カルシウムと言ったら牛乳【カルシウムって何か】

カルシウムと言ったら牛乳ですが
そのカルシウムって一体どのようなものなのでしょうか

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カルシウム

  • カルシウムは骨や歯を作る大事な栄養素。ダイエットによる極端な食事制限はカルシウム不足を引き起こす危険性があるため、カルシウムを多く含む食品を意識して摂取することが望ましい。また、ダイエット中のイライラを軽減する効果も期待できる。カルシュウムと発音してしまいがちだが、書くときはカルシウムと書くのが正解。
    出典 :【カルシウム】イライラを防ぐカルシウム食材・効果・摂取量 | ダイエットSlism
  • カルシウムとは?

     

    カルシウムは体重の1~2% を占め、その 99% は骨および歯に存在する。残りの約1% は血液や組織液、細胞に含まれており、身体のさまざまな機能を調節する働きをしている。その中でも、カルシウムは神経の興奮を抑制する働きがあるとされ、不足するとイライラの原因になると考えられている。

  • 働きは!?

  • 体内のカルシウムは、99%は骨と歯に、残りの1%が血液などの体液や筋肉などの組織にあります。この1%のカルシウムが出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に重要な役割をしています。このためにカルシウムはいつも骨に蓄えられているともいえます。
    出典 :カルシウム | グリコ 栄養成分百科
     

    カルシウムは大切です

  • <骨はカルシウムの貯蔵庫>

     

    骨は体の他の部分と同じように、少しずつ形成と破壊を繰り返し、絶えずつくり替えられています。食べたカルシウムは、小腸から吸収されて血中に入り、すぐ使う分だけ残して残りは骨に蓄えられます(骨の形成)。一方、血中には常に同じだけのカルシウムが必要なので、血中のカルシウムが不足する時、骨は自らを壊してこれを補います(骨の破壊)。骨は体を支えると同時に不足に備え、常に出し入れができるカルシウムの貯蔵庫なのです。

  • 細かい機能

  • ◦骨・歯などの硬組織をつくる細胞の情報伝達に関与。 ◦血液の凝固作用に関係。 ◦心筋の収縮作用を増す。 ◦筋肉の興奮性を抑制する。
    出典 :カルシウム/Ca/イオン化カルシウム/カルシウムイオン/記憶力/生活習慣病/手足のチクチクするようなしびれ感
  • ◦刺激に対する神経の感受性を抑える。 ◦トリプシンなどの酵素作用を活性化する。 ◦カルシウムの刺激が記憶の保持に関与 ◦脳の神経細胞は、活動に合わせてカルシウム濃度が変わる。
    出典 :カルシウム/Ca/イオン化カルシウム/カルシウムイオン/記憶力/生活習慣病/手足のチクチクするようなしびれ感
  • ダイエットにカルシウム

  • 体内におけるカルシウムの特徴の一つとして、骨形成と骨吸収がある。カルシウム不足によって血液中のカルシウム濃度が低下すると、その不足を補うために骨からカルシウムが溶け出してしまう。これは骨吸収と呼ばれ、骨密度が下がって骨粗しょう症の原因にもなるので注意が必要である。
    出典 :【カルシウム】イライラを防ぐカルシウム食材・効果・摂取量 | ダイエットSlism
  • ダイエットとカルシウムダイエット中は空腹感によるイライラなど、何かと神経が過敏になりやすいため、カルシウムを積極的に摂取すると良い。これによりイライラやストレスが原因となる、ドカ食いの予防にもなる。
    出典 :【カルシウム】イライラを防ぐカルシウム食材・効果・摂取量 | ダイエットSlism
  • どれくらい必要?

  • カルシウムは、背が伸びて骨が育つ成長期、赤ちゃんの発育する妊娠・授乳期には特に不足しないようにしたいものです。また、長い間のカルシウム不足などから骨の破壊が形成を上回ると、高齢になって骨がもろく折れやすくなる病気(骨粗しょう症)になるおそれがあります。
    出典 :カルシウム | グリコ 栄養成分百科
  • しかし、国民健康・栄養調査結果では日本人のカルシウムの平均摂取量は長年必要な量に達していません。だからといって、カルシウムの多い食品を一度にたくさん食べても吸収できるカルシウム量は限られるので毎日コツコツとる必要があります。
    出典 :カルシウム | グリコ 栄養成分百科