを調べます。
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 治療の方法

  • 局所の感染による場合は、その原因微生物に対する薬物を投与します。局所の感染でない場合は、副腎皮質ステロイド薬を重症度に応じて投与します。
    出典 :強膜炎、上強膜炎| 眼の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    上強膜炎かと疑ったら、まずは眼医者さんへ行きましょう。