くも膜下出血は遺伝でしょうか?

くも膜下出血という病気は遺伝のものでしょうか?もしくは遺伝は関係ないのでしょうか?

  • rinko 更新日:2014/03/25

view196

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くも膜下出血とは?

  •  

    急な頭痛には特に注意が必要です。

  • くも膜下出血とは、脳の表面をおおう膜のひとつである「くも膜」の下に出血がある状態をいいます。原因は、脳の血管のふくらみである「脳動脈瘤」の破裂によることがほとんどです。くも膜は、脳を保護する3層の膜の一つです。くも膜と脳との間には脳の栄養血管である動脈が走り、保護液でもある脳脊髄液(無色透明の体液)が循環しています。
    出典 :くも膜下出血とは?
     

    見聞きしている病気ですが実際の病気のメカニズムについて知っていますか?

  •  

    恐ろしい病気です。何とか回避したいものです。

  • 前兆の症状とは、どういうものでしょうか。その一つは、血圧の乱れです。数日前から血圧の乱高下をくり返したあと、くも膜下出血を起こす例がみられることから、血圧の変化には注意が必要ですまた、くも膜下出血の場合、前段階で動脈瘤から少量の出血があったり、動脈瘤が神経を圧迫したりして、軽度の症状がみられることがあります。
    出典 :「くも膜下出血」を予防しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    血圧を普段から計測していないとわからないことですが、やはり前兆は掴んでおきたいものです。

  •  

    日々血圧を測る習慣が必要になります。頭痛や血圧の乱れが見られたら早めに受診をしましょう。

  • くも膜下出血は遺伝性のもの??

  • 2親等内にくも膜下出血患者がひとりいると2.2~7.8%に『遺伝する』といわれています。血管の構造は3層に分けられますが、そのうち筋肉成分の中膜が血管分岐部で遺伝的に欠損しており、長期にわたり血圧がかかることにより嚢状に拡大します。くも膜下出血は遺伝の可能性も高いと言えます。
    出典 :くも膜下出血
     

    やはり遺伝性のものだと考えられています。

  •  

    病歴のある家族が居る場合には生活習慣を見直す必要があります。

  • くも膜下出血は、遺伝する病気ではありません。ですが、遺伝によって、くも膜下出血を起こしやすい要因(因子)を遺伝することはあります。家族や親戚にくも膜下出血を起こした人が多い方は、くも膜下出血に対して用心が必要です。
    出典 :誰の命も脅かす——くも膜下出血は怖い病気 - 脳の病気ガイド
     

    生活様式が似ているという意味でも発病しやすいと考えて良いと思います。

  • 予防すべき病気です。

  •  

    塩分を控えた食事内容というものを再度検討しておくといざという時に役に立ちます。

  • 食事療法では、脳の病気の場合、とくに気をつけたいのが「塩分」です。塩分は、体のさまざまな働きに関与します。たとえば、塩分過多だと血圧を上げます。血圧が高いと脳の血管を傷める原因になります。塩分の量を減らすよう、1日10グラム以下に抑えることです。普段から「濃い味の食事は避ける」のが賢明です。
    出典 :あした元気になぁ〜れ。:くも膜下出血を起こさないための食事療法。 - livedoor Blog(ブログ)
     

    濃い味が好きという人にとっては耳が痛い話ですがくも膜下出血予防のためにできることです。

  • くも膜下出血の発症には遺伝的な要因が含まれていることが既に知られています。 JACC Studyでも、親や兄弟姉妹が脳卒中に罹ったことのある人は、家族歴のない人と比較して、男性で2.00倍、女性は2.08倍くも膜下出血死亡のリスクが高いという結果でした。
    出典 :研究成果の紹介
     

    遺伝的要素を加味して家族で病歴のある人がいる場合には特に生活に気を配りくも膜下出血患者を出さないように心がける必要があります。